photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

リトアニア

ビザの取得情報は流動的だと痛感した出来事 in リトアニア

2016/05/16

 

昨日リトアニアで無事取得したベラルーシのトランジットビザについて記しておきたいと思います。

 

 

ビリニュスでのベラルーシ・トランジットビザ取得情報【2015年7月時点】

この後ウクライナのキエフとリヴィウに向かうべく、ベラルーシの通過ビザ(48時間のトランジットビザ)を取得しました。私は代理店を使わず、ネット上で調べた過去の旅行者の情報を元に、自分で書類を準備して申請したのですが、意外とてこずってしまいました。

 

申請に必要なもの
  • パスポート(原本)とパスポートのコピー1部
  • 記入済のビザ申請書 このページから申請書をダウンロードし宿でプリントアウトし記入のうえ持参。パスポートサイズよりもやや小さめの顔写真も申請書に貼っておきます。
  • ベラルーシ入出国のチケットのコピー(コピーの提出を求められます)
  • 保険証書(大使館の向かいの旅行代理店で1.6ユーロで加入)

 

ベラルーシビザ写真サイズ

顔写真はこれが規定サイズのようです(大使館前の掲示板より)

 

 

トランジットビザ申請時の注意点

①ベラルーシのトランジットビザ取得には現在申請日も含め3営業日必要(土日を除く)

②入出国に関するチケットを事前に購入し、必ずコピーを取っておく

*問題はチケットの日付。これは後ほど詳細を書きます。

保険は要加入。ベラルーシ大使館の前に旅行代理店があるので、申請時当日の待ち時間を使って加入できます。

④申請書に「旅の目的」を書く欄があるのですが、そこにはTransit to (国名)等を記入しましょう。私はうっかりsightseeingなどと書いてしまったので、窓口で困惑されて書き直しさせられました。

 

 

噂通り激混みのベラルーシ大使館

ビザ申請の受付は朝8時半から始まります。私は8時前にはベラルーシ大使館に到着。

JppttIMG 20150729 075936 1

 

【ベラルーシ大使館(ビザ申請用)の場所】

 

ちなみに駅前から23番バスに乗ると、大使館のすぐ近くのバス停まで行ってくれます。旧市街から歩いても20〜30分ぐらいです。

 

JppttIMG 20150729 074720

入口のタッチパネルで整理券を受け取ります

 

書類申請は110番台から始まっているようで、私は9人目ぐらいでした。

JppttIMG 20150729 074858

 

8時になると、大使館の向かいにある旅行代理店が開くので、そこで保険に加入することに。代理店はふたつあり、左手のDAIGERAという会社は英語が通じました。そこで「トランジットビザだけど、保険は強制加入なの?」と聞くと「保険がないと申請できないよ」と言われました。保険期間は2日でも3日でも料金は変わらないようで、私が行った時は1.6ユーロでした。

JppttIMG 20150729 080855

保険を手配してくれる旅行代理店

 

8時半頃になると、大使館前は急に人が増え始めます。

JppttIMG 20150729 084609

 

電光掲示板で整理番号が表示され、整理券のバーコードを入口の機械にかざして入場するのですが、私が呼ばれたのは9時半頃のことでした。

 

私がビザを申請したのが水曜で、日程にも余裕を持たせて3日先の土曜にベラルーシに入国&4日先の日曜に出国する列車チケットをそれぞれ用意していました。

 

しかし、窓口に書類を提出すると「この列車チケットだとビザは発行できないわ」との返事。列車チケットを5日先のもの(月曜に入国、火曜に出国)のものに変更するよう言われました。「でも土日は大使館休みですよね?土曜出発のと月曜出発ので何が変わるんですか?」とつっこみましたが「私たちの規則だからどうにもできない」の一点張り・・・(笑)

 

担当者を変えたら返答が変わるんじゃないかと一瞬考えましたが、窓口も混んでいたし、ここで粘るよりその日中にビザ申請することが先決と思い、諦めて鉄道駅までチケットの変更をしに行きました。

 

ヴィリニュスの鉄道駅には国際線のチケットオフィスがあり、英語も通じるためスムーズに日付変更できました。出入国のチケット2枚合わせて54ユーロのチケットだったのですが、約5ユーロほどで日付変更が可能でした。まだダメージが少なくて良かった。

 

大使館に戻り、急いでまた申請用の整理券を発行。そして向かいの旅行代理店で保険の日付変更も済ませ、ひたすら順番を待ちました(保険の日付変更手数料は何故か無料でした)。

 

JppttIMG 20150729 114414

イライラしていたのでアイスを食べ始める私(笑)

 

申請の受付時間は12時半までですが、結局最後まで番号が呼ばれることがありませんでした。

 

どうなったと思います?

時間切れになるとアナウンスが流れ、最終的に全員大使館内に入ることができました。私も含め20人ぐらい居ましたね(笑)無事書類も受領され、金曜の午後16時にビザを受けとることができました!

 

もしかして土曜出発の列車チケットでも行けたんじゃ・・・?

という、わずかな疑問は残りましたが、ビザが無事取得できたのでまぁよしとします。

 

 

ベラルーシビザ関連情報

大使館に並んでいる時に雑談したオーストラリア人旅行者は、ミンスクのホステルで20ユーロほどで紹介状を発行してもらい、ツーリストビザを取得したらしいです。日本人旅行者のブログではベラルーシのツーリストビザを取得している人は見かけたことがないように思いますが、日本人も紹介状があればもしかしたら取得できるのかもしれません。ホステルの名前はTRINITY12というところのようでした。彼らは自分たちのブログも教えてくれ、ベラルーシビザ取得に関する記事も後々書くと言っていたので、もしアップされたらここで紹介しますね。

 

*2016/5/16更新 彼らのブログに記事が投稿されていたためリンク貼っておきます(英語)

 

ちなみにウクライナのキエフでベラルーシ・トランジットビザを取得した日本人の友人は、数ユーロで書類作成や保険加入を代行してくれる旅行代理店を利用し、比較的簡単にビザを取得したと言っていました。ウクライナだと簡単なんですね。

 

以上、ヴィリニュスでのベラルーシ・トランジットビザ取得体験記 in 2015でした。

ビザ取得情報は常に流動的なので、ビザを個人で取得される際には、事前に代理店や大使館に確認のうえ、最新の情報を入手されることをオススメします。
ブログ村の旅行ランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村

キーワードで検索する

-リトアニア
-, ,

N