photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

コレクティーボ

チリ

コレクティーボで快適すぎる国境越え【アリカ→タクナ】

2015年2月15日 チリ・アリカ

朝7時頃に宿をチェックアウトし、アリカの国際バスターミナルへ。

アリカの国際バスターミナル

【アクセス】アリカ中心部からコレクティーボ(シェアタクシー)で600チリペソ(約114円)

 

チリからペルーへの国境越えは、コレクティーボが便利

ペルーの国境の町タクナへは、乗り合いタクシー(コレクティーボ)でアクセスすることができる。

タクナ行きのコレクティーボ

周りの人に聞くと、ここではバスターミナル使用料を支払わなければならないようだ。バスターミナル入口付近のブースで、300チリペソ(約57円)を支払う。

アリカのバスターミナル使用料

 

コレクティーボといっても、ただの車だ。

コレクティーボ

アリカ→タクナまでの乗車料金:4,000ペソ(約760円)

私の大きな荷物はギリギリ後ろのトランクに入れることができた。乗車料金はどのタイミングで支払ったのかよく覚えていないが、出国手続きに必要な書類作成のため、確か事務所のようなところでパスポートを提示した気がする。

 

ペルーとの国境までは30分

国境へ向かう車内で、入出国のカードが配布された。テキパキと指示するコレクティーボの運転手は、まるで旅行会社の添乗員のようだ。

入出国カード

 

コレクティーボのドライバーは、イミグレに着くと私たち乗客を降ろし、出国手続きが終わるまで待っていてくれる。

チリ出国

さようなら、チリ(わずか5日間の滞在だった)

チリ出国後は、ふたたびコレクティーボに乗り、今度はペルーのイミグレで車から降りる、といった具合。なんとラクチンな国境越えなのだろう。

 

しかし、ここで気の緩みから、私はある失態を犯してしまう。

ペルーの入国審査官に「ペルーにはどれぐらい滞在する?」と聞かれ、適当に「2〜3週間ぐらい」と伝えてしまったのだ。結果、30日間のビザしかもらえなかった。ビザの日数は、返答と入国審査官の気分次第のようで、同じルートで国境越えした人の中には、60日間のビザをもらえたという人もいた。

※ペルーは見所が多く、結局滞在可能日数ぎりぎりの27日間の滞在となる

 

国境の町タクナに到着

終点は、タクナのバスターミナル周辺だった。ありがとう、コレクティーボの運転手。

タクナのバスターミナル周辺

写真・右手がバスターミナル

ひとまずペルーの現地通貨を調達するため、バスターミナル内にある両替ブースへ。バスターミナル内にはATMもあったが、南米ではスキミングが心配だったため、銀行併設のATM以外は極力使わないようにしていた。(おかげさまで一度もスキミングには遭ったことがない)

【両替】
余った2,300チリペソ→10ソルに(※1ソル=約38.5円)
50USドル→151.5ソル(※1ドル=3.03ソル)
※いずれも2015年2月時点でのレート

 

Kくんとは、旅のルートが異なるためここでお別れ。2日間だったが、とても楽しかった!チリとペルーは2時間の時差があり、国境越えしてもまだ朝の8時でとても不思議な感じだった。

 

ペルーのアレキパを目指す

次の町アレキパを目指し、バスターミナル向かいのFlores社へ。

flores

バスターミナル内

Floresのバスターミナルへは、1ソルほどの入場料を支払い入場。(ホームレス対策?)アレキパ行きのチケットは窓口でスムーズに購入できた。30分〜1時間置きぐらいにバスが出ているようだ。

スケジュール表

アレキパ行きのバス

朝8:30発のFlores社のバスでアレキパへ(20ソル=約770円・所要時間約5時間)

 

↓バスから眺めた様子。何気に砂丘アートがすごい
タクナの砂丘アート

ちなみにこのバス、ejecutivo(Exective)という種類なのだが、全くエグゼクティブ感はなかった。

バス内の売り子

バスに乗り込んで来た売り子から、エビのかき揚げを購入(4.5ソル=約173円)

えびのかき揚げ

南米のローカルバスは、よく売り子がバス停車中に乗り込んで来て車内販売を始めるのだが、結構美味しい食べ物もあったりするので、バスの楽しみのひとつだった。

 

バスは荒涼とした砂漠地帯をひたすら走る

バスからの景色

インカコーラを飲んでくつろいだりしているうちに、無事アレキパに到着!

Floresのバスターミナルinアレキパ

アレキパからプーノ行きのバスがあることを何気に確認

バスターミナルから宿までは、宿の人に言われたようにタクシーで向かった。アレキパはペルーでは比較的治安の良い町だが、観光客を狙った誘拐や首絞め強盗などの被害はゼロではないらしい。油断禁物なのだ。

 

ペルー・アレキパの宿情報

サンドラのいえ

サンドラのいえ
※画像は移転前の様子(2015年3月〜新しい場所に移転したようです)

 

サンドラママの絶品ペルー料理が食べられる日本人宿。黒木さんという日本人女性(現地の会社で働いている)がほぼ常駐していて、わからないことなども色々とサポートしてくれる。

私が滞在した2015年2月当時は、サンドラのいえはYanahuaraというエリアにあり、1泊目30ソル(朝食・夕食付き)・2泊目以降〜25ソルだった。(※料金は2016年現在も変わっていない様子)

私はスペイン語学校に1週間ほど通いながら、こちらに10泊させてもらった。宿は1泊2食付きで1,000円前後とコスパがものすごくいい。

 

※最新宿情報は下記ウェブサイトからどうぞ
サンドラのいえ

 

*以上、2015年2月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-チリ
-

N