タンザニア

【キリマンジャロ1日目】ひとりでの登山?!

更新日:

キリマンジャロ登山1日目

2016年1月5日

朝9時頃モシの宿にKiliclibersの車が迎えに来ました。ガイドさんの兄弟が働くレンタルショップ屋で、必要な装備をレンタルした後、マラングゲートへ。

車内で、同じルート&日程で参加するはずの日本人2人が直前にマチャメルートに変更したと聞かされます。まさかのひとりでの登山・・・。急に不安になり、ガイドのアスマニに言うと「僕が一緒に居るから大丈夫。そのためのガイドなんだよ」と諭されました。

入山手続きやポーターの荷物の計量などで2時間ほど待たされます。

IMG 7956th

 

13時頃登山開始

IMG 7960th

初日はジャングルみたいな道を登っていきます。ペースが早くなると、アスマニに「ポレポレ」(ゆっくり)と言われるため、意識してスローペースで歩くよう心がけました。

IMG 7961th

1時間半ほど歩いたところにあるピクニックサイトで、ランチ休憩(併設トイレあり)。

IMG 7963th

登山中のランチは、毎日このような箱に入った状態で渡されました。自分でリュックに入れて運ぶのですが、ジュースが地味に重かったです。半分ぐらい残すとアスマニに「全部食べるように」と厳しく注意されてしまいました。これから標高が上がるにつれ食欲が減退するそう。おそろしや!

ゾウの鼻のような形の高山植物。かわいい。

IMG 7966th

 

16時頃マンダラハットに到着

初日は3時間ほどのトレッキングで終わりました。

IMG 7968th

荷物を山小屋に置くと、ティータイムが始まります。

IMG 7971th

高山病予防なのか、お茶をたくさん飲むよう工夫されているようですね。ほぼ毎回ポップコーンですが・・・

夕食の時間まで、Acclimatization(高度順応)のため、近くにあるクレーターまでハイキングしました(往復で30分ぐらい)。20代のケニア人ボーイズとご一緒させてもらいましたが、皆陽気で優しかったです。

IMG 7975th

このあたりは昔活火山だったため、クレーターができたそうです。噴火したのは紀元前のことなので、またアクティブになる可能性は低いとのこと。

IMG 7978th

ケニアボーイズは歩くペースがとても早かったです。このスピードの速さがこの後彼らの登山に影響することを、この時はまだ知る由もありませんでした・・・。

IMG 7994th

 

19時頃夕食

IMG 7995th

きゅうりのスープと、メインディッシュはサラダと炒め物です。ランチを食べたのが14時半頃だったのでお腹が空いていませんでしたが、無理して食べました。

IMG 7998th

ひとりのディナーテーブルはちょっとだけ淋しかったです。ケニアボーイズたちが時々話しかけてくれるのが唯一の救いでした。

宿泊する山小屋はこんな感じで、ここに寝袋を敷いて寝ます。

IMG 7970th

同室のクロアチア人のアニータは陽気で楽しく、すぐに打ち解けることができました。

夜中に胃の不快感と尿意で目が覚め、トイレに行ったらお腹を下してしまいました。食べてからすぐ寝たせいか完全にもたれていました。

 

初日からこれか・・・

ふと見上げると、空には満天の星が輝いていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-タンザニア
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.