photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ライステラス

インドネシア

スクーターでウブド近郊の観光地巡り【ライステラス編】

更新日:

2018年1月4日 インドネシア・ウブド

午前9時起床

すっきりの朝

よく寝た・・・驚異の睡眠時間11時間!!

3日ほどまともに睡眠時間を取っていなかったので、本当にすっきりしました。

 

スクーターでウブド近郊の観光地巡り

Dが宿のスタッフに交渉し、スクーターをレンタルしてくれました。1日50,000ルピア(約410円)。スクーターの運転に慣れていない私は、後部座席でナビ担当です。ガソリン

途中で給油。満タンにして1回20,000ルピアぐらい=約165円。

テガララン・ライステラスへ

まず、ウブド北部にある棚田エリア、テガララン・ライステラスへ向かいました。スクーターで片道30分ぐらいです。

↓この田舎道がオススメ。途中、豪華なお寺つきの邸宅と遭遇できたり、道がぐねぐねしてて楽しいです。

お寺付きの邸宅

チケットを購入

駐車場にあるチケットオフィスで、入場券を購入します(10,000ルピア=約82円)。
※入場時に誰もチェックしませんでした。

テガララン・ライステラスのチケット
riceterrace

ライステラスの入口は何箇所かあるようですが、エリアの真ん中あたりが一番道が整備されていると思います。チケットオフィスの向かいあたりの入口(Ceking Sari Luwak Coffee)から入ると、ライステラスへの入口がわかりにくく、道も悪かったです。

参考
Ceking Sari Luwak Coffee ※コピルアックで有名なジャコウネコが見れ、コーヒーの試飲もできます。ルアック

ライステラスへの入口を見つけ、ステップを降りていき・・・

欧米人カップル下まで降りたら、見晴台を目指しまた登ります。

ライステラスのステップ
参考
見晴台に行く途中の関所みたいなところで、現地人にドネーションを要求されることが何度かありますが、嫌な人は通らなくてもいいです。少しだけ遠回りすれば、そこを通らなくても見晴台には行けますよ。

ライステラスの見晴台へ

これぞまさに、見たかったバリ島の景色!!
ライステラス2

見晴台

風が気持ちが良くて、30分ぐらいここでダラダラして過ごしましたよ。

テラスで涼む

見晴台には竹でできたブランコがあり、童心に戻ってブランコを漕いでいたら・・・竹ブランコ

ドネーション(寄付)

と、売店のおばさんに笑顔で声をかけられ、興冷めしました笑

帰りも軽いトレッキングです。

見晴台まで

そういや、ウブドはこの映画のロケ地としても有名みたいですね。(このライステラスも出てきますよ)

 

地元の食堂(ワルン)でランチタイム

お腹が空いたので、いったんスクーターでウブドに戻り、ランチを取ることにしました。

Warung Mangga Madu

プレートごはんがリーズナブルな料金で食べられる食堂です。だいたい1食30,000ルピア(約250円)しないぐらい。

ワルン飯

Dはナシチャンプルー(奥)、私はナシペセル(手前)を注文しました。ナシペセルはライスの上にテンペやチキン、野菜がたっぷり乗っていて、特にほうれんそうの胡麻和えみたいなのが、日本人にも馴染みのある味で美味しい!

メニュー

真ん中のAyam Kejuはフライドチキンの中にアツアツのチーズが入っているジャンキーな食べ物。滞在中にぜひ食べてみたかった〜

Warung Mangga Madu

お店はこんな感じで、清潔感がありました。バリごはん、美味しくて大満足です。

場所

続きはまた次回。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。2014年〜2016年まで世界一周バックパック旅行もしていました。現在は年に数回の海外出張と、東南アジアを中心にバックパック旅行を楽しんでいます。好きな国はタイ、モロッコ、キューバ、ポルトガル、スペインなど。

-インドネシア

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.