山を越えてはまた山

トレッキング 北海道

浦臼山〜樺戸山〜隈根尻山まで縦走してきたよ

更新日:

2020年6月21日
当別にある浦臼山から隈根尻山まで登ってきましたので、その縦走の様子を紹介します。

浦臼山へのアクセス

札幌中心部から車で約1時間半の場所にあります。意外と遠いですね💦
場所

登山口に向かう途中の道は、ぶどう畑でした。このあたりは、ワインが特産品のようですね。
後で調べたら、すぐ近くに鶴沼ワイナリーもあったみたいです。飲んだことあるわ・・・!!
ワイン畑ぶどう畑から山奥のオフロードに入り、車で少し走ると浦臼山登山口があります。先客の車が4台ほどありました。
浦臼山登山口
場所

9:00 浦臼山入山

最初はなだらかな道からスタート。途中、お花ゾーンが目を楽しませてくれます。
浦臼山のお花ゾーン

この看板のあたりからずーっと登り。
樺戸連峰の看板途中、石狩平野が見渡せるスポットで、ひと呼吸〜
浦臼山途中

10:15頃 浦臼山山頂到着

約1時間ほどで浦臼山の山頂に到着しました。

浦臼山山頂看板

石碑に書かれている暑寒別岳は行ってみたいですね。昨年雨竜沼湿原に行った時、遠くに見えた雪渓のゼブラ模様がとても格好良くて・・・。北海道で未踏の山、たくさんありすぎて困ります。

浦臼山の石碑

写真にも映ってますが、成長しきった筍がわんさか生えてました

1つ目のピークハントのご褒美におやつを食べた後、すぐさま次の樺戸山を目指します。
目指すは樺戸山この後、景色が一気に開け、石狩平野がよく見渡せる稜線が続きます。

石狩平野石狩平野を見渡せるスポットで、ひとりの女性が休憩していました。話しかけてみると、霧のため樺戸山への途中で引き返してきたのだとか。お昼用にポケットストーブで何かを調理しているようで、非常に気になりました(笑)。
私もいつか山でメスティン料理とかしてみたいな〜


アップダウンのある稜線が続きます・・・結構エグい角度の斜面ですね😅

樺戸山へ向かう途中
フォトジェニックな木山を越えてもまた山が連なっている。縦走ってロマンがありますよね〜😁

樺戸山手前

右手奥が隈根尻山です

11:30 樺戸山山頂到着

ここまでは順調なペース。お腹もぼちぼち空いてきましたが、相談して隈根尻山を往復してからランチにすることに決めました。
樺戸山山頂看板ここからがキツかったんですよ・・・!!まずは竹藪を刈った登山道を急降下。
竹藪刈りロード足元が滑るのでご注意ください(私はここで転倒)

竹の刈り残し

刈り残しの竹で、足元が不安定です

ボトムまで来ました。ここからは急登が待っています。
隈根尻山手前

竹を手で掴みながら、必死で山頂を目指しました。

12:15頃 隈根尻山山頂へ

本日の最終目的地、隈根尻山山頂に到着です〜 やった、やったよ!!

隈根尻山山頂

三角点よりも写真映えしそうな石碑の上でパチリ。甘くみてました。こんなに疲れるルートだったなんて!!山頂の石碑山頂は噂通り虫がたくさん居て落ち着かないので、さっさと樺戸山へ戻ることにします。
樺戸山へ戻ります

13:00 樺戸山山頂でランチ

樺戸山に戻ってきて、コンビニのパンやらおにぎりやらでランチタイムです。山頂で食べるごはんは、いつも美味しいです。
コーヒータイムこの日もiwakiのウォータードリップコーヒーサーバーで淹れたコーヒーを、モンベルのアルパインサーモボトルに入れて持ってきました。疲れた体に染み渡りますねえ。

水分補給なんだかんだいつも30分以上は山頂でのんびりしてしまうのですが、疲労が蓄積する前にすみやかに下山してしまいましょう。
下山時のパノラマ霧がかった天気が、午後にはすっかり快晴に変わっていました。山の神様、ありがとう。
帰りは快晴浦臼山山頂から登山口までが、そこそこ長いです。途中、相方も絶対飽きてたと思います・・・

15:30 下山

無事に登山口まで戻ってきました。往復6時間弱。頑張ったほうだと思います。

浦臼山下山

帰りは2時間弱で下山しました

下山後はうらうす温泉へ

コロナで温泉を自粛していたせいもあって、久しぶりの登山帰りの温泉です♨️
登山後の温泉、サイコー
うらうす温泉

料金:日帰り入浴410円
時間:午前10時から午後9時
コメント:ボディソープは備え付けですが、シャンプー・リンスはありませんので必要に応じてご持参ください(※購入も可能)
露天風呂はなく、熱めのお風呂がひとつ、少しぬるめの泡風呂、水風呂とサウナがありました。
(※2020年6月時点の情報です)

熱めのお湯なので、登山の後の筋肉疲労回復にも効果的✨ お風呂からは鶴沼公園の池を眺めることができました。

場所

樺戸連峰縦走まとめ

総コースタイム 6:17、距離14.7km、消費カロリー2020kcalでした。
樺戸連峰縦走の軌跡

難易度   隈根尻山パートが結構キツいです
絶景度   晴れていれば、樺戸連峰から石狩平野を見渡すことができます
おすすめ度   縦走に興味がある方にはかなりオススメのルートですね
コメント:熊に注意。なんとなく出そうな雰囲気がある場所でした。

熊注意

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-トレッキング, 北海道
-

Copyright© photowise , 2021 All Rights Reserved.