ネイル

タイ

憧れのワット・ロンクンへ行ってきました

投稿日:

2019年5月3日 タイ・チェンライ

朝、バイクでワット・ロンクン(ホワイトテンプル)へ向かいます。チェンライ市内からバイクで約15分。

バイク

ついにワット・ロンクンとご対面

こちらが、ワット・ロンクン。チャルムチャイ・コーシッピパットがデザインした現代的なお寺です。すべてが白くて、とても美しいお寺です。
ワットロンクン

私が到着したのは9時頃だったためか、まだそれほど混んでいませんでした。入場料は50Bです(約180円)ワットロンクン入場チケット

近づくと、お寺の存在感が際立ちますね。この世界観・・・!!ワットロンクン近影

スナップショット

スナップショットatワットロンクン

◆いきなりコーディネート紹介 
帽子:サウスリムハット(montbell)
Tシャツ(GAP)
ハンピロックパンツ(Patagonia)
サンダル:Newport H2(Keen)
カメラ:EOS 6D+EF24-105mm(Canon)

さらに、敷地内のトイレはゴージャスでしたね。

ワットロンクンのトイレ

欧米人観光客とも顔を見合わせて、「凄いわね〜」と思わずため息を漏らしてしまいました。力入れすぎやろ!!

ワットロンクンのトイレ

ホラー要素半端ないです↓

ワットロンクン敷地内ホラー要素

トイレを出たところに祈願コーナーがありました。せっかくなので祈願しときましょう。

ワットロンクン祈願コーナー

窓口で絵馬のようなものを購入し、ペンで祈願内容を書いて吊るします。祈願内容は、ひみつです♡

ワットロンクンの絵馬

井戸の中央にコインを落とすことができれば、願いが叶う的なやつです。見事に中央にコインが落ち、ガッツポーズ取りました(笑)

ワットロンクンの井戸

その後は敷地内にある金のお寺へ。

ワットロンクンの金のお寺

チャルムチャイ・コーシッピパットさんのアトリエなども近くにあるようです。

デザイナーの方

内部は、彫刻品の展示とミュージアムショップがあるだけでした。素敵なポストカードがあったので購入しましたよ。

ワットロンクンのポストカード

金のお寺の横にあるトイレ前の彫刻に、目が釘付けになりました。個性強いなぁ〜・・・

金のお寺の前のトイレ

10:30頃 ホワイトテンプルのほうへ戻ると、観光客がかなり増え始めていました。早く来て良かったな。

混み始めたワットロンクン

<ミニ情報>秋に夜間イルミネーションもやっているみたいなので、都合が合う方は是非観に行ってみてくださいね。チェンマイのコムローイの後ぐらいでしょうか?

ナイトイルミネーション

ワットロンクンは撮影が楽しい^^

ワットロンクンは撮影が楽しい

バイクでチェンライ市内に戻る前に、ワットロンクンの前のカフェで、マンゴージュースで休憩。うま〜!(確か60B/約200円ぐらい)

ワットロンクンでマンゴージュース今回のゴールデンウィークの目的のひとつは、このワットロンクンを訪れることだったので、見ることができて本当に良かったです。見たいと思ったものを実際に見るということは、案外難しいことなのかもしれません。こんなことが自由にできる日々の環境に感謝しなければ。

場所

後で知ったのですが、ワット・ロンクンへは、チェンライバスターミナルからバスも出ているようでした。(片道20B/約70円)

ホワイトテンプル行きのバス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-タイ

Copyright© photowise , 2020 All Rights Reserved.