photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

旅の地域情報下調べ

入国スタンプ別紙問題

2014/09/27

 

イスラエルの入国スタンプ問題

 

イスラエルは近隣のイスラム諸国と仲が悪いので、パスポートにイスラエルの入国スタンプが押してあると、近隣のイスラム諸国では入国拒否されるケースがあるらしいです。

 

 

入国が拒否される国

イラク、レバノン、リビア、サウジアラビア、スーダン、シリア、イエメン、ソマリア

参考リンク:海外旅行情報イスラエル

※赤文字は私が行ってみたいなと思っている国です。 

 

 

 

 

旅人は、別紙に入出国スタンプを押してもらうのが定番

 

パスポートにイスラエルの出入国のスタンプを押されるのを避けるために、「ノースタンプ、プリーズ」と入国審査の時に申告すると、パスポートではなく別紙にスタンプを押してもらえるようです。

 

複数のブログ情報によると、ヨルダンからイスラエルへは、キングフセインブリッジ(別名:Allenby Bridge)っていうイスラエル・ヨルダン国境から陸路入国するのがおすすめの様子。

 


大きな地図で見る
 

 

最近の世界一周ブログを読んでいたら、別紙スタンプではなくカードを渡されたという方もいらっしゃるようです。

 

参考ブログ:めんどくせぇ!イスラエル入国!|世界一周 ティナカの旅

 

イスラエルの入国事情は、周辺国を旅しながら、最新の情報を入手するといいかもしれません。

 

 

 

 

出国スタンプを押してもらわないということ

 

イスラエルに入国した履歴を残さないためには、イスラエルの直前に居た国の出入国スタンプも別紙に押してもらう必要があります。つまり、出国前に居た国の出国履歴が残らないことになります。

 

例えば、ヨルダンをノースタンプで出国しイスラエルに往復で行って戻って来るとしましょう。その時、イスラエルに行っている間もヨルダンのビザの有効期間が消化されることになるので、ビザの残り日数をオーバーしないように注意しないとならないとのことです。

 

ちなみに、ヨルダンのビザは入国時から1ヶ月有効です。(陸、海、空路の経路で無料で取得可能/出国税が別途10JDかかるそう)

参考リンク:ヨルダン ビザ・大使館・税関 |地球の歩き方

 

 

 

シリア情勢で周りにくくなった中東エリア

 

以前は中東の旅をする時に、トルコ→シリア→レバノン→ヨルダン→イスラエルというルートが効率が良かったようですが、シリアの情勢を考えると乗り継ぎであっても、シリアに入国するのはかなり気が引けてしまう。

過去記事:世界一周びびりまくり

 

飛行機でエジプトに入り、ダハブの近くからフェリーでヨルダンへ入国し、ヨルダンからイスラエルへ行った後は、余力があればヨルダンからレバノンへ飛行機で往復で行ってみようかなと思っています。

 

中東ルート

 

 

 

別紙に入国スタンプの国はイスラエルだけじゃない?!


大きな地図で見る
 

キプロス島は1974年からの南北分断によって、北キプロスにはトルコ系の住民が、南キプロスにはギリシャ系住民が居住しています。

 

北キプロスから入国した場合、別紙に入国スタンプを押してもらわないと南キプロスおよびギリシャに入国を拒否されることがあるそうです。

これも、トルコとギリシャが仲が悪いせいですね。

 

参考リンク

 

 

少しでもこの記事が参考になったら、1クリックで応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

 

キーワードで検索する

-旅の地域情報下調べ

N