旅が好きな人のための情報系写真ブログ

リヴィウの街並み

スポンサーリンク

ロシア&東欧 費用まとめ

東欧5カ国まとめ【費用・ルートなど】

投稿日:

旅のまとめ、東欧5カ国編(ラトビア・リトアニア・ベラルーシ・ウクライナ・ポーランド)です。

東欧5カ国周遊にかかった費用

国名 費用 期間 日数
ラトビア 8,117 2015年7月24日〜7月26日 3
リトアニア 30,348 2015年7月27日〜8月2日 7
ベラルーシ 1,151 2015年8月3日〜8月4日 2
ウクライナ 18,169 2015年8月5日〜8月13日 9
ポーランド 17,123 2015年8月14日〜8月18日 5
合計 74,908 26

各国平均すると、1日あたりの費用はあたり2,800円ぐらい。

 

1日あたりの費用・主な出費内訳(円)
 国名  食費  宿代  交通費  観光費
 ラトビア  1,089  363  1,222 0
 リトアニア  877  1,078  1,884 155
 ベラルーシ  216  0  195 117
 ウクライナ  534  58  778 119
 ポーランド  737  0  335 818

東欧ではカウチサーフィンをかなり活用していたため、宿代はあまり参考になりません。食費はラトビアのリガだけちょっと高めですが、それ以外は概して安く、節約派のバックパッカーにもオススメできるエリアです。

ちなみに各国の通貨はラトビア・リトアニアはユーロ、それ以外は自国通貨です。ベラルーシの少額紙幣は、近隣国では両替として受け取ってもらえないところも多いようなので、ドルから必要分だけ両替してベラルーシ内で使い切ってしまうのがベストだと思います。

 

東欧5カ国周遊ルート

スタート地点のラトビアのリガへはロシアのサンクトペテルブルクからバスで入り、そこからはほとんどバス移動でポーランド・クラクフまで。(そのあとは飛行機でスペイン・バルセロナへ)

リトアニア・ヴィリニュスからベラルーシ・ミンスクまでは電車を利用しました。

 

東欧5カ国で印象に残ったエピソード

ラトビアの弁護士と街歩き

メキシコのグアナファトで出会ったラトビア人の友人宅に居候させてもらいました。

maris

関連記事:リガでラトビア男子と再会

 

リトアニア・十字架の丘へ

ビリニュスから日帰りで、十字架の丘へ。

シャウレイ十字架の丘

かつてリトアニアが旧ソ連の統治下にあった頃、自国への忠誠心を示しこの丘で十字架を捧げたのをきっかけに、十字架が増え続けたらしい。

 

ロシアよりも旧ソ連っぽいベラルーシ

ミンスク

ベラルーシは48時間のみの滞在(ウクライナへのトランジットビザ)。ミンスクの街並は、無機質で旧ソ連っぽい建物が目についた。ミンスク滞在中は、カウチサーフィンで知り合ったSvetaがフルでおもてなししてくれた。

関連記事:48時間のトランジット in ベラルーシ

 

ウクライナの愛のトンネル

愛のトンネル

ひとりで行ったけど、途中ヒッチハイクしたりと何だかんだ楽しかったので。

関連記事:ウクライナの愛のトンネルに行ってきました

 

キエフの夜の散歩

カウチサーフィンのホストEdgarと夜のキエフを探検。(所要時間約3時間)

キエフの夜の散歩

関連記事:ウクライナが大好きになった理由とは・・・

 

リヴィウでの日々

リヴィウでもカウチサーフィン。ウクライナ人の友達との街歩きも楽しかった。

リヴィウの仲間たち

関連記事:ウクライナのキュートな街リヴィウ

 

ポーランド・アウシュヴィッツ強制収容所

いつか自分の目で見たいと思っていた負の遺産。おびただしいほどの遺品の数に言葉を失ったけれど、人間の残酷さや命の大切さについて考えるいい機会となりました。

アウシュヴィッツ

関連記事:ポーランドのクラクフで見たもの、感じたこと

 

以上、東欧5カ国まとめでした。

今振り返ってみると、東欧ではずいぶんカウチサーフィンをしていたようです。東欧の人々は想像以上に親切で優しい人が非常に多い印象を受けました。一方で、観光客を狙った盗難被害もよく聞きますので、貴重品管理には十分ご注意を。

 

次回はまとめ記事ラストスパート、インド・ネパール・タイ編です。

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

-ロシア&東欧, 費用まとめ
-,

Copyright© , 2017 All Rights Reserved.