世界一周

私が好きな写真家 William Eggleston

更新日:

私が好きな写真家の話をします

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)です。

Blog40

メンフィスというアメリカ南部の街に生まれた写真家です。時代がまだモノクロ写真が主流だった1970年頃に、ニューヨークのMOMA(ニューヨーク近代美術館)で世界初のカラー写真の作品展を行い、カラー写真のムーブメントをいち早く築いた先駆者としても知られています。

Blog39

アメリカ南部の小さな街を車で廻り、変哲もない街角やポートレイトを撮影して作られた写真集が「Los Alamos」(左)です。

Egglestonの憂いを帯びたような夕暮れの光の加減が好きです。Egglestonの影響で、アメリカ南部は私の中でずっと憧れになっています。

IMG 3736

IMG 3737

今アメリカ南部に行っても、この70年代の感じはもう完全に失せているのかな?メンフィスはブルースやエルビスの故郷としても有名らしいので、街の電飾などでガヤガヤしているかもしれません。Egglestonの故郷、行けたら行ってみたいな。

ニューヨークのMetropolitan Museumには、Egglestonの作品が所蔵されているようなので、トランジットでニューヨークで降りて、美術館には寄ってみようかなと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-世界一周

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.