摩周湖

登山

西別岳・摩周岳を縦走してきました

投稿日:

2021年9月25日
札幌を深夜2時半に出発です🚗
高速をぶっとばす札幌から道東までの高速料金が高いので(片道6,000円)、ケチって占冠IC〜足寄ICまでにしました。これだと半額の3,220円で行けて、夜間移動であれば所要時間も札幌IC〜足寄ICまで乗るのとそう変わらないのです。

なお、今回は車持ちのメンバーが居なかったため、レンタカーを48時間借りました。コンパクトカー指定で10,120円。悪くないんじゃないでしょうか。

7時頃 当初の目的地の雄阿寒岳登山口に到着したのですが、 てんきとくらすによると、「C」(風または雨が強く、登山に適していません)との予報。標高も1,370mとそこそこある山なので、無理をせず代替案として摩周岳を目指すことにしました。

8:30 西別岳登山口に到着

20分ほどオフロードを走り、ようやく西別岳登山口に到着です。登山口には山小屋がありますが、緊急事態宣言下では宿泊は不可だそうです。知り合いは以前こちらに前泊して縦走したという話をしていたと思います。

西別小屋

トイレも完備。水洗ではありませんが、トイレットペーパーも備え付けで置いてありました。
西別岳登山口のトイレ場所

摩周岳に登るのには2つのコースがあります。ひとつは摩周湖の第一展望台スタートのコース、もうひとつは西別岳の登山口スタートのコースです。どちらも片道7〜8kmで往復15kmぐらいのようです。

私たちは西別小屋(下の図の右下部分)からスタートし、西別岳を経由して摩周岳を目指すことにしました。

摩周岳コース

http://hokkaido.env.go.jp/kushiro/nature/data/mashu_2020jp.pdf

あいにくの小雨ですが、天気が晴れることを信じて入山です。8時半の時点で、西別岳登山口の駐車場にはすでに20台以上の車が止まっていました。
西別岳登山口
いざ入山最初は平坦な道が続き、強めの口調の看板を過ぎると、徐々に登り坂に変わります。
強めの口調看板がまん坂と呼ばれる急登です。このあたりですでに暑くなったのでレインパンツとジャケットを脱ぎ、戦闘モードに突入です。
がまん坂がまん坂からの眺め時折後ろを振り返りながら、意識を散らしつつ笑、登り切ります。
がまん坂終わりがまん坂が終わったら、まずはリスケ山。山の名前は、西別岳山小屋の管理人もされている加藤利助さんの名前に由来するそうです^^
リスケ山

写真の右奥に別のピーク(北西別岳)が見えるのですが、余力があれば帰りに寄ろうということでスキップし西別岳を目指すことにしました。結局、帰りに寄ることはありませんでしたが😅

リスケ山から元の分岐点に戻り、今度は西別岳方面へ向かいます。なんと雄大な景色なのでしょう。
西別岳に至る稜線ただ不思議なことに、歩くとあっという間に次の尾根に辿り着くんですよね・・・!距離感がよくわからない💦
ロングトレイル風晴れ間も徐々に見えてきて、遠くには摩周湖が顔を覗かせています!

摩周湖が見えた

紅葉も色づき始めていました。

遠くに見える摩周湖

10:00  西別岳山頂に到着

西別岳山頂
登山口から1時間半ほどで、コースの中間地点の西別岳山頂に到着です。眺めが良く、360度の道東の雄大な景色を楽しむことができます。

この後は急激な下りののち、又牛別岳を経由し、摩周湖第一展望台コースとの分岐点までは登りなしで進みます。

又牛別岳山頂看板

又牛別岳 山頂看板

分岐点までの林道

長い林道を抜けると、摩周湖第一展望台からのコースとの分岐点です。ベンチもあり休憩に便利です。
合流地点この分岐点から摩周岳山頂までは片道45分。尾根伝いに斜め上方向へ登り続けていく感じです。
摩周岳山頂まで

11:30 摩周岳山頂に到着

山頂手前から顔を覗かせたのは、憧れの摩周ブルー!!
摩周ブルーえ、ちょっと待って。摩周湖ってこんなに青かったんでしたっけ?!成人してから霧の摩周湖しか見たことがなかったので、びっくりしました。右下のあたりなんて、沖縄の海みたいですよね。
摩周岳に登る山頂は爆風ですが、意を決してコーヒータイム。やはり山頂でコーヒーを飲むのが、最高の瞬間です✨

摩周岳で山頂コーヒー
摩周岳山頂にて急遽雄阿寒岳からの変更でしたが、摩周岳にして大正解でした^^ ご覧の通り、山頂は大盛況。
摩周岳山頂にて早々に下山することにします。摩周岳、天気にも恵まれて最高でした!
摩周岳を遠方から

分岐点まで戻ってきて、ランチタイム♪SOTOのバーナーアルミクッカーでお湯を沸かし、カップヌードルを美味しく頂きました。これからの季節は冷え込むので、ガスバーナーが活躍しそうです。

分岐点でランチその後は登り返しがありますが、西別岳まで戻ってきたら後は下るだけです。西別岳から眺める摩周岳と摩周湖の景色は最高ですね。

西別岳山頂にて摩周湖15時頃無事に下山しました。

西別岳〜摩周岳コース
おすすめ度 
所要時間:6:16
距離:14km
序盤の「がまん坂」と、摩周岳から西別岳への登り返しは少し負荷が大きいですが、初心者でも登れるコースだと思います。リスケ山から摩周岳までの稜線がとにかく美しく、距離感がわからなくなるほど雄大な景色を楽しむことができます。晴れた日を狙ってぜひ踏破してみてください。

15: 45  摩周湖のあいすへ

登山の後は、やっぱりソフトクリーム!帰りに阿寒湖への経由地点の弟子屈町にある「摩周湖のあいす」さんに立ち寄ることにしました。摩周ブルー(ジェラート)×チーズソフトにしました。

摩周湖のあいす

摩周ブルーはラムネのような爽やかな味・・・チーズソフトはチーズの風味がしっかりしていて、ミルクも濃厚!ずっと気になっていたお店だったので来れて良かったです。
場所

阿寒湖温泉の手前の展望台から眺めた雄阿寒岳。今頃、晴れとるやないかーい!
雄阿寒岳

この日は1泊、阿寒湖に宿泊しました。続きは次回の記事で紹介しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-登山

Copyright© photowise , 2022 All Rights Reserved.