photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

プレ世界一周

あんなちゃんの居るミャンマーの孤児院へ

2014/06/09

ミングラーウァー。

 

あんなちゃんに会いに、ミャンマーの孤児院(Child Orphanage Center)を訪ねました。

 

image

敷地内には立派な教会と、校舎、そして子どもたちやその家族の住居があります。現在60人ぐらいの子どもがいて、進学や就職など自立するまでここで生活しているそうです。

 

私にとって孤児院を訪れるのは人生初めてで、内心ドキドキでした。

 

"あんなちゃん、居る?"と子どもたちに話しかけると、すぐに居場所を教えてくれました。

 

あんなちゃん、これから日本語授業をするようで...

image

 

英語もほとんど通じないなかで、日本語を一生懸命教えようとするあんなちゃんを見て、本当に凄いなあと思いました。

 

真剣に授業を受ける子どもたち。10歳ぐらいの子が多かったです。

image

ノートもちゃんと取っていて。

 

2年前に、別の日本人の子がここに滞在して、その時教えてもらった日本語のノートを大事に取っている子もいたそうです。

image

あ、このブレスレットは、あんなちゃんが市場で材料を買ってきて、子どもたちと作ったらしい。やるね~!

 

授業は、簡単な挨拶を教えながら、途中子どもたちが飽きないように、日本語の歌を入れてみたり。

image

あんなちゃんと子どもたちの優しい声を聞いていたら、うるうると泣きそうになってしまいました。体が弱ってる時に、この歌はやばいですね...。

 

 

子どもたち、覚えるのが早くて上手で勉強熱心。

image

1時間の授業が終わると、子どもたちはバーっと外に出て遊び出します。

 

ウクレレレッスン。子どもたちはギターを弾いたり、歌ったり踊ったりするのがとても好きみたい。

image

あんなー、あんなーといつでも子どもたちが離れません。

image

 

ミャンマーのお化粧、タナカを塗ってもらったよ。
日焼け止めや美肌効果もあるらしいです!
 

この女の子、とにかくおてんばで、会った瞬間から人懐っこくて一番構ってくれたよ。他の子はだいたいシャイで、半日ぐらい一緒にいてようやく甘えてくれるようになってくれました。

image

なんと、施設内にアメリカ人の技術者の方が作った浄水装置があって、自由に水を飲むことができます。凄いね!

image

ごはんは規則正しくお昼の12時と夕方は18時前には食べてしまうようです。皆よく食べます。

image

そのあと、各自お風呂の時間があって。ここで桶に水を汲んで洗う感じみたいです。

image

それからお祈りの時間があって(クリスチャンの施設ですが、子どもが覚えやすいようになのか、激しいダンスや歌で聖書を読んでました)。

 

それから寝るまでは自習なんかをして過ごすらしいです。

 

な、なんていい子たちなのかしら。

 

あちこちで適度にケンカなんかもしてるけど、大きい子が小さい子の面倒を見てあげたり、誰かが大変そうだと手伝ったりね。

 

皆すごく気遣いができて、ピュア。

 

ミャンマーがそうさせるのか、それともこの施設の環境がいいのか?

 

次の日も、遊びに行くことにしたのでした。

 

 

 
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

キーワードで検索する

-プレ世界一周

N