photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

インド

インドを訪れる人必見・美しすぎるエローラ遺跡

2016年3月14日 インド・アウランガバード

 

ブログはインド編に戻ります。

オーストリア人のクリスと一緒に、アウランガバードから日帰りでエローラ遺跡へ。(移動情報は記事の一番下に記載します)

 

エローラ遺跡はインドに来たら絶対に見るべきと、ハンピで会った旅人に言われたので来てみたが、実際に素晴らしく期待値を遥かに越えていたのでここで紹介したいと思う。

 

 

 

エローラ遺跡とは?

仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟群からなる遺跡。世界遺産にも登録されている。アジャンタ石窟群(次回の記事で紹介する)は壁画の美しさが際立つのに対し、エローラ遺跡は彫刻の造形美が見どころといっていいかもしれない。

 

石窟は第1窟〜34窟まであり、最大の見どころは第16窟(ヒンドゥー教石窟)のカイラーサナータ寺院。8世紀頃から約100年かけ、幅47m・奥行き81m・高さ33mにわたる巨大なな岩山を職人たちがノミで掘って作り上げたという。長い年月をかけ、精巧に作り上げた芸術品を目にした瞬間、あまりのスケールの壮大さに思わず言葉を失うだろう。

20160314 IMG 6156th

エローラ遺跡は、間違いなくインドで訪れるべき場所のひとつである

 

 

他にも見どころ満載のエローラ遺跡の石窟群をいくつか写真で紹介しよう。

20160314 IMG 6058th

 

 

仏教石窟群

7〜8世紀にインドで仏教が衰退していく時期に作られたという石窟群。主に貯蔵庫や僧院として使われていたものが多く、中には未完成や修復中の石窟もいくつかあった。

20160314 IMG 6076th

CAVE2より 内部の回廊には仏像が並んでいる

 

20160314 IMG 6094th

CAVE10 仏塔が収められている石窟

 

20160314 IMG 6103th

CAVE12 アパートのようなつくりの石窟

 

20160314 IMG 6107th

中には壁に彫られた仏像も

 

20160314 IMG 6120th

僧侶たちはここで瞑想などをして過ごしていたのだろうか・・・

 

20160314 IMG 6126th

まるでダンジョンのような広い回廊

 

 

ヒンドゥー教石窟群

仏教の石窟との大きな違いは、こちらは僧院としてではなく神々を祀る目的として作られたものということだ。

20160314 IMG 6139th

CAVE16 カイラーサナータ寺院の入口

 

20160314 IMG 6142th

これがひとつの岩を彫ってできた寺院とは思えない・・・

 

20160314 IMG 6143th

中央に本殿・前殿がありそれを取り囲むようにして回廊がある

 

20160314 IMG 6145th

ひんやりと涼しい回廊

 

20160314 IMG 6150th

本殿の廻りにほどこされた彫刻(ゾウがライオンにチュー)

 

20160314 IMG 6158th

 

 

 

ジャイナ教石窟群

エローラ遺跡の中では、個人的にジャイナ教の石窟群がズバ抜けて美しいと思った。

20160314 IMG 6184th

特に柱や天井などの装飾の細やかさは見応えがある

 

20160314 IMG 6186th

彫刻もより立体的な表現に

 

20160314 IMG 6227th

岩の影にも寺院があったので行ってみた

 

20160314 IMG 6232th

内部にはとても幸せそうなふたりの彫刻

 

エローラ遺跡は造形的な美しさだけでも楽しめたので、宗教についてより深い知識があればより楽しめるだろう。石窟ごとには看板がついているが英語表記なので、なかなか頭に入りにくかった。予算があれば、ガイドをつけて見学するのが望ましいだろう。

 

 

 

エローラ遺跡の帰りにミニ・タージマハルへ

今回のインドの旅ではアグラに行く時間がなかったため、アウランガバードにあるミニ・タージマハルに行ってみることにした。

20160314 IMG 6244th

 

20160314 IMG 6248th

 

20160314 IMG 20160314 175859th

 

ここは観光客よりも地元の人の憩いの場となっていた。時間帯としては夕方になってしまったが、昼間に見たほうが建物の白さがより際立って良かったかもしれない。正面の中央にある霊廟は、内部を見学することもできる。

 

 

【移動情報】

エローラ遺跡へのアクセス

アウランガバードのセントラルバスターミナルよりエローラ行きのバスに乗車(運賃:32ルピー)し、約45分。朝6:30頃から30分置きにバスは出ている様子。

20160315 IMG 20160315 080555th

*セントラルバスターミナルへは鉄道駅付近からだとリキシャー1台30〜40ルピー前後でアクセス可能

 

エローラ遺跡の入場チケットは250ルピー(2016年3月時点)

1日有効で出入り自由。エローラ遺跡の廻りにはそれほど高くない飲食店があるため、昼休憩は一度外に出て食べた。

20160314 IMG 20160314 134748th

ターリー80ルピー(約130円)

 

また、エローラ遺跡内は広く、仏教石窟群からジャイナ教石窟群までのアクセスはバスが便利だ。遺跡内のバスは往復で20ルピー。エローラ遺跡からの帰りは乗り合いリキシャーで、アウランガバードのセントラルバスターミナル付近まで帰着(運賃:40ルピー)。

 

 

ミニ・タージマハール(BIBI-KA-MAQBARA)までのアクセス

エローラ遺跡からの帰りに、セントラルバスターミナル付近でリキシャーを拾った。(運賃:1台90ルピー)ミニ・タージマハールの入場料は100ルピー(約165円)。帰りは鉄道駅までまたリキシャーに乗り、運賃は1台150ルピーだった。

20160314 IMG 20160314 221914th

ミニ・タージマハールの入場チケット

 

旅の参考になれば幸いです。

*以上、2016年3月時点での情報を元に記事を作成しました。

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓帰国日まであと3日。下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

 

キーワードで検索する

-インド
-, , ,

N