photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ラパス・セントロの街並み

ボリビア

ボリビア・ラパスで高山病にかかる【ちょっと怖い宿情報あり】

2016/11/12

2015年1月21日 ボリビア・ラパス

約2年前の記事ですので、当時の価格や事情が変わっている可能性があります。情報収集のためにこの記事を読んでくださっている方は、参考程度にお読みいただければ幸いです

✈︎  ✈︎  ✈︎

 

到着早々、高山病に・・・

ブラジル・サンパウロからボリビア航空でひとっとび、ラパスのエル・アルト国際空港に到着した。

ラパスに到着

この空港の標高は約4,061mと非常に高い。

サンパウロ・グアルーニョス国際空港との標高差、なんと約3,311m。

 

実は空港に到着してから、なんとなく手の痺れと疲れを感じていた。

初めての高山病が、ボリビア・ラパスの空港になるとは・・・。

 

エル・アルト国際空港には小さな医務室があり、酸素ボンベを吸わせてくれるとネットで読んだことがあったため、助けを求めるように行ってみると「酸素ボンベは廃止された」とのこと。

 

代わりに看護師が、高山病にかかった時の対策を教えてくれるという。

 

「ゆっくり歩き、ゆっくりと呼吸をすること」

・・・だそうだ。

 

 

ミニバスで中心部まで移動してみた

ひとりで空港に降り立った私。エル・アルト空港には日本人が何人かいたが、皆到着ではなく出発組らしく、中心部までタクシーをシェアできる相手が見つかりそうになかった。

 

到着して早々お高いタクシーに乗るのは、なんだか癪。

ただそれだけの理由で、私は高山病にも関わらず、60Lのコロコロバックを引っ張り、地元の人が並ぶミニバス乗り場へ向かった。

ミニバスでラパス中心部へ

中心部までのコレクティーボ 4ボリ(約68円) ※2015年当時のレート 1ボリ=約17円

荷物は荷台へ

荷物は荷台に載せてくれた

 

こんなに安くていいんだろうか?と思っていたら、この後このミニバスにぎゅう詰めに人が乗り込んで来た。安いものには理由がある。(このぎゅう詰めの時にスリに遭う可能性もあるので、貴重品はしっかりしまっておいた方がいい)

 

セントロで降ろして欲しい(Centro, por favor)とドライバーに告げ、スマホのマップアプリを確認しながらPlaza Mayor(マヨール広場)のあたりで下車した。

ラパス・セントロの街並み

ラパス・セントロの街並み

 

 

ラパスの宿情報「Hostal Austria」

セントロで下車したものの、目的のお宿「Hostal Austria」までは、なかなかの急な坂道だった。高山病にかかっちゃった人は、素直にここまでタクシーで来たらいいと思う。ボラれるかもしれないけどね。

Hostal Austria

ドミトリー部屋 35ボリ(約600円)

Hotel Austria

相部屋になったのは、日本人女性。このHostal Austriaは日本人オーナーではないが、日本人が溜まる日本人宿として有名だった。キッチン、wifi(電波弱め)、ホットシャワー(ただしホットにならない時間帯もある)も完備。

 

ちょっと怖い話

2泊目あたりに相部屋の女性から聞いたのだが、私がチェックインする数日前に、日本人女性2人組がこの宿の入口の階段で、ボリビア人4〜5人に首絞め強盗に遭い、貴重品をすべて奪われるという事件が起きていた。(※2015年1月頃の話です)

相部屋の女性はその時ちょうどロビーに居て、猫のような声を聞いたという。それは、首絞め強盗に遭った日本人女性たちの声だったらしい・・・。

この宿は通りから建物の中に入った2階部分にあるため、入口は暗く死角になっている。その話を聞いて以来、この宿を出入りする時は必ず後ろを振り返って確認するようにした。

 

さらに、ここは盗難宿としても有名だった。

ドミトリー内でバックの中に保管していたアメリカドルがなくなっていた、という話も。それが相部屋の方の仕業なのか、従業員の仕業なのかは定かではないが・・・。すべては自己責任なのだ。

 

そんななか私が一番驚いたのは、日本人グループがリレプションに財布を預けていたこと。

✈︎  ✈︎  ✈︎

ウユニ塩湖の鏡張りシーズンの1月〜3月は日本からの短期旅行者が数多くラパスを訪れるらしく、旅慣れしていない日本人が強盗団のターゲットになっているという話も聞いたこともある。

 

はっきりいって、ラパスは世界のなかでも治安が悪いほうだと思う。なるべくひとりで行動しない、電子機器を道端で見せない、現金をあまり持ち歩かない。特に夜間の外出は避けるのが無難です。(夜景を何人かで見に行きましたけど・・・)

 

ボリビアの最新の治安情報はこちらの掲示板が参考になりますので、渡航の予定がある方はチェックしてみてください。

在ボリビア日本大使館領事班の掲示板 - ボリビアにおける治安、安全、災害、医療情報をリアルタイムでお知らせする掲示板です。

 

ラパス到着初日は宿周辺をぷらっと散策した後、コカ茶を飲んでおとなしく宿で休みましたとさ。

コカ茶

コカ茶は標高の高いボリビアやペルーで一般的に飲まれていて、高山病の症状を緩和させると言われています。

 

次回はラパスの街歩きの様子を紹介します。

2年前の記事だけど、意外と書けそう笑

 

*以上、2015年1月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ボリ=約17円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

キーワードで検索する

-ボリビア
-, ,

N