旅が好きな人のための情報系写真ブログ

スタンドバイミーコース

スポンサーリンク

ペルー

マチュピチュまではスタンドバイミーで

投稿日:

2015年2月28日 ペルー・クスコ

宿をチェックアウトし、迎えのツアーバスに乗り込む。気づけば、同じ宿で仲良くなったイタリア人も一緒に参加することになっていた。

 

私が申し込んだマチュピチュツアーの概要

朝クスコを出て、HIDROELECTRICA(水力発電所)という場所までバスで移動する。そこからは線路沿いを歩き、夜までにマチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)に到着するというもの(線路沿いを歩くからスタンドバイミーコース)。※マチュピチュツアーの申し込みについてはこちらの記事を参照

マチュピチュツアー

 

7:30 クスコを出発(途中アルマス広場を経由し他のツアー客をピックアップ)

マチュピチュへ

途中トイレ休憩あり

途中休憩

(ランチは途中のサンタ・テレサという町で食べる予定だったが、時間の関係でツアーバスの終着点である水力発電所近くで食べることになった)

ぐねぐね道

マチュピチュに至るまでの道がすごい。絵に描いたようなグネグネ道で、車酔いする人にはかなり辛いだろう。(これはランチは後回しにして正解だ、と思った)

こんな道

こんな道、ボリビアでも見たような笑

デスロードアゲイン

デスロード、アゲイン(笑)まじでこれ行くんですか?

デスロードを行く恐怖のバス旅【ラパス→ルレナバケ】

 

さすが雨季のペルー・・・山から流れて来た大量の水で道が水没し、前に進めません(笑)

寸断された道

ドライバー「はい、男子降りてー」

バスの重量を軽くさせ、強制突破させる模様。私はバスに乗ったまま、ただただ様子を眺める(笑)

道がなくなってる

ヘルプする男子

無事難関突破!(ちなみにイタリア人、バスから一歩も降りなかったけど・・・笑)

そのあとも、砂利道ゾーンを突破するのに一苦労。

砂利道

砂利道ゾーン2

運転頼むよ・・・

15:00頃 水力発電所に到着(予定より30分以上の遅延)

水力発電所近く

ミニバスを降りると、マチュピチュ観光を終えた人たちが待ち構えていたように乗り込んで来た。帰りの客を乗せたミニバスは、またクスコに戻って行くというわけだ。

10分ほど歩くと、線路が見えてきた。

スタンドバイミーコース

私たちはツアーガイドに言われた通り、線路沿いにあるお店で昼食を食べる。(お店の人に自分たちの名前を伝える)

線路沿いのお店

普通に美味しいランチ

ビーフカレー(普通に美味しい)

15:30頃 お腹も満たされたところで、スタンドバイミーコース出発

スタンドバイミーコース起点

camino a machupicchu

マチュピチュ村へ

登りは最初の部分だけで、基本的に平坦な線路沿いを歩いて行くだけ。(途中、鉄橋の上を歩いたりもする)

鉄橋を超える

線路沿いを歩く

途中、列車とすれ違ったりするのも楽しい

歩きながらイタリア人と話したのは主に恋愛話だった。彼が長期旅行に出たのは、10年間付き合っていた彼女と別れたことがきっかけだったという。10年間という時間はあまりにも長すぎる。もし私が彼と同じ境遇なら、やはり彼と同じように旅に出ていただろう。

マチュピチュ村までは2〜3時間と聞いていたが、私たちは話に夢中になりすぎてかなりの遅れを取ってしまい、村に着いたのはあたりが真っ暗になってからだった。(歩くのが遅い人は念のためヘッドライトを準備をしていったほうがいい)

 

18:30 宿に到着

denny's house

写真は別の日に撮影したもの

私たちが2泊したのはDenny's Houseというホテルで、部屋も清潔。到着日はツアー会社の好意で夕食を1食分つけてもらうことになっていたため、ガイドにレストランに案内してもらい、そこでペルー料理を食べた。(写真は失念)

夜のマチュピチュ村

マチュピチュ村はこじんまりとしているが、レストランの数は多い

食後はマチュピチュ村をぶらぶら散歩。町の中心にサッカー場があり、地元の子どもたちや大人がサッカーをしているのをほのぼのと眺めたり、ちょっと混ざってみたりした。

サッカー場

 

この時、イタリア人とちょっといい感じになっていた。(恋するマチュピチュってやつか?)

翌日はいよいよ南米旅のハイライト、マチュピチュへ!

 

*以上、2015年2月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

-ペルー

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.