アメリカ

ニューヨークで約30年越しに叶えた夢

更新日:

5/12 幼少の頃からずっと行きたかったあの場所に、ようやく行くことができました。

メトロポリタンミュージアム

みんなのうたで見て以来、ここに行くんだと決めていました。昔の曲なので、もしかしたらご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんね。

N
Youtubeで「メトロポリタンミュージアム」で検索してみてください

まさに、約30年越しに叶えた夢。まさか本当にこの場所にやってきたなんて、30年前の自分は想像もできなかっただろうな・・・

JppttIMG 3336

メトロポリタンミュージアムの入場料は太っ腹!

まず驚いたのがこのミュージアムのチケット料金。このミュージアムの正規のチケット料金は25ドルなのですが、実際にチケットブースに行くと「好きな額を支払ってください」と言われます。これって、1ドルでも入館できてしまうということですよね!こんな美術館今まで見たことがありません。

日本語のガイドツアーで作品を楽しもう

こちらのミュージアムは、オーディオガイドをレンタルしてひとつひとつ作品を楽しむのも良いのですが、全部見ようとしたら2〜3日ぐらいかかるんじゃないかというぐらい作品数が多いです。短い時間で最大限アートを楽しみたいという方は、無料のガイドツアーを利用するのもいいと思います。

▼ガイドツアーのスケジュールはこのページでチェックできます。

Tours | The Metropolitan Museum of Art

 

 

 

私もハイライトツアー (Museum Highlights in Japanese)に参加してみました!学芸員の方は作品に隠された諸説やポイントなどもわかりやすく解説してくれるので、とても興味深く楽しい時間を過ごすことができました。ハイライトツアーはかなり広範囲に館内を動き回ったので、歩きやすい靴で参加するといいかもしれません。

ナイル川をイメージしたエジプト美術の展示

柱に彫られたモチーフは、なんと外壁と内壁とで掘り方が違います。浮き彫りと沈み掘りを使い分けることによって、モチーフを見やすくする効果があったそうです。

JppttIMG 3372 1

尾形光琳の「八橋図屏風」を鑑賞

平面的でいて、不思議な奥行きと立体感が味わえる素敵な作品です。

JppttIMG 3347 1

ヨーロッパ・ハプスブルグ家のコレクションルームは圧巻

実際のウィーンのシェーンブルン宮殿の展示室に退けを取らないぐらいの美しさです。

JppttIMG 3366

特別展は中国文化とファッションをテーマにした展示

ガイドツアーの学芸員さんも「おもしろいから絶対見て!」と激推しの展示です。

JppttIMG 3379

中国の人民服や着物にインスパイアされて作られた最新ファッションの数々

JppttIMG 3384

香港のウォン・カーウァイ(恋する惑星で有名な映画監督)の作品で使われている衣装を展示しているブースなど

JppttIMG 3387

こちらは中国の陶磁器からインスパイアされたドレスだそうです

JppttIMG 3413

JppttIMG 3371

中国の勢いを感じる素晴らしい展示でした。China Through the looking Glassは2015年8月16日まで展示されていますので、タイミングが合えば是非観てみてください。

作品鑑賞に疲れたら、休憩スポットへ

5Fのルーフガーデンは、マンハッタンが一望できる穴場スポットです

JppttIMG 3429

Manhattanportage

何か記憶にあるなあと思ったら、マンハッタンポーテージの鞄のマークと一緒でした!

おなかが空いたら、ミュージアムの前のベンダー(屋台)でテイクアウトして食事をすることもできます。

JppttIMG 3332

地下にあるカフェテリアで休憩するのもいいですよ!

JppttIMG 3442 1

丸一日使って、メトロポリタンミュージアムを満喫しました。見ていないブースもまだあるので、機会があればまた是非行きたいです。

場所

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-アメリカ

Copyright© photowise , 2019 All Rights Reserved.