沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ

国内旅行

沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ宿泊レビュー

投稿日:

ゆいレールで牧志駅へ

初日の那覇空港到着時の続きです。空港に隣接したモノレールで国際通りへ向かいます。
空港のゆいレール
ゆいレール
空港から牧志駅までの所要時間は約17分。目指すは「壺屋やちむん通り」です。
国際通りマップ

国際通り

国際通りに到着

 

壺屋やちむん通りでコーヒーカップを購入

牧志駅から徒歩10分で「壺屋やちむん通り」へやってきました。沖縄伝統の「やちむん焼き」の器やカップなどを取り扱うお店やカフェなどが集まるエリアです。
壺屋やちむん通りいい感じのコーヒーカップがあればぜひ買いたいと思いやってきたのですが、開始5分で「UTSUWA チャタロウ」というお店で珊瑚ブルーのコーヒーカップに一目惚れ!
チャタロウ

やちむん焼き

左・中央:民芸与那覇さんのカップ各1,800円、右:チャタロウさんのカップ 2,800円

私が選んでいる間に、両親もちゃっかり隣の「民芸与那覇」さんで渋いコーヒーカップを購入していました。
場所

帰りは国際通りの牧志駅の反対側にある「県庁前駅」へ。「わしたショップ」の前にあるジューススタンドで、奇跡的にマンゴースムージー(600円)を見つけ、すかさず購入しました。マンゴージュース、飲みたかった!!
わしたショップのマンゴージュース
マンゴーは時期ではなかったのですが、濃厚で美味しかったです。(まぁ東南アジアだと半額以下ですけどね)
場所

 

那覇空港から1泊目のホテルへ移動

空港に戻り、東京出発組と合流です。1つのバスに40名超の参加者が乗り、1泊目の恩納村にあるホテルへ向かいます。驚いたことに、バスの座席表もあらかじめ作成されていました。なんだか修学旅行みたいです・・・。

バスの中では、オプションの申込用紙が配られました。1泊目の夕食(バイキング)と美ら海水族館の入場券はツアー料金に含まれますが、それ以外の昼食や観光地の入場券は別途オプションで購入するようになっています。生々しいですね。
ツアーオプション価格表

 

1泊目:沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ

空港から途中高速に乗り、約1時間で夜20時頃にホテルに到着です。
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパホテルマンが簡単に館内説明をし、それぞれのグループにカードキーが手渡されます。
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパのカードキー私たちは3名だったため、4ベットの大きいお部屋でした。四つ星ホテルらしいですが、設備自体は古い印象です。
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ室内パジャマがぺらっぺらだったのが残念です・・・。

ソファ

広いバスルームが部屋に付いていました。所々カビっぽかったですが笑
かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの浴室洗面台は広くて◎です
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパの洗面台1泊目は夕食ディナーバイキングが無料でついていたので早速レストランへ。アルバイトスタッフが多いようで、一気に到着したバスツアー客を明らかにさばけていない感じでした。(がんばれ)

料理のほうは洋食や和食、中華のほか、ゴーヤチャンプルーやラフテーなどの沖縄料理やステーキもあって、想像よりも良かったです。
buffetプールもありましたが、1月だと寒すぎて誰も入ってませんよね。

かりゆしプールサイドオリオンビールで酔いも廻ったのか、この日はいい感じで爆睡できたのでした。

場所

この日歩いた歩数

10,987歩(7.8km)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は68カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーが好きです。

-国内旅行
-

Copyright© photowise , 2019 All Rights Reserved.