photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

アイスランド

【悲報】アイスランドの氷の洞窟で目にしたものとは・・・

更新日:

2015年11月4日 アイスランド・スカフタフェットル国立公園

忘れもしないあの日・・・

私たちは氷の洞窟ツアーに参加するべく、集合場所のヨークルスアゥルロゥンという氷河の湖にやってきた。

氷の湖

相変わらず天気は優れなかったが、夢にまでみた氷の洞窟に入れるのかと思うと、期待に胸が高まった。氷の洞窟ツアーはGuide to Icelandというツアー会社のウェブサイトで申し込んできた。

Ice Cave Tour by Vatnajokull Glacier | Jokulsarlon Departure Point

This is by far the most popular ice cave tour in Iceland. It departs from Jökulsárlón glacier lagoon, which is about 5 hours drive along the Ring road east from Reykjavík. The tour takes place in Vatnajökull national park, which is the largest glacier in Europe.

前年度には10月末に氷の洞窟に入れたというブログ情報もあったが、この年に限って、氷の洞窟ツアーのスケジュール日程を見ると、他のツアー会社も軒並み11月中旬から開始となっていて、かなり焦った。そんななか、このツアー会社だけは11月4日に空きがあるということで、何とか申し込むことができた。

 

9:30  氷の湖前のカフェに集合

ジープに乗り込むところ

集合場所には私たち以外にも何組か居て、皆の顔からも期待が滲み出ているような気がした。

洞窟までは30分近くアップダウンの激しいオフロードを走るようで、このようなゴツいジープに二手に分かれて乗車した。移動も含め、ツアー時間自体は2時間ちょっと。料金は19,500クローネ(約1.7万円)だ。*2015年11月時点

ジープの中

ジープの中では点呼をとったり、安全に関する誓約書にサインをしたり。オフロードの車のあまりの揺れの強さに、仲間と思わず笑い合った。

 

そしてツアーリーダーの口から、思わぬ事実が伝えられる。

「実は3日前に一番大きな氷の洞窟が崩落したんだ。」

 

(直前に地球温暖化の話をしていたので、あやうく聞き逃すところだった)

「ツアーは中止せずに、何とか中に入れる規模の小さい洞窟へ皆を連れて行くよ。」

ジープを降りて歩く

ジープから降り、ヘルメットを各自つけ氷河へと向かう

 

そこにあったのは、見事に崩落した氷の洞窟だった。

崩落した氷の洞窟

唖然

ちーん

この氷の洞窟は見れないってことでいいのかな・・・?

Ice Cave Tour by Vatnajokull Glacier Jokulsarlon Departure Point

https://guidetoiceland.is/book-holiday-trips/glacier-caving-in-vatnajokull

ガイドさんはどのようにして氷河が形成されたのか、現状について淡々と説明してくれるのだが、ショックが大きすぎて説明が全く頭に入ってこない。唯一わかったのは、氷が青い理由は含有する空気が少なく、光の乱反射が少ないということだけだった。

説明するガイドさん

そして私たちが連れてこられたのは、小さな氷の洞窟。

「こちらも氷が溶けかけていて、いつ崩れるかわからない。君たちの安全確保が第一だ。少人数に分けて1グループ5分間だけ中に入るよ。」

氷の洞窟へ

呆然

こんなはずじゃなかったなぁ・・・と背中で語るカップル

そして私たちは中へ

氷の洞窟の中へ

そこには絵に描いたような美しいブルーの世界が広がっていた。

氷の洞窟1

氷の洞窟12

この青い氷が一面に広がっていたらどんなによかったか・・・

氷の洞窟3

 

確かにガイドが言った通り、天井部分はいつ崩れてもおかしくない状況だった。

氷の洞窟4

氷の洞窟5

時間がなかった中で、ガイドさんは完璧なスナップ写真を撮ってくれた

5分間の氷の洞窟体験に約2万円・・・

かくして、この氷の洞窟ツアーは世界一周の旅で最も高いツアーとなったのだった(笑)

さらば氷の洞窟

ツアーの後に氷の湖に戻った私たちは、そこで思い思いに時間を過ごした。

氷の湖

氷

氷の湖2

アイスランドの氷の洞窟は、世界一周で観たいもののTOP5には入っていたから、正直かなりショックだった。自然で形成される氷の洞窟は、その時の気候やタイミングなどによって状況は大きく左右される。悔しかったが、昨晩オーロラが見れただけでもラッキーだと思うことにしよう。

余韻

皆、元気を取り戻したようだ

この日は、セイジスフィヨルズルという映画LIFEのロケ地として使われた港町に立ち寄ったぐらいで、ほぼ移動で1日を終えた。私にしてはめずらしく、何を食べたかも覚えていない(笑)

映画LIFEのロケ地

 

17:30頃 エイイルススタジルの街に到着

まずはBonus(スーパー)で食料の買い出し。平日は18時半には閉店してしまうので要注意だ。

#iceland #bonus

A post shared by photowise (@photowise) on

 

次に、目星をつけていたキャンプサイトへ。

20151105 20151105 083623 2th

ビジターセンターの張り紙をみると、昼頃でリセプションが閉まってしまうようだが、キャンプは自由で、翌日支払いに行けばいいらしい。

こちらがビジターセンターに隣接するシャワー&トイレ、テーブルエリア。暖房もしっかり入っていて、アツアツのシャワーに癒された。

ビジターセンター

この時期にキャンプをする人など皆無で、私たちはテントは持っていない。周りにゲストハウスは何軒かあったが、ドミトリーで1泊4,000円ほどしてしまう。そんな事情もあり、結局このスペースで1泊だけさせていただいた。

翌日リセプションで申告すると、ひとり500クローナ(約440円)でいいと言ってくれた。ゲストが他に誰もいなかったからまだ良かったのかもしれないけれど、今考えると何だかみっともないことをしたような気がする。次回からは、ちゃんとしたところに泊まろうと思った。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。

-アイスランド
-,

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.