photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ペルー

アレキパからプーノへ【宿情報あり】

2015年2月24日 ペルー・アレキパ

10泊したアレキパを去る日。

ミスティ山

サンドラのいえでは、毎日宿泊者が出発していくたびに見送っていたが、この日は自分の番だった。

焼きたてのパン

いつもと変わらない様子で、焼きたてのパンをほおばる

ブログを書いたり調べ物をしていると、決まって邪魔してくる犬もこんなに懐いた。(多分誰にでもだろうけど)

懐いた犬
日本人宿に長居は禁物。情が出てなかなか出にくくなってしまうからだ。

さあ、次の町へ進もう。

サンドラや同じ宿の仲間に見送られ、アレキパに到着した時と同じFlores社へ。
flores in アレキパ
9:44発 アレキパ→プーノ 20ソル(約770円)

プーノへ

プーノへ向う道すがら

プーノへ向かう途中の景色


途中にあった湖

途中にあった湖


フリアカ

プーノの手前にあるフリアカという町を車窓から。トゥクトゥクの配色がかわいい

 

 

チチカカ湖のほとりにあるプーノ

プーノはチチカカ湖に面する小さな町だ。標高3,800mほどあり、チチカカ湖は世界最高所にある湖とも言われている。チチカカ湖は琵琶湖の10倍ぐらいの大きさで、湖の西側(60%)がペルー領、東側(40%)がボリビア領だ。

ペルーからボリビアへ行く旅人はここで国境越えするらしい(逆ルートも然り)。私が南米を旅していた2014年頃、ここのイミグレでは悪質な嫌がらせを受けたという噂を他の旅人から聞いた。欧米人女子バックパッカー2人組が国境を越えようとした時、ボリビア側の入国審査官が賄賂として100ドルを支払うか、体を要求してきたというものだ。信じられない話だが、実際にあった話らしい。

バスターミナルに到着
夕方頃、プーノのバスターミナルに到着。アレキパから6時間もかかった。

 

プーノの宿情報

Manco Capac Inn

日本人旅行者の常宿。後から聞くと、有名な盗難宿だったらしい(笑)

シングル1泊20ソル(約770円)※バスターミナルからはタクシーで5ソルほど(約190円)

シングル

標高が高いせいか夜はかなり冷え込む。毛布+自前の寝袋の2枚体制で眠りについた。

宿にwifiはあるが、私が滞在中は全然使い物にならなかった。ホットシャワーはまぁまぁ。

レセプションでチチカカ湖のウロス島&タキーレ島ツアーに申し込みできる。
ウロス島ツアー1日ツアーで35ソル(約1,350円・昼食代別)

この写真見て思い出したけど、朝6:50発と集合時間が早くてキツかった。

 

プーノのレストラン情報

Manco Capac Innに泊まっていた日本人男性に教えてもらったレストランへ。

La Hosteria

La Hosteria

TOURIST MENU(スープ+メイン+デザート付きのコース)で18ソル(約700円)

スープ

トラウトのグリル

トラウトのグリル


アップルパイ

デザートにアップルパイ

メインメニューはピザやパスタ、グリルステーキやチキンからも選べた。(まだこのメニューが存在してるかは謎ですが)フリーwifiもありました。

プーノの町中は、お土産物屋やスーパー、ATMもひととおり揃っていて治安もそれほど悪くなさそう。

puno

プーノの大聖堂

次回はチチカカ湖の1日ツアーの様子でも。

 

*以上、2015年2月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ペルー
-,

N