photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

キューバ

キューバ

キューバを旅するための基本情報まとめ

キューバの基本情報

  1. 面積 109,884平方キロメートル(本州の約半分)
  2. 人口 約1,126万人(2014年:世銀)
  3. 首都 ハバナ
  4. 民族 ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%(推定)
  5. 言語 スペイン語
  6. 宗教 宗教は原則として自由

*外務省 キューバ基礎データより抜粋

 

旅の期間・ルート・予算など


期間:2015年4月11日〜5月2日(22日間)
費用:114,295円 (*当時1ドル=120円 1CUC=1ドル)

※フライト代含まず
メキシコカンクン⇄ハバナの往復チケットで42,120円(ツーリストカード代含む)

【移動手段】

国内移動は、主にツーリストバス(VIASUL)を利用。またバラコア→オルギンまでは旅行代理店手配のシャトルバス、バラデロ→ハバナまでは乗り合いタクシーを利用した。

 

キューバほど、異国を感じた国はない

世界一周で訪れた国の中でも、キューバは類を見ないぐらいの「超異国」だった。

・社会主義制で、人々は主に配給制で物資を得ている
・二重通貨制(観光客用のCUCと地元民用のCUPが存在する)

私がキューバを訪問した2015年当時は、アメリカの経済制裁により、外部からの物資や情報の多くが遮断されており、wifiは一部のホテルで有料でのみ使え、クレジットカードが使えるお店もごくわずかしかなかった。そして町にはクラシックカーが溢れ、建物は昔のまま残されていた。

2015年4月アメリカとの国交正常化のニュースが入り、2016年11月にはカストロ前議長が死去した。今後、キューバは急速に変化していくことだろう。

フィデル

二重通貨制度も、配給制もなくなり、アメリカからの物資でキューバの人々の暮らしは豊かになるのかもしれない。底抜けに明るいキューバの人々と、街に溢れるキューバ音楽、美しい大自然だけはそのままでいて欲しいと、心から思う。

 

キューバのブログ記事一覧

初キューバの衝撃と両替事情について

キューバの宿事情

キューバでネイルにはまる

キューバのアイスは世界一コスパに優れているかもしれない

キューバのバスVIAZULはツッコミどころ満載だった

フランスの香り漂うシエンフエゴスの街を歩いてみた

大好きトリニダーの街

映画のセットのようなカマグエイの街

サンティアゴ・デ・クーバは音楽の街だった

バラコアに沈没しちゃう?【前編】

バラコアに沈没しちゃう?【後編】

飲んだくれの街オルギン

バラデロで人生初のオールインクルーシブ!!

さよならキューバ【前編】

さよならキューバ【後編】

ハバナで葉巻詐欺に遭った話

以上、キューバの旅記事まとめでした。

※ブログ記事は2015年4月〜5月時点での情報です。参考程度にお読みいただければ幸いです。

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-キューバ
-

N