photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ゴレスタン宮殿

イラン

イラン人青年と歩くテヘラン【後編】

2015年11月26・27日 イラン・テヘラン

前回の記事に引き続き、テヘランの見どころを紹介していこう。

 

 

ゴレスタン宮殿

 

17の建物(宮殿・博物館・ホール)からなる複合施設で、現在公開されているのは9つの建物のみ。18世紀頃に建設され、宮殿では国の重要な式典などが行われてきたという。2013年には世界遺産に登録された。

ゴレスタン宮殿-大理石でできた玉座

大理石でできた玉座がある

 


 

ゴレスタン宮殿内部

Karim Khani Nookのモザイク模様

 

メインホールは、これでもかと言わんばかりの全面鏡張り。

mainhall

内部は一切の撮影禁止

 

IMG 9551 7th

敷地内にある壁に描かれた模様はどれも美しい

 

#iran

 

IMG 9571 17th

Shams-ol-‘Emareh(太陽の建物)

 

「太陽の建物」はヨーロッパとイスラム様式が融合した建築。内部はフラッシュ禁止だが撮影は自由にできた。

IMG 9586 21th

IMG 9588 23th

IMG 9590 24th

 

帰りがけに、美しいイラン人女性2人組に声をかけられる。イランのモザイク模様をモチーフにしたアクセサリーを制作・販売しているのだという。テヘランは都会だなと思った。

IMG 9579 19th

イラン人女性は本当に美しい

 

【ゴレスタン宮殿メモ】

チケットシステムが少々複雑で、すべての施設を見ようとすると700,000リアル(約23ドル)かかる。私はそこまでの興味はなかったため、入場料+メインホール+1施設見学のチケットを組み合わせて購入。半額の380,000リアル(約12.5ドル)。

ゴレスタン宮殿の入場料

 

 

Shah Abdul Azim Shrine

 

ゴレスタン宮殿を観光していた欧米人に「建築が素晴らしい」と勧められ、Hakanと一緒に訪れたモスク。私たちが訪れたのがちょうど金曜日。イランでは金曜日が休息の日で、皆モスクにお祈りにやってくる。

azim shrine

 

azim shrineの様子

モスクの入口は男女別になっている

 

azim shrine内部

 

モスクの内部は撮影禁止だが、スマホ程度であれば地元の人も撮影していたので、ちゃっかり便乗させてもらった。モスク内部は神秘的で皆微動だにしないぐらいなのかと思いきや、意外と庶民的だった。食べ物を持ち込み食事をしている人、おしゃべりしている人、さらにはスマホの充電コーナーもあったりと居心地は良さそうだ。

 

azim shrineの礼拝者

アザーンの時間になると、皆一斉に床に額をつけてお祈りする

 

azim shrineにて

ここでは女性はチャドル(全身を覆う布)が必須

 

azim shrineでは、入口でチャドルを無料で貸し出していた。身につけ方がわからなくても、係員がやってきて手伝ってくれる。イランではある程度規模が大きく格式の高いモスクでは、チャドルを着用するのが義務付けられているところが多かった。

azim shrineの羽織物

 

【アクセス】地下鉄のレイ市駅からタクシーで10分ほど

 

 

週末人気スポット・ダルバンドへ

 

テヘランの北にある町ダルバンド。ここにある渓谷は週末になると若者たちや家族連れで賑わう。トレッキングもでき、周囲には飲食店やお土産屋などが立ち並んでいる。

ダルバンドの飲食店

 

週末のカップル

カップルシート

 

週末の若者たち

若者たちはシーシャを吸ったり、たむろったりしている

 

帰りに、なんとテヘランの空港で知り合った台湾人のレナと彼女のホストとばったり会った。さすが週末の人気スポットだけある。

ダルバンドでセルフィー

 

【アクセス】地下鉄のTajlish駅からタクシーで約10分

 

 

Tabiat Bridge

 

テヘランの北にある全長270mの遊歩道がついた橋。通称「Nature Bridge」と呼ばれている。Hakanが地元人向けのデートスポットとして案内してくれた。

IMG 9617 27th

 

橋の下には2つの公園があり、公園自体もライトアップされていて、まるでアミューズメントパークのよう。夜の散歩にちょうどいい。

tabiat bridge周辺

 

ちなみにイランでは、未婚の男女が公共の場でデートすることは禁じられている。若い男女が、公共の場で手を繋ぐことすら許されないのだ。

ただしこれはあくまで慣習。テヘランの若者は社会の目を避けて男女で集まることができる場所も知っているし、お酒を入手してきてこっそり飲んだり、服装も少しラフに着崩している女子もいるそうだ。

 

【アクセス】地下鉄のシャヒード・ヘンマト駅もしくはShahid Haghani Subwayから徒歩で

 

 

テヘランのグルメ

 

ファラフェルのホットドック

ダルバンドの帰りに、駅前のファラフェルのファストフード店で食べたホットドック。カウンターでバンズを買い、ビュッフェ方式で中に好きな具を詰めていくスタイルだ。1本1〜2ドルぐらいだっただろうか。テヘランの若者には大人気だった。*ファラフェル=ひよこ豆やソラマメから作ったコロッケのような揚げ物

ファラフェルのホットドック

 

 

ほうれん草などが入ったペースト状のスープash

#ash #barbari #tehran

おくらのようなネバネバした食感のスープ。野菜たっぷりで、イランのバルバリと呼ばれるパンにつけて食べた。バルバリはインドのナンをさらに板状にしたようなパンで、焼きたてがパリっとしていて特に美味しい。

 

 

テヘランは予定通り2泊3日で離れ、次の町カシャーンへ向かうことにした。Hakanとは仲良くなりすぎて、別れ際はちょっと淋しかった。

 

 

テヘラン街歩きマップ

イラン人青年と歩くテヘラン【前編】と当記事で紹介したスポットをマップにまとめたのでご活用ください。


Maps.Meにブックマークをインポートする場合は、スマホからこちらをクリック。

 

 

テヘラン→カシャーンへの移動情報

 

テヘランの南バスターミナル→カシャーン 150,000リアル(約500円)

 

テヘラン中心部からバスターミナルまでは50,000リアル(約160円)ほどで移動できた。バスチケットは当日窓口で購入。21時頃に出て、3時間ほどでカシャーンに到着。シートは広く快適そのものだった。

Iテヘランのバスターミナルにて

ちなみにこれ、ビール風飲料。イランではアルコールが原則禁止だが、代わりにこうしたフレーバーつきのビール風ドリンクの種類は豊富だ。1ドルぐらいで入手でき、なかなか美味しい。

 

 

 

 

*以上、2015年11月時点での情報をもとに記事を作成しました。

Nc109718

カシャーンってどんなところ?

 

旅行ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-イラン
-,

N