アイスランド

ミーヴァトン湖周辺情報(宿・見どころなど)

更新日:

2015年11月5日 アイスランド・エイイルススタジル

レンタカー周遊4日目。いよいよアイスランドの北側までやってきました。

アイスランド北側

運転中に車がスリップし、かなりヒヤっとしました。11月初旬でもアイスランドの山間はこんな感じで、まるで真冬のようです。

 

11:00頃 Dettifossへ

detifoss

北アイスランドの見どころのひとつ、幅100mの滝を見に行きます。

detifoss駐車場から

駐車場からは10分ほど歩く

 

detifoss遠目で

 

detifossで撮影するみんな

アイスランドの滝観光は、季節選びがかなり重要ですね。滝の細かい水しぶきやら雨やらで、すっかり体が冷えてしまいました。滝の周辺は荒野が続いていて、歩いていると少し物悲しい気持ちになります。

detifoss_hikingtrail

ハイキングトレイルもあり、滝の観光は夏がいいでしょうね

 

 

13:30  グヴェーラロンド(Hverarond)へ

Hverarond

次にやってきたのは、ミーヴァトン湖のすぐそばにある地熱エリアです。強目の硫黄臭で、思わず温泉に入りたくなりますが、残念ながら温泉施設はありません。

Hverarond2

トレッキングルートもあり、山の上にも登れるようでしたが、誰一人として行こうと言い出す人はいませんでした。車内泊が続いていたのと、悪天候と寒さもあって皆かなり疲労していたのです。

Hverarond3

Hverarond3

足の裏に大量の泥がつき、取り除くのが大変でした

 

14:30 ミーヴァトン湖到着

mvatn

ミーヴァトン湖は、2,300年前の火山の溶岩の噴出によってつくられた湖です。天気がよければ湖面はきれいなブルーの色に見えるそうです。

ビジターセンターに立ち寄り、キャンプサイトを探してみるとゲストハウスがありました。車内泊には気力・体力的に限界を感じていたので、助かりました。

Myvatn_guesthouse

なんと立派なキッチンもついています

 

Myvatn_guesthouse2

ダイニングルーム

 

Myvatn_guesthouse3

窓からの景色

 

Myvatn_guesthouse4

3人部屋

宿泊料金はひとり3,300クローネ(約3,000円)だったので、コスパはかなり高いと思います。シャワーは熱々の温泉水。アイスランドでは、レイキャビークも含め泊まった場所のシャワーはすべて温泉水でした。最高ですね。

宿泊したのはボカーアン・ゲストハウスという場所です。夜は併設のレストラン(Daddi’s Pizza)でピザを食べることもできます。ピザも超巨大で美味しく3,000円ぐらい。レストラン内はwifiも使えるため、食後もちょっと長居していました。

 

 

ミーヴァトン湖の周辺情報

Nature Bath(天然温泉)

Myvatn Nature Baths

Enjoy the beautiful nature that is and surrounds Myvatn nature baths

入場料は4,000クローネ(約3,500円)と少し高めですが、水質はかなり良いそうです。ビジターセンターの人にも勧められました。(私たちは行きませんでしたが)

 

クヴェルフィヤットル(Hverfjall)

環状火山で、頂上ではクレーターを見ることができます。

Hverfjall3

泊まったゲストハウスから車で約10分ほど。クレーターといっても、こんな感じで砂場のような感じでした。インパクトは低いかもしれませんが、地熱地帯やミーヴァトン湖を一望できる展望スポットなので、行く価値はあると思います。

Hverfjall4

Hverfjall4

頂上までは砂利道を10分ぐらい登っていく

 

今回の記事で紹介した場所は、アイスランド周遊マップで確認できます。→こちら(Maps.Meにブックマークをインポートしたい方は、スマホからこちらをクリック)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-アイスランド

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.