photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

世界一周準備

海外キャッシングってどうなの?

2014/08/26

こんばんは!

今日はゆっくり時間が取れたので、カード会社に電話して質問したり、ネットで調べたりして海外キャッシングについて勉強してみました。

 

 

クレジットカードのキャッシングについて

 

私は今まで海外のATMで現金を下ろす時には、新生銀行の国際キャッシュカードしか使った事がありませんでした。

ただ、クレジットカードの海外キャッシングだと、海外のATMでオトクに現金を引き出すことができるという話を聞き調べてみました。

*現地ATMによっては引き出し手数料がかかるところもあるようです。(カード会社のサイトの注意書きにあり)

 

基本的な利息の計算方法はこちら

 

利用金額(レート換算後の日本円)×融資利率(年利*①)×利用日数*②÷365日(うるう年は366日で計算)

 

①年利について

これは使用するカードによって違いますが、この数値は低ければ低いほどオトクです。

年利は18%のカードが多いみたいですが、私が持っているCITIのリワードカードは年利が15%と低めだったので、このカードで海外キャッシングすることを想定してシュミレーションしてみたいと思います。

 

②利用日数について

CITIカードの場合は、利用日数は締め日までの日数+締め日から引き落とし日までの日数で計算されます。

*CITIに確認したところ、カード会社に利用履歴のデータが上がるまでに数日かかることもあるようです。締め日が土日の場合は、その前の金曜までにデータが上がるように調整したほうが良いみたい。

 

ちなみにCITIカードの締め日は17日、引き落とし日は翌月10日です。

※カード会社によって締め日は違うので、各自ご確認を。

 

DropShadow ~ sample

 

ケース1: 締め日前の14日に利用→利用日数は27日(上記の図参照)

ケース2: 締め日を超え18日に利用→利用日数は53日(翌月の締日までの日数30日+翌々月の引き落とし日までの日数23日)

 

ポイント:利用日がカード会社の締め日を超えるかどうかで、利用日数が全然違ってきます。

繰り上げ返済と言って、カード会社に電話をし、カード会社指定の口座に振り込むことで利用日数を短縮できる方法もあるようですが、その場合振込手数料や電話代もかかるので、利用金額が低いとそれほどオトクじゃない場合もあるみたい。

 

 

海外で100ドル・500ドルの現地通貨を引き出す場合について考えてみる

 

注意:利用金額はカード会社の所定の為替レートによって円換算されますが、ここでは切りよく1ドル=110円として計算してみます。

条件:カードの締め日17日、引き落とし日は翌月10日として

ケース1:締め日前の14日に利用(利用日数27日)

  • 100ドルの場合の利息:利用金額(US$100×110円)×15%×27日÷365日=122円
  • 500ドルの場合の利息:利用金額(US$500×110円)×15%×27日÷365日=610円

ケース2:締め日を超え18日に利用(利用日数53日)

  • 100ドルの場合の利息:ケース1の計算式で日数を53日に変更=239円
  • 500ドルの場合の利息:(略)=1,197円

ちなみにVISAデビット(りそな銀行のキャッシュカード)の場合だと・・・

  • 100ドルの場合の手数料:利用金額(US$100×110円)×2.5%(事務手数料)=275円
  • 500ドルの場合の手数料:(略)=1,375円

 

為替レートはカード会社により変わると思いますが、仮に同じと計算しても、クレジットカードのキャッシングが総合的に見てオトクなのがわかると思います。

 

 

まとめ

海外でATMで現地通貨を引き出す時場合は、締め日ちょっと前に利用履歴が反映されるようクレジットカードでキャッシングをするのがオトク。

 

注意点

  • クレジットカードのキャッシングはショッピング利用とは違い、不正利用された場合にはカード会社の補償は適用されないので、カードの盗難にはくれぐれも注意を。キャッシングの限度枠やキャッシング機能をつけるカードは厳選したほうがよさそうですね。
  • クレジットカードの利用限度枠はショッピング枠+キャッシング枠でできているので、カードキャッシングばかりしまくって、通常のショッピングでカードが使えない・・・なんてことにならないように。CITIカードの場合、キャッシングの利用枠がリセットされるタイミングは、引き落とし日から3~5日ぐらいかかるようです。
  • 楽天カードの海外キャッシングはリボ払いが固定になっているようなので、一括払いとして支払いをするために、1回あたりのリボ支払い額を高めに設定しておく必要があるみたいです。

 

 

実際に海外で使ってみないとなんとも言えませんけどねー!

為替レートもその時にどれだけ円安なのかにもよるし、ATM手数料も実際にかかるのかどうかも不明ですし。

 

世界一周中に、同じ日にクレジットカードのキャッシング VS VISAデビットで現金引き出しの実験ができたら、比較してレポートしてみたいと思います!

もし訂正等、何かありましたら、コメントでご指摘ください(`・ω・´;)

 

参考サイト

  

世界一周準備ブログランキングに参加しています。

下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです!

世界一周準備

キーワードで検索する

-世界一周準備

N