photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ひとりワイナピチュ

ペルー

ワイナピチュからマチュピチュ遺跡を眺めてみたら

2017/01/03

2015年3月1日 ペルー・アグアス・カリエンテス(マチュピチュ村)

朝5時に宿を出て、マチュピチュ遺跡へ向かう。マチュピチュ村から遺跡までは、徒歩orバスの二択。イタリア人と話し合い、行きはバス・帰りは徒歩で妥協した。(バスは片道12ドルというかなり強気の価格設定)

 

朝6時前 マチュピチュ遺跡のゲートに到着

マチュピチュ村からバスに乗り、約30分で遺跡のゲートに到着。6時の開門前にも関わらずたくさんの人で賑わっていた。

マチュピチュのゲート

 

パスポートと入場チケットをスキャンし、入場。はやる気持ちを抑えながら足を進めると、そこに広がっていたのはまさしくマチュピチュ!!

マチュピチュだ

テンションが上がったのでイタリア人と一緒に記念撮影。その後、私はひとりワイナピチュへ向かう。

ワイナピチュへ
ワイナピチュには入山制限があり、朝7時〜、朝10時〜の1日2回、各200人しか入山が許されていない。私が持っていたのは朝7時に入山できるチケット、イタリア人が持っていたのは10時からのものだったのだ。おかげで私たちはマチュピチュで別々の時間を過ごす羽目になってしまったのだった。せ、切ない・・・。

 

朝7時 ワイナピチュ入山開始

ワイナピチュ入口

入山開始を待っている間、韓国人の女の子と仲良くなる

 

入山時間を記入してから、中に入る。

ワイナピチュのゲートの様子

藻岩山みたいな山道

ちょっと登り坂

雨季のため足場は概ね悪かった

 

視界が開けると、目の前にあるのがワイナピチュ。遺跡からの標高差は約300mで、頂上までは約1時間ほどひたすら登りのコースだ。

さあ登るぞ

頂上は近い

↓頂上付近には、岩の間をくぐって進む箇所があるため、極力軽装備がオススメ

岩間の階段

岩の裏にある鉄の階段を登れば、頂上

雲が邪魔する

頂上では、肝心のマチュピチュ遺跡が雲に隠れていた。(左に見える山道は、マチュピチュ村から遺跡までのバスルート)

雲に隠れたマチュピチュ

30分ほど辛抱強く待っていると、雲が奇跡的に晴れてきた。こ、これって・・・

ラピュタっぽい・・・!!

ラピュタ

(イタリア人も一緒だったらよかったのにな・・・)

きわどいライン

楽しいワイナピチュ

ワイナピチュからの眺めが最高すぎて、1時間近くここに滞在

 

ワイナピチュの裏手のほうを眺めていたら好奇心が抑えられなくなり、入山時に親しくなった韓国人女子とふたりで、急遽ワイナピチュの裏側のルートへ行ってみることに!

ワイナピチュの裏側へ

(ここで辞めてマチュピチュ遺跡に戻れば、ガイド付きの解説ツアーにも参加できたのだが・・・)

great caveへ

月の神殿への道のりは想像以上に激しく、こんなはしごを降りる箇所もあった。

はしご

結構な石段を下って行きます

ワイナピチュの裏側1

月の神殿(Templo de la Luna)に到着

帰りは、高低差が激しい来た道を引き返すか、比較的緩やかな山の周囲を迂回して戻るコースの二択。

 

私たちは迷わず後者を選びましたw

ワイナピチュの帰り道

月の神殿から約1時間半かかって生還。その結果ワイナピチュを3時間半も満喫してしまい、マチュピチュ遺跡に戻ったのは12時すぎのことだった。

生還

 

恋するマチュピチュ?!

イタリア人とは14時に入口ゲートで待ち合わせをしていた。
ガイドツアー中であろう私たちの団体がどこにいるかわからず、私はひとり歩いていた。

ひとりマチュピチュ観光

遺跡の高い位置まで登り、ふとあたりを見渡した瞬間。

イタリア人発見

イタリア人の彼、発見。

会いたいなあと思っていたら、簡単に会えてしまいびっくり!波長が合うってこういう瞬間のことを言うのかな?

私がガイドツアーに参加せずにワイナピチュの裏側まで行ったことを話すと、彼は私がワイナピチュに行っている間にガイドツアーに参加したらしく、覚えている範囲で色々と私に説明してくれた。

マチュピチュ遺跡

じゃがいもなどの穀物を栽培し自給自足をしていたらしい

水はけ

至るところに水はけの工夫が見られる

 

マチュピチュ遺跡は1911年にアメリカの探検家に発見されるまで、数百年もの間眠っていたとも言われている。宗教目的で作られたものなのか、それとも外敵から身を守るために構築された城塞都市なのか・・・謎は未だに明らかにされていない。

ワイナピチュを眺めて

今度来る時は、ちゃんとガイドツアーに参加して解説を聞こう・・・そう心に決めたマチュピチュ観光だった。

 

14時頃 マチュピチュ村へ向かって下山

帰りはバスには乗らず、予定通り徒歩でマチュピチュ村へ戻る。

下り道

トレイルマップ

1時間半ぐらいかけて下山。黄色く色がついているのがこの登山道。比較的ゆるやかなのがバスルート。(行きでここを登ってたら、もうワイナピチュには登れなかったと思うぐらいハードなので、登山に不慣れな方は軽く見ないほうがいいと思う)

 

下山した後は、ご褒美にアイスをほおばってから宿へ。一旦戻りシャワーを浴びてから夕食〜

夕食

2軒目は場所を移し、ビールとピスコサワーで乾杯!

なぜかジェンガ

マチュピチュでの心地良い疲労感に、ピスコサワーのアルコールが廻り、ご機嫌な夜だった。

今思えば、彼との距離もこの瞬間がピークだったのかな。

 

 

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-ペルー
-

N