photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

タイ

タイのSIMカード情報と世界一周帰国後の格安SIM

2016/05/10

ソンクラーンの記事もひと段落したところで、タイのSIMカード情報について紹介してみようと思う。

Thailandsim

 

 

タイのコンビニで気軽に購入できるSIMカード

 

今回タイの滞在中に購入したのがTrue move社のSIMカード。

 

内容としては・・・

  • 100バーツ分の無料通話付き
  • 7日間の無制限インターネット付き

→価格は299バーツ(約900円)

 

タイには10日間の滞在だったため、滞在2日目あたりに購入し、ソンクラーン中やタオ島&パンガン島に行った時にもインターネットや通話が使うことができ非常に便利だった。

 

 

セブンイレブンで購入したらセッティングもしてくれた

店員さんに新規でのSIMカード購入である旨を伝えると、なんと開通作業までやってくれた。たまたま当たった店員さんが親切だけだったのかもしれないが、自分でAPN(アクセスポイント)を入力して、データ通信できるか確認するのも面倒なので大助かりだった。

 

手続き時に必要なもの

icon-check-square パスポート(原本)

SIMカードの開通作業の際に提示が必要なので、パスポートを持参しよう(コピーは不可と言われた)

 

icon-check-square SIMフリー携帯

最近Amazonなどでは海外生産のSIMフリー携帯が安価で手に入る。海外旅行に行くのが多い人ならSIMフリー携帯を持っておくと何かと便利だ。(*なかには日本語対応していない機種もあるので、メニューが英語表示だと困る人は購入前にショップに問い合わせるといい)

 

 

 

SIMフリー携帯は日本国内でも使うことができる

SIMフリー携帯の話題が出たので、次は日本国内の格安SIMについて紹介しよう。

私は世界一周中にケニアでLenovoのSIMフリー携帯を購入したのだが、帰国後は楽天モバイルの格安SIMを入れて使うことにした。


  • 楽天SIMなら3GBのデータ通信+通話機能付きで月々1,600円〜(通話料別)
  • プラス300円で留守電機能を追加することも可能
  • 通話アプリをダウンロードして、アプリから電話をかければ10円/30秒(発信者の番号も表示される)なお、通話が多めな人には5分かけ放題なるオプションもあり。
  • 楽天カードで支払いをすれば、月々の支払いから楽天ポイントも貯まる。

*データ+音声付きSIMで契約の場合は、1年以内の解約すると違約金9,800円が発生するので注意

*NTTドコモ端末の場合、SIMロックを解除しなくても利用可能→動作確認端末はこちら

(以上2016年5月8日時点での情報です)

 

 

契約して約1週間経つが、今のところ快適に使えている。楽天モバイルの回線はNTTドコモのものを使っているようなので、お住まいのエリアがカバーされていれば問題なく使えるだろう。

 

SIMが届いた後、自分でAPN(アクセスポイント)の設定をする必要があるが、不明点があれば、ホームページ上からオンラインチャットでオペレーターに質問することもできる。サポートもしっかりしているので安心して使えるのだ。

 

 

最後に

こちらのバナーから楽天の格安SIMに申し込んでいただけると、私にちょっとしたお小遣いが入る仕組みになっているので、もし興味があればよろしくお願いします。 えへへ。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓クリックして応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

キーワードで検索する

-タイ
-, ,

N