photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

アンデスの山々に囲まれて

ボリビア

デスロードが本領発揮してきた【ルレナバケ→ラパス】

2015年2月1日 ボリビア・ルレナバケ→ラパス

ルレナバケでアマゾンツアーとお祭りを満喫した私たちは、バスでラパスに向かった。

ラパスまで地図

Google Mapだと車で約9時間の移動距離になっているが、道路状況が悪く、移動には丸一日かかると見ていい。その移動の様子の一部始終をお伝えしよう。

 

事件は突然起きた

真夜中ふと目を冷ますと、バスにまったく動きがないことに気づいた。

最初はトイレ休憩かなにかだろうと思ったが、真っ暗な山中で長い時間バスが止まっているのはおかしい。

 

同じバスに乗っていたチリ人男性のバックパッカーが、バスの運転手に何か尋ねたあと、様子を見るためにバスから降りていった。

 

数分後に、チリ人男性が戻ってきて、衝撃的な報告を受ける。

 

「この先に大きな車があるんだけど・・・」

 

彼はうまく英語で表現できないようだったが、手のひらをパッとひっくり返す仕草で私たちも状況を理解した。

 

この先の道で、車が横転しているのだ。

 

彼は「僕は歩いて次の町まで行くけど、君たちはどうする?」と尋ねてきたが、私たちは荷物も多く、真っ暗な山中で歩けるほど身軽ではなかった。私たちは他の乗客と一緒に、バスの中で朝が明けるのを待つことにした。

 

一夜明け・・・

あたりが明るくなったことを確認し、バスの外に出てみる。

ラパスへ

私たちが乗っていたバス

早朝の山中

前方にバスが1台止まっているが、いつからあるのかわからない

 

ドライバー席には人が乗っているが、乗客の気配がまるでない。

止まっているバス

トラックが横転

そこには、道を大きく塞ぐトラックの姿があった。

 

もし私たちのバスが、少し先を走っていたら・・・

トラックの横転の巻き添えになり、大事故になっていたかもしれない。背筋がひやっとした。

 

しばらくすると牽引車がやってきて、3時間ほどで道路は復旧し、バスはラパスへ移動を再開することができた。山中で約6時間も立ち往生していたことになる。

バナナの木などが生い茂る

 

小さな村にたどり着く

この日はじめての食事をいただく。

翌朝の休憩

食堂の様子

しっかり目に食べる

可もなく不可もない、安定のボリビア飯である。

近くに座っていた他国のバックパッカーグループは、近所の売店で買ってきたらしいパンと持参のアボカドでサンドイッチを作り食べ始めた。こんなところで自炊をするとは…

 

なかなか発車しないバス

次にバスが停車したのは少し大きめの町。ラパスからルレナバケに向かう途中、夕食休憩で立ち寄った場所だった。

大きめな町

この町で乗客が一気に降りていったが、なかなかバスは発車しなかった。空いた席を埋めようとしているようだ。バス内は一切クーラーが効いていないため、外に出て待つことに。

にわとりに水を飲ませる

鶏に水を飲ませ始める女性。私たちも近くでジュースを買ってきたりして、気分転換しながらバスの発車を待った。・・・バスが発車したのは1時間も後のことだった。

途中メカニックへ立ち寄る

途中、バスは車の整備屋に立ち寄りメンテナンスを行っていた

ラパスまであとわずかのところで・・・

アンデスの山々に囲まれて

広大なアンデス山脈を横目に、バスは小さな山道を着実に進んでいた。

ラパス行きのバスの中

ラパスまであと数十キロ。

宿に辿り着いたら、熱々のシャワーを浴びて、ベットに横になりたい。

 

そんなことを考えていた矢先、バスが止まった。

なんとこの先の道が、事故で通行止になっていたのだった!

ラパスへ帰りたい

↑他の乗客と一緒にバスを降り、荷物を抱え次の小さな町まで歩く私たち

 

小さな町のコレクティーボ乗り場には行き場を失った人たちが殺到し、私たちも少し苦戦したものの、なんとかラパス行きの車に乗せてもらうことができた。無事に宿に到着したのはルレナバケを出てから、約24時間後のことだった。

 

最後に

中華でお疲れ様会

↑無事生還をお祝いし、ラパスの中華料理店で打ち上げをしているところ

 

ラパス〜ルレナバケ間のバスルートは、まさにデスロード。

雨季にルレナバケに行かれる方は、くれぐれもご注意ください。

関連記事:デスロードを行く恐怖のバス旅【ラパス→ルレナバケ】

 

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ボリビア

N