photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

アイスランド

宇宙一美味しいホットドックとブルーラグーン

更新日:

2015年11月7日 アイスランド・レイキャビーク

午前中にボルガネスを出て、レイキャビークの街へ戻ってきた。
レイキャビクの港付近
この日は楽しみにしていたブルーラグーン(温泉)へ行く予定。まずはレイキャビーク市内で軽く腹ごしらえだ。

 

宇宙一美味しいホットドックのお店へ

こちらはブログやネットニュースで数年前から話題になっていたホットドックスタンドで、Bæjarins Beztu Pylsur(読み方がわからん)という名前らしい。

宇宙一美味しいホットドック屋

噂通りの行列

さて、こちらが問題のホットドックである。(400クローネ=約350円)

宇宙一美味しいホットドック

まずスペックから紹介すると

  • パンがふわふわ
  • カレーソースのようなものがかかっている
  • ソーセージは普通に美味しい

総合評価 ★★★★(photowise調べ)

 

宇宙一と言うまでのパンチは残念ながらないが、そこそこ平均点以上という感じ。思ったよりカサがないため、あやうくもう1本食べてしまうところだった。デブ要注意。

でもアイスランド人は飲んだあとに締めでホットドック食べるっていう話も聞いたことがあるので、そこそこ美味しいホットドックがリピーターを増やす秘訣なのかもしれない。ちなみにクレジットカードでの支払いも可。

 

 

楽しみにしていたブルーラグーンへ

ブルーラグーンはレイキャビークの市街地から車で約40分の場所にある。

ブルーラグーン入口

常に混雑していると聞き、チケットは事前にインターネットで予約した。私たちはあわよくば露天風呂からオーロラを見ようと思っていたため、15時の入場となった。ちなみに入場料はスタンダードタイプで35ユーロ(約4,200円)*2015年11月時点。

Blue Lagoon Geothermal Spa in Iceland

Welcome to Blue Lagoon Iceland. Set in the pure heart of the Icelandic landscape, Blue Lagoon offers a complete spa experience.

 

入口から温泉のある建物へ向かう途中で、こんな光景を目の当たりにし大興奮。

ブルーラグーン敷地内

このミルキーブルーの温泉水の正体は、シリカ(ケイ素)だ。う〜ん早く湯に浸かりたい!!

 

リセプションではスマホで予約時の画面を見せ、スムーズに受付。

ロッカーで水着に着替え、湯に浸かる前にシャワーを軽く浴びて露天風呂へGo!それにしてもお客さんは国際色豊かで、日本人も多かった。

 

 

世界最大の露天風呂へ

面積が5000㎡もあるという巨大な露天風呂へ。

ブルーラグーン

この温泉は天然温泉ではなく、近くの地熱発電所であたためられた湯を使っている。端にある給湯ゾーン周辺は熱いが、中央付近は人肌よりもちょっと熱めぐらい。

 

なにはともあれ、アイスランド一周お疲れ様でしたー!!

ブルーラグーンで乾杯

photo by かおりちゃん

 

乾杯集合写真

事故もなくレンタカーで周遊できて本当によかった

露天風呂ではシリカ(白い泥)を自由に手に取ることができる。私も泥で顔や体に塗りパックしまくった。

シリカコーナー

この板の下にシリカが入ったバケツが収納されている

 

泥パック

温泉水に浸っているため、塗るのは上半身や顔部分がメインになるが、私は足を上にあげ体にも塗った。

泥パック2

これをやるのが夢だった

 

ブルーラグーンの施設の様子

PremiumやLuxuryというチケットだとバスローブも付いてくる

アイスランドの11月は日が落ちるのが早い。あっという間に暗くなった。

夜のブルーラグーン

私たちは、途中休憩を取りながら4時間近く湯に浸かっていた。露天風呂でのオーロラ観測はさすがに断念し、レイキャビークに戻ることに。

グッズショップのシリカ商品もなかなか魅力的だった。

#iceland #bluelagoonkit

A post shared by photowise (@photowise) on

 

 

ブルーラグーンの駐車場でまさかの・・・

温泉を出て駐車場に向かう途中、ふと上を見上げると、巨大なオーロラが空に広がっていた。まさかブルーラグーン駐車場でオーロラに遭遇できるとは・・・!

まさかのオーロラ

レイキャビークへ戻る途中も、あまりのオーロラの迫力に車を止め撮影タイム。

ブルーラグーンの帰り

オーロラ

アイスランド滞在中の天気はイマイチだったが、オーロラには恵まれた私たちだった。

 

レイキャビーク最後の2泊はAirbnbで

今回は少し市街中心部から離れた場所にあり、集合住宅内のワンルームのAirbnbに泊まる。

airbnb2

2泊で1ルーム25,000円ちょっとで、ひとりあたり1泊2,500円ほどで泊まることができた。

Airbnbのキッチン

キッチンにはレンジ・オーブン、電子ケトル等々何でも揃っていた

 

トイレ&シャワー

トイレ&シャワールームもきれい

ここでは洗濯機も無料で使うことができ、乾燥室も同じ建物内にあったため、アイスランド周遊中に溜まった洗濯物を一気に洗うことができ非常に助かった。

ベット

ベット2

ベットはダブルベット1個、シングルベットが2個のみ。優しいじゅんさんが気を遣ってソファに寝てくれた。Airbnbで1ルームを借りる時は、収容人数的には5人でもベットが足りないという物件を見かけることも多いので、予約前によく確認したほうがいいだろう。

Airbnbからもオーロラ

驚いたことに、この夜はAirbnbのベランダからもオーロラが観測することができた。レイキャビーク市内からもオーロラが見えるというのは本当だったらしい。この日はアイスランドでやりたかった夢を叶えることができた素晴らしい1日となった。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。2018年はインドネシア、ラオスorカンボジアあたりに行く予定。

おすすめ記事一覧

キリマンジャロ頂上 1

2016年新年一発目の挑戦として、4泊5日でキリマンジャロに登ってきました。 キリマンジャロは、アフリカで一番高い山。ル ...

2

2016年8月25日 東京・新宿 人生初の富士山に登ってきました! このページの目次1 7:30am 新宿センタービル南 ...

3

2016年3月26日 ネパール・ポカラ ネパールでやりたかったこと、それはヒマラヤトレッキング。   スポンサ ...

4

このページの目次1 スペイン巡礼中ってどんな感じ?2 巡礼中の1日の動き3 9月のポルトガルの道はぶどうの収穫シーズン! ...

5

2017年1月1日 明けましておめでとうございます。本年度もphotowiseをどうぞよろしくお願いいたします。 201 ...

-アイスランド
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.