セレンゲティ国立公園の眺め

タンザニア

セレンゲティ国立公園で迎える新年の幕開け

更新日:

2016年1月1日 タンザニア・ンゴロンゴロ

ツアー3日目、新年の朝。早起きし、ンゴロンゴロのキャンプサイトで朝焼けを眺めていました。

新年の朝焼け

一年前の年越しは南米のアルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ。そして今年はタンザニア。

2016年春には世界一周を終え日本に帰国するのかと思うと、名残惜しいけれど、同時に悔いがないよう何にでも挑戦しようと心に決めたのでした。

 

セレンゲティ国立公園へ

サファリツアー3日目は、最終地「セレンゲティ国立公園」へやってきました。

セレンゲティ国立公園のゲート

セレンゲティ国立公園は広さは14,763平方キロメートルで、日本の四国よりも少し大きいぐらいの面積に、約300万頭のさまざまな動物が生息していると言われています。ちなみにここも世界遺産(自然遺産)です。

セレンゲティ国立公園の眺め

小高い丘からセレンゲティ国立公園を眺める

 

セレンゲティ国立公園でもゲームドライブ三昧

この日もドライバーの案内で、さまざまな動物を見ることができました。

ンゴロンゴロでは見かけなかったキリンや

セレンゲティ国立公園のキリン

チーターとも遭遇しました(しかもカップル)。

チーター

あとは恒例のライオン。ドライバーが無線で情報をキャッチして駆けつけると、やっぱりジープ渋滞が笑

ライオン祭り

あいにく、ライオンたちは木の下でお昼寝中でした↓

お昼寝中のライオン

誰か起きてー!!と必死に念をおくってみると・・・

子ライオン

奇跡的に子ライオンだけ起きてくれました。それに引き換え親はこのありさま。よっぽど昼寝が気持ちいいみたいです(笑)

ますます眠りこけるライオン

セレンゲティでも安定して出没するゾウたち↓

セレンゲティ国立公園のゾウ

食事に夢中になると、道を塞いで動いてくれなかったりもします・・・

 

ピクニックサイトでのランチ休憩を挟み、午後も引き続きゲームドライブです。

3日目のランチ

サンドイッチやチキン、ゆで卵など

インパラの群れ。

インパラ

カバが生息する池

カバが生息する池

そして昨日よりもさらに迫力満点のカバの群れを見ることができました。

大量のカバagain

カバ・・・

カバを見守るツアーメンバー

カバの様子を眺めるツアーメンバー

パトリックと

すっかり仲良くなったツアーメンバーのパトリックと

 

セレンゲティのキャンプサイトで1泊

3泊目はセレンゲティ国立公園内のキャンプサイトへ。前日のクレームのおかげか、1泊目と同じようなしっかりとした作りのテントが用意されていました。

セレンゲティのキャンプサイト

バッファローのツノ

無造作に置かれたバッファローのツノ

3日目の食事スペース

ダイニングスペース。電気がつかないため、夜はろうそくを灯してのムーディーなディナータイムとなりました。

サファリツアー中の夕食メニューはよく覚えていませんが、スープ+パスタor ごはん+チキンやひき肉などを調理したおかずがつくという感じ。食べた後は寝るだけなので、適度に食べ、その後はテントでごろごろして過ごします。

 

夕焼けを撮影しようとキャンプサイトをちょっとだけ出たら、ガイドに「キャンプサイトからは出ないように」と注意を受けました。キャンプサイトのすぐ近くに蛇がいるとのこと。

3日目の夕暮れ

3日目ともなるとサファリでのキャンプ生活にもすっかり慣れましたが、翌日はツアー最終日です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-タンザニア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.