photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

キトのバスターミナル

エクアドル

キトからオタバロへ【オタバロの宿情報あり】

2015年3月13日 エクアドル・キト

バスはグアヤキルを経由し、朝の11時頃キトのQuitumbeバスターミナルに到着した。

キトのバスターミナル

キトには滞在せず、すぐに北にあるオタバロを目指す。この日は金曜日。オタバロでは毎週土曜に南米最大規模のマーケットが開催されるのだが、私もそれに合わせエクアドルに移動してきたのだった。

オタバロへのバスチケット

キト→オタバロのバス  3ドル(+バスターミナル使用料20セント)

エクアドルに入ってから急に通貨がアメリカドルに変わったため、戸惑ってしまう。紙幣はアメリカと全く同じものだが、コインだけは、エクアドルでしか使うことができないらしい。

キトのバスターミナル

Quitumbeのバスターミナルはとにかく巨大。周りの人に聞きながら、ようやくバス乗り場を見つけた。そして乗り込んだのは普通のローカルバス。

 

バスチケットには座席番号がなかったため、最初は適当に座っていたのだが、なんと私以外は何故か座席番号が割り振られており、満席のなか一人だけ立ち乗り状態に・・・。

ひとりオーバーブッキングですか(笑)

途中で空席ができたので移動し、乗車してきた売り子からチキンごはんを購入し、バス内で食べた。エクアドルの移動販売のごはんのクオリティが高く、テンションが上がります(確か2ドルぐらい)。

チキンご飯

 

国道沿いで下車

約2時間でオタバロに到着。ただし、バスのドライバーに降ろされたのは国道沿いの道だった。

オタバロ付近の国道

オタバロのバスターミナル行きのバスもあったはずだが、私が購入したのはオタバロを通過するだけのチケットだったらしい。そういえば、キトのバスターミナルでチケット売り場の人が「チケットがない」と言った後に、チケットを販売してくれたのはそういう事情だったのか、とこの時ようやく理解することができた。

 

maps.meで方角を確認しながら、オスプレーを引きずって街の中心部へ。途中タクシーに声をかけられたが意地で歩いた。(といっても15分ぐらい?)

 

オタバロの宿情報 Hostal Runnaway Inn

オタバロの土曜マーケットのメイン会場となる「Plaza de Ponchos」から2ブロックほどの場所にある。ちなみにオタバロはホステルのドミトリーでも同じぐらいの料金だったので、コスパは高いと思う。

シングルルーム 1泊10ドル(※2015年3月時点)

Hostal Runaway Inn

Hostal Runaway Inn内部
宿は吹き抜けになっており、家族連れが多く滞在していた。wifiも使用可。スタッフはちょっと英語が苦手そうだった。

Hostal Runaway Inn外観

宿の場所はGoogle mapにも登録されていますが、maps.meの地図のほうが正確なので貼っておきます。

 

オタバロマーケットの作家さんと遭遇

ホテルの廊下にはソファやテーブルが置かれており、ブログでも書こうと思い座っていると、オタバロマーケットに出店する作家さんと知り合いになった。彼はグアテマラ出身のアーティストで、作品を売りながら旅をしているそうだ。

宿で出会った作家さん

なんと蝶の羽をラミネート加工し、イヤリングを作っていた!

 

夜ごはんを食べにオタバロの街をひとり散策

治安はどうかな?とちょっと気になりましたが・・・

オタバロの教会

オタバロは土曜マーケットのため週末になると各地から人が集まってくるようで、人の賑わいもあり、細い路地に入ったりしなければ、特に問題なさそうな印象だった。(念のため貴重品は持たずに外出しました)

シモンボリバル広場

歩いている途中、オタバロの民族衣装のお店を発見!か、かわいい...

オタバロの民族衣装

テイスト的にはグアテマラに似てるかな?

偶然通りかかったタコス屋が繁盛していたので、夜ごはんはここに決定!

タコス屋

オタバロで食べたタコス

チキンタコス(2ドル)

タコス屋さん

あとはビールでもあればいいかなあ・・・と考えながら歩いていると、ボリビアで食べたようなソーセージ&ポテトの屋台があったので、つまみとして買って帰ることに。

ソーセージ&ポテト

ソーセージ&ポテトをテイクアウト
ソーセージ&ポテト(1ドル)+缶ビール(1.25ドル)。お腹もいっぱいになり、その日は早めに就寝しました。
 
次回は物欲爆発のオタバロマーケットについて紹介します。お楽しみに。

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-エクアドル
-,

N