photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ケチャックダンスショー

インドネシア

ウブドのケチャックダンスが色んな意味で想像を超えてきた

投稿日:

2018年1月5日 インドネシア・ウブド

バリ島最後の夜に、ケチャックダンス&ファイアーショーを見にいってきました。

ケチャダンス&ファイアショー

Pura Dalem Bentuyung

荘厳な寺院の入口

会場
Pura Dalem というヒンズー教寺院で平日の19時半に催行しています。チケット代は80,000ルピア(約630円)。

 

19時に会場入りし席取り。気合い十分!

私たちは19時頃に会場入りし、前列の座席をキープ。ショー開始前に、数日前に知り合ったトルコ人女子2人組も合流しました。

まずケチャックダンスについて、簡単に説明しますね。

ケチャックダンスの起源・特徴
  • 疫病や凶作などが起こった際に、悪魔を鎮めるための儀式(サンヒャン)として始まった村人のダンスが、観光客向けのエンターテイメント舞踊として発展したもの
  • ダンスは楽器(ガムラン)を使わずに、人間の声だけでリズムが取られる(チャッチャツ、という掛け声が特徴)
  • ストーリーはインドの叙事詩『ラーマーヤナ』に基づいている

↓こんな説明文がショーの前に配られました。興味がある人は読んでみてください。ストーリー

ショーが始まる前に売り子からビンタンビール1本25,000ルピア(約210円)で購入。ショーを見ながらビール飲めるって最高ですね。ほとんどボッてない価格設定が嬉しいです。ビンタンビール

驚きのケチャックダンスの全貌とは?!

時間になると舞台が暗転し、中央に炎がつけられパフォーマーたちが祈祷を始めました。ドキドキ・・・
ダンス開始前

ほどなくして、半裸の男たちが登場!!

チャッチャッチャッ、チャカチャカチャカチャカ・・・

ピーポー、ピーポー、ピーポー・・・・

N
なんだ、このゆるさ笑

今日初めて参加したの?と思われるような素人っぽい少年もいれば、もう何十年も一筋でやってまっせ!なんなら一番声張ってまっせ!って感じの老人もいます。パフォーマーたちのクオリティにバラつきがありすぎて、じわじわと笑えてきました。半裸なんだから、せめてお腹は引き締めようよ・・・笑

ふと横を見ると、Dがため息をつき、トルコ人女子たちもめっちゃ遠い目になってました笑。これが約1時間続くのか・・・。

登場人物が多すぎてストーリー展開が把握しにくいのが難点ですね・・・。私が唯一わかったのは、このハヌマン神(猿の神様)ぐらい↓

ハヌマン

↓多分、この赤い太ったやつは悪役だと思う。(違ってたら教えて)

悪役っぽい人

そしていよいよストーリーはクライマックスへ。

ケチャダンス終盤

ラスト

最後に矢を放ち、それが見事にヒットして悪者退治・・・?気づいたら、パフォーマーが一列に並んでカーテンコールしていました。

このショーで一番驚いたのは・・・

N
説明文を何度読んでも、一切ストーリーが頭に入ってこなかったことです。(アホですみません)

 

終わった〜!と思ったらまだ続きが

ケチャックダンスが終わった後、サンヒャン(悪魔を鎮める儀式)が再現されます。これは鳥を模した人形にまたがった男性が、トランス状態となり火の上を歩き回るというもの。

サンヒャン

舞台上に転がる火がついたココナツの実の上を、裸足で灰まみれになりながら歩く男性は、終始目を閉じていました。何だかちょっと可哀想でしたよ。

ショーは約90分で終了。

以前ケチャックダンスを別の場所で見たことがあるというDに感想を聞いてみると・・・

D
ウルワトゥ寺院で見たやつのほうが全然良かった

だそうです笑

ケチャックダンスショーはバリ島各地で催されているので、ぜひ観賞してみてください。私は意外とこのゆるさとリズムにはまり、数日間ケチャックダンスの音を口ずさんでしまったのでした。チャカチャカチャカチャカ・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。

-インドネシア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.