旅が好きな人のための情報系写真ブログ

スポンサーリンク

インド

【まるでRPGのダンジョンの世界】アジャンター石窟群も凄かった

投稿日:

2016年3月15日 インド・アウランガバード

 

アウランガバードから日帰りで、アジャンタ石窟群へ向かった。インド・ハンピの川の対岸でスクーターを一緒にレンタルした友人と、アウランガバードで偶然再会し一緒に行くことに。

 

 

アジャンター石窟群とは?

紀元前2世紀頃に、仏教僧たちが雨季の雨を避けて修行ができるように主に僧院としてつくられたもの。起源1世紀〜5世紀まで開窟されたが、5世紀以降はアジャンター石窟群は放棄され、職人も僧侶もいなくなってしまったという。見どころは状態が良く保存されている壁画の数々で、壁画は日本の古代仏教美術の源流とも言われる。エローラ遺跡とともに世界遺産に登録されている。

20160315 IMG 6273th

断崖の岩を削って作られた石窟群

 

それでは、石窟内の様子を写真とともに紹介しよう。

 

Cave1 アジャンター石窟群の最高傑作とも言われる宮殿のような作りの石窟

20160315 IMG 6282th

 

20160315 IMG 6276th

蓮華手菩薩像(法隆寺金堂にある菩薩像のモデルとも言われている)

 

20160315 IMG 6281th

ブッタの前世についてのストーリーが描かれている

 

20160315 IMG 6285th

日本語ガイドがいたので、壁画から読み取れるモチーフやストーリーの説明をそっと聞き耳を立てて聞いていた

 

20160315 IMG 6283th

天井画はオリエンタル風で興味深い

 

Cave2 状態良く残された壁画・天井画、釈迦像

20160315 IMG 6287th

 

20160315 IMG 6292th

天井に描かれた曼荼羅が空間を特別なものにしている

 

20160315 IMG 6294th

 

 

Cave4 未完成窟

アジャンターで最も広大な僧院になるはずだったが、断層が横切っていたため作業が難航し放棄されたという。

20160315 IMG 6301th

 

20160315 IMG 6306th

釈迦像が石窟の中央奥に鎮座している

 

 

Cave10 ストゥーパ(仏舎利)が置かれている石窟

20160315 IMG 6308th

僧侶たちの信仰の対象として使われた仏舎利

 

20160315 IMG 6310th

ストゥーパの周囲の柱に残された仏像の姿も状態よく残されている

 

 

Cave11 天井の壁画に圧倒される

20160315 IMG 6316th

草花や動物をモチーフとした見事な天井画

 

20160315 IMG 6317th

 

 

Cave16 壁画

20160315 IMG 6323th

これもブッタに関する壁画だと思われる

 

20160315 IMG 6332th

Cave19の外部の装飾

 

 

Cave24  未完成窟

20160315 IMG 6346th

岩を彫り進めていた過程がわかる

 

20160315 IMG 6342th

 

 

Cave26 インドで最大といわれる涅槃像

20160315 IMG 6350th

インドにも涅槃像があることにびっくり

 

20160315 IMG 6352th

右側手前の女性が携帯を持っているように見えてならない

 

20160315 IMG 6355th

天井廻りの装飾の細やかさ

 

20160315 IMG 6356th

天井も石造りのアーチ構造になっている

 

最後に・・・

私はアジャンター石窟群の壁画を見て、中国や日本などの古典美術の原点を見た気がした。 起源1世紀〜5世紀に、 これほどまでに美しい壁画をこの世に残した職人たちの想像を超える労働量と想像力には驚かされる。やはりインドは凄い。

 

 

【移動情報】

アウランガバードのセントラルバスターミナルの1番乗り場からローカルバスに乗り、約2時間半。(運賃:120ルピー/停留所名はAjanta Cave)

 

アジャンター内は、入口から石窟群までが離れており別途シャトルバスを利用する必要がある。(往復20ルピー)また入口付近には比較的リーズナブルなショッピングエリア(飲食店・お土産店ゾーン)があるが、石窟群の近くには高いレストランしかないので注意。私たちは入口のショッピングエリアでサモサと水を買って携帯した。

 

石窟ごとに入場制限があるため、アジャンター石窟群をくまなく見学したい人は時間にゆとりを持って訪れることをオススメする。石窟群見学の所要時間は3時間程度だった。日帰りでなくても、アジャンタの後にインド北部に向かう場合はBhusawal(ブサワル)やJalgaon(ジャルガオン)で1泊するのもアリだと思う。

 

写真撮影はフラッシュNG。暗くて見えにくい壁画も多くあるため、懐中電灯を持っていくといい。

20160315 IMG 6300th

 

*以上、2016年3月時点での情報を元に記事を作成しました。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓帰国日まであと2日。下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

-インド
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.