フェリーでアジア側へ

街歩きマップ トルコ

ひとりっぷ inイスタンブール【後編】

更新日:

2015年11月13日 トルコ・イスタンブール

イスタンブールのアジアサイドへお出かけ

旧市街のエミノニュ港(マップA)からは、フェリーでカドキョイ(マップB)に行くことができる。チケットは確か片道3〜4リラ(約150円)ほど。*2015年11月時点

※Maps.Meにブックマークをインポートする場合は、スマホからこちらをクリック。
旧市街をあとにする

イスタンブールは東西の文化が交差する場所にあり、フェリーで20分ほど海を渡るとそこはアジアサイドなのだ。

カドキョイ

カドキョイの港にて

港のすぐ近くのショッピングストリートを歩いてみたが、ヨーロッパサイドと大きく異なる点は見出せなかった。飲食に関しては、心なしか旧市街よりも物価が安いぐらい。

カドキョイの香水専門店

香水専門店

港近くのフードマーケットを歩いていると、アザーン(1日5回の礼拝)の現場に遭遇した。彼らにとって、どんな狭い路地であろうが、礼拝する場所は関係ないようだ。

アザーン中の人々

アザーン中の人々

ダンボール紙のうえでもアザーン

 

カドキョイでは親切な人に出会った。

ジュース屋さんでメニューが全部トルコ語で困っていると、隣にいたトルコ人男性2人組が代わりにオーダーしてくれ、料金まで払ってくれたのだ。

カドキョイのジュース屋さん

ミックスジュース

おごりには滅法弱い

カドキョイは下調べ不足で見どころがよくわからず、港との往復で終わった。

カドキョイの街並

カドキョイの猫

店の入口の猫があまりにもふてぶてしくかわいかった

 

アジアサイドで名物のB級グルメ「クンピル」を食べてみたよ

クンピル

実はアジアサイドで食べてみたいB級フードがあった。その名は「クンピル」。ふかしたじゃがいもを半分に割り、具をお好みでトッピングする。1個10リラ(約360円)とコスパは高いが、確実にひとり分以上の量はあるだろう。

クンピル

手慣れた手つきで具材を詰めていく様子は、見ていて楽しい。

クンピル

量が多いと言いつつ、ほぼ完食。味は全体的に濃かった。話のネタに食べてみるのにはいいだろう。

きれいに食べたよ

 

再びフェリーに乗り、今度は新市街へ

夕方に新市街のタクシムで友人と会うため、旧市街のエミノニュ港には戻らず、新市街のカバタス港へ向かう。

再びフェリーに乗り新市街へ

Dolmabahçe Mosque

港近くのモスク(Dolmabahçe Mosque:マップC)の内部をちらっと見学した。(礼拝者がいたが、入口で聞き写真もOKだった。女性の場合、モスク内ではスカーフの着用が必須)

 

ちょっと疲れたので、ケーブルカーで少し早めにタクシムへ向かう。

カバタスのケーブルカー

メトロのようだが、傾斜がついていて確かにケーブルカーだ

 

 

タクシム広場で世界一周中の友人と待ち合わせ

タクシム広場

人でごった返す夕方のタクシム広場

待ち合わせの時間までは、ひとり近くのEspressoLab(マップD)というカフェで時間を潰した。

Espressobar

Macbook Airで作業中の若者

このカフェは意識高めな若者が多く集まっていた。イスタンブールは、やはり都会だ・・・。

 

そして、世界一周中のアレックス&キャサリン夫婦と合流。

アレックス&キャサリンと

濡れバーガー

濡れバーガーは1個3リラ(約120円)※マップE参照

濡れバーガーはあくまで前菜。正式なディナーは近くの食堂でしっかりといただいた。

タクシム近くの食堂で

惣菜はお互いに味見しあった

アレックス&キャサリンは前回スペインで会った後、すっかりカウチサーフィンにはまってしまったらしい。この時はイスタンブールでもカウチサーフィンをしていて、次はカッパドキアでもすでにホストを見つけていた。

 

「いいな〜。私も泊まっていいか聞いてみてくれる?」なんて聞いたら、本当にホストのOKが出て、なんと私も便乗させてもらうことになった。詳細は次回の記事で紹介します!

 

カウチサーフィンについてはこちらの記事をご覧ください

| カウチサーフィンやAirbnbについて考えてみるphotowise

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-街歩きマップ, トルコ
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.