タイ

タイのSIMカード情報と世界一周帰国後の格安SIM

更新日:

タイのコンビニで気軽に購入できるSIMカード

今回タイの滞在中に購入したのが、True move社のSIMカードです。
Thailandsim

内容

  • 100バーツ分の無料通話付き
  • 7日間の無制限インターネット付き

→価格は299バーツ(約900円)

今回タイには10日間の滞在だったため、滞在2日目に購入し、ソンクラン中やタオ島&パンガン島に行った時にもインターネットや通話が使うことができて非常に便利でした。

 

セブンイレブンで購入したらセッティングもしてくれた

店員さんに新規でのSIMカード購入である旨を伝えると、なんと開通作業までやってくれました。たまたま当たった店員さんが親切だけだったのかもしれませんが、自分でAPN(アクセスポイント)を入力して、データ通信できるか確認するのも面倒なので大助かりです。

手続き時に必要なもの

icon-check-square パスポート(原本)

SIMカードの開通作業の際に提示が必要なので、パスポートを持参しましょう(コピーは不可と言われました)

icon-check-square SIMフリー携帯

Amazonなどで海外生産のSIMフリー携帯が安価で手に入ります。海外旅行に行くのが多い人ならSIMフリー携帯を持っておくと何かと便利ですよ。(*日本語対応していない機種もあるので、メニューが英語表示だと困る人は、購入前にショップに問い合わせるのが確実です)

 

SIMフリー携帯は日本国内でも使うことができる

SIMフリー携帯の話題が出たので、次は日本国内の格安SIMについて紹介しますね。

私は帰国後、世界一周中にケニアで購入したLenovoのSIMフリー携帯に、楽天モバイルの格安SIMを入れて使うことにしました。


  • 楽天SIMなら3GBのデータ通信+通話機能付きで月々1,600円〜(通話料別)
  • プラス300円で留守電機能を追加することも可能
  • 通話アプリをダウンロードして、アプリから電話をかければ10円/30秒(発信者の番号も表示される)なお、通話が多めな人には5分かけ放題なるオプションもあり。
  • 楽天カードで支払いをすれば、月々の支払いから楽天ポイントも貯まる。

*データ+音声付きSIMで契約の場合は、1年以内の解約すると違約金9,800円が発生するので注意

*NTTドコモ端末の場合、SIMロックを解除しなくても利用可能→動作確認端末はこちら

(以上2016年5月8日時点での情報です)

 

契約して約1週間経ちますが、今のところ快適に使えています。回線はNTTドコモのものを使っているようなので、お住まいのエリアがカバーされていれば問題なく使えると思います。

SIMが届いた後、自分でAPN(アクセスポイント)の設定をする必要がありますが、不明点があれば、ホームページ上からオンラインチャットでオペレーターに質問することもできるため、安心して使うことができました。

 

最後に

こちらのバナーから楽天の格安SIMに申し込んでいただけると、私にちょっとしたお小遣いが入る仕組みになっているので、もし興味があればよろしくお願いします。 えへへ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-タイ

Copyright© photowise , 2019 All Rights Reserved.