photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ミャンマー プレ世界一周

ピンウーリンで元気をもらう

更新日:

2014年6月8日 ミャンマー・ピンウーリン

前日に引き続き、孤児院に遊びに行ってみました。あんなちゃんの居る孤児院は、親がいなかったり、片親の子どもたち、貧しい子どもたちが集められているSMOCという施設で、クリスチャンの教会が運営しています。

日曜は皆、ちょっとおしゃれをして教会に行くそうです。

image

image

礼拝は2時間あるので、途中で寝たり、飽きちゃっている子どももいます。

image

午後から、あんなちゃんが施設の皆に日本食(肉じゃがと塩むすび)を振る舞うというので手伝うことにしました。

image

施設のスタッフも買い出し、下ごしらえ、調理、配膳に至るまで全面的にバックアップしてくれました。 施設のスタッフも含め100人分を作るため結構な大作業です。

 

包丁が似合う女、あんな。

image

私も給食のおばさんを気取ってみました。

image

肉じゃがはミャンマーの醤油と、あんなちゃんが日本から持ってきたほんだし、砂糖や塩でそれらしく味付けします。

image

おにぎりも、100個分ぐらい作ります。

image

image

見た目はアレですが、中には愛が入っているらしいです。(あんなちゃん談)

肉じゃがも完成!!

image

食堂前で、子どもたちが待ちわびています。

image

ここの施設に来た日本人で、日本食を作ったのはあんなちゃんが初めてらしく、日本食に皆、興味津津です。

image

ひとり分、少なくなっちゃったかもしれないけど、皆喜んでくれたみたい!

image

image

食べる前にお祈りをして、スタッフの方に英語からミャンマー語に訳してもらいながら、料理の簡単な説明をしました。

image

はい、いただきまーす!!ここで子どもたちの写真を撮るはずが、すっかり忘れてしまいました・・・

日本を出て20日ぶりの日本食だったもので、自分が一番日本食に夢中だったのかも(笑)

image

肉じゃが、めちゃくちゃ美味しかったです。おにぎりも最高!お米と塩の組み合わせ(涙)。ちなみにミャンマーにもおにぎりを持ち歩く習慣があるそうです。中には具を入れるみたいですが。

海外で日本の料理を子どもに味わってもらうって、こんなに嬉しいことなんですね。

image

SMOCの皆さん、あんなちゃん、元気をくれて本当にありがとうございました!いつか何かの形で恩返しできたらいいなあ。

image

さて次回はピンウーリンを離れ、インレー湖へ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。

-ミャンマー, プレ世界一周

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.