photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ネパール

ネパール人のバイクでカトマンズを観光してみた

更新日:

2016年4月2日 ネパール・カトマンズ

この日はカトマンズ在住のネパール人とバイクで市内観光。

彼とはネパール・ブトワルの町のバスターミナルで偶然知り合った。カトマンズ滞在中は、仕事以外の時間はほぼフルで私に付き合ってくれた。

20160402 IMG 20160402 123806th

 

 

スワヤンブナートへ

ポカラからバスでカトマンズにやってきた時に、右手に見えた3つの巨大な仏像。気になったのでそこに連れていってもらうことにした。

20160402 IMG 7185th

20160402 IMG 7193th

色の組み合わせが美しい

20160402 IMG 7195th

大仏の裏手にあったモニュメント

20160402 IMG 7199th

マニ車

20160402 IMG 7204th

お供え用の灯

メインはこちらではなく、丘の上にあるストゥーパ(仏塔)らしい。

20160402 IMG 7219th

急勾配の参道を登ったが・・・

外国人の入場料が200ルピーと知り、気乗りしなかったのでパスしてしまった。

20160402 IMG 7220th

見れば良かったと今になってちょっと後悔・・・

20160402 IMG 7222th

頂上付近からは、微妙な天気のカトマンズ市内を望むことができた

 

 

カトマンズのランドマーク・ダーラハラへ

2015年のカトマンズの大地震。

なかでも一番被害を受けたと言われるダーラハラという塔に連れて行ってもらった。

高さ52mの見張り塔として使われていた塔は、ものの見事に崩れ、1階部分のみになっていた。

20160402 IMG 7223th

崩れる前の塔の写真

20160402 IMG 7224th

地震が発生した時に、塔の中から逃げ出すことができず犠牲になった人も居たと聞く。塔が崩れ去った後も、周囲のレストランや広場は休日の家族連れで賑わっていた。人々の憩いの場であることには変わりないようだった。

 

 

 

ダルバート広場へ

ネパール・カトマンズといえば、中心部にある寺院群が観光地としても有名だ。この場所も大地震の影響で、多くの部分が崩れてしまった。

20160403 IMG 7287th

タレジュ寺院周辺 地震の傷跡が深く刻み込まれている

20160402 IMG 7236th

20160402 IMG 7235th

ダルバート広場横はお土産物屋がずらりと並ぶ

20160402 IMG 7240th

旧王宮跡

これほど地震で建築物がダメージを受けていても、ダルバート広場はネパール人、世界中から来た旅行者で常に賑わっている。

20160403 IMG 7286th

20160402 IMG 7251th

タレジュ・ベル。この崩れ方はかなり厳しい・・・

20160402 IMG 7252th

破壊神シヴァの化身・カーラ・バイラヴの像

大地震で崩れた寺院の一部は、未だに修復中。2日間その場所に行ってみたが誰も作業していなかった。観光客からは入場料として1,000ルピーを支払うようカウンターを設置しているが、チェックにムラがあり、実際に支払わなくても入場できてしまう時も。

20160403 IMG 20160403 143115th

ダルバート広場近くのバイク駐車場。カトマンズはバイクの普及度が高い

移動中は排気ガスと埃が酷かった。長期的にみても健康を害するレベルだ。

20160402 IMG 20160402 143033th

 

 

ローカル食堂でモモと地酒を楽しむ

バイクでの観光が終わり、友人とオススメのローカル食堂へ。

20160402 IMG 20160402 160701th

バフ肉が入ったモモの皮にフォークを入れると、じゅわっと肉汁が溢れる。

20160402 IMG 7262th

ドリンクはネパールの地酒トゥンバ。少し酸味がある焼酎のような飲み物で、お湯を継ぎ足し3〜4回ぐらいまで飲める(味は徐々に薄くはなるが・・・)。アルコール度はかなり低い。

20160402 IMG 7260th

ゆっくり飲みながら会話を楽しむ時などにいいらしい

他におつまみを2品ほど頼んだが、トータルで600ルピーぐらいだった。(約600円)

地元の人に連れて来てもらうローカル食堂は、ハズレがなくコスパも良い。

 

スポンサーリンク

 

 

ネパールの物価と人々の暮らしについて

ネパールはインドと同じぐらい物価が安いと思ったのだが、実際に来てみたらそうでもなかった。

聞くところによると、半年ぐらい前からネパールはインドとの関係が悪化し、国境でインドからのガソリンの供給がストップしていたらしい。ネパールは中国とも友好関係にあるが、高いヒマラヤ山脈でブロックされており、物資の供給は陸続きのインドに頼らざるを得ない状況。現在はインドからのガソリン供給問題は解消されたようだが、その影響もあってか物価が全体的に上がっているのかもしれない。

 

友人の話によると、ネパール人の多くは、収入以上にお金を使ってしまうという。食事は顔なじみの食堂でツケで払い、収入が入ればまとめて支払う。ツーリストバスで見かけたネパール人の乗客は身なりも綺麗で、裕福そうだった。きっとネパールにも生活の格差があるのだろう。ちなみにオフィス勤務の人でも月収は3万円というケースもあるそうだ。

またネパールはカトマンズのような大都市でもインフラが整っておらず、宿やカフェでも停電が毎日あった。カトマンズの道路はバイクや車の排気ガスで溢れ、人々はマスクをして生活している。ヒマラヤトレッキング中の景色も、標高が低いところではスモッグがかかり、美しい景観が損なわれていた。ネパールにはインフラ整備と発展を遂げて欲しいと思う反面、美しい自然をそのまま残しておいて欲しいという気持ちもあり、少し複雑な気持ちになった。

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-ネパール

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.