photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

キベラを見下ろす

ケニア

東アフリカ最大のスラム・キベラへ

更新日:

2015年12月25日 ケニア・ナイロビ

クリスマスの朝。私たちはナイロビに来た目的のひとつである「スラムツアー」に参加することにした。

ツアーはNew Kenya Lodgeのリセプションで申し込み、ひとり1,600シリング(約1,760円)。ガイドが終始つきっきりでスラム内を案内してくれる。(*2015年12月時点)

 

 

東アフリカ最大のスラムへ

ツアー当日の朝、宿に迎えに来たのは、ラスタマンのような風貌の若者ジョゼフ。「大丈夫かな?」と一瞬不安に思ったが、それはただの杞憂に過ぎなかった。

ヒルトンホテル前からローカルバスに乗り、20分ほどでキベラスラムに到着。

キベラスラムの入口

平屋が並ぶキベラスラムの入口。道端に放置されたゴミから悪臭が漂う。

ここはナイロビの人口の約半分にあたる100万人が住むコミュニティなのだ。旅行者だけで訪れるのは危険かもしれないが、ガイドのジョゼフはこのスラム出身なので、顔見知りも多い。彼と一緒に歩いていればまず問題はなさそうだ。

ゴミの山

ヤギがたかるゴミの山

 

ケニア政府も将来的にはこのスラムをなくしたいという考えがあるようだが、ゴミの撤去ですら追いついていないのが現状だ。

小道に入り、商店や住居が密集するエリアを歩く。ガイドのジョゼフは私たちを先導しながら、質問をすると丁寧に答えてくれる。キベラには多くのムスリムが住んでおり、争い事などは少なく比較的穏やかに暮らしているとのことだった。

キベラスラムを歩く

サッカー観戦の看板

フットボールはやはりアフリカでも人気で、キベラスラムでもサッカーのパブリックビューイングが行われているようだ。

 

道端で調理している家族がいたので、一眼レフを向けたが露骨に嫌がられてしまった。観光客に見世物のように撮影されるのはやはりいい気がしないのだろう。住民とのトラブルも考慮し、ここからはほとんどスマホで撮影することにした。

 

キベラスラムの子どもたち

キベラの少女

最初に撮影した女の子は、恥ずかしがり屋さんだった

 

スラムで出会った子どもたちは素朴で、スマホを向けるとたいていは笑顔で応じてくれた。アフリカでは珍しく「マネー」と言ってくる子どもの少ないことに驚いた。

おしゃれなキベラスラムの少女たち

スラムで暮らす子どもたちは、おしゃれで小綺麗にしていた。親の影響かな。

バーバー

 

ドレスに身を包んだ少女を発見!

クリスマスの少女

ジョゼフに聞くと、この日はクリスマスなので、キベラの子どもたちも顔にペイントをしたりおしゃれな服を着て楽しんでいるらしい。

ドレスに身を包んだ少女

 

子どもたちは、私たちを見つけると「ハワユー!ハワユー!!」(How are you)と大合唱。歌で歓迎されているようで、とても嬉しかった。

キベラの子どもたち

キベラのこどもたち2

 

キベラスラムの水道事情

スラム内では水道が敷かれている場所は限られているため、水はとても貴重らしい。

キベラの水道事情

水道口が併設された商店(携帯電話のリチャージ)

 

キベラの水道

スラム内から水を汲みに来ている少年

 

私たちがスラムを訪問した日は晴れており、洗濯物を干している家を多く見かけた。

キベラの洗濯干し

 

この大量の洗濯物を洗う水はどこから供給しているのだろう?

そう考えながらスラム内を流れる川の近くを通った時、川の濁った水で洗濯している人を目撃してしまった。(全部が全部ではないかもしれないけれど・・・。)

川の周囲にはゴミが堆積している。政府は川の整備をする予定だったが、一向に進んでいないのだという。

キベラに流れる川

 

スラム内は意外と坂道のアップダウンが激しい。ツアー中は結構歩くので、このあたりで私はすでに息切れを感じていた。

 

キベラスラムの生活風景

キベラスラム内には商店が点在しており、必ず鉄格子がついている。
キベラスラムの商店

なんと宿まである。ジョゼフの話では観光客用のものではなく、確か短期滞在用のものだと言っていた。

キベラの宿

針金で遊ぶ少女

針金で遊ぶ少女

 

キベラにある学校。お金がある家庭の子どもだけが通えるという。ジョゼフはそう淋しそうに言った。

学校

 

キベラスラムのストリートチルドレンを支援するKings of Kibera

ツアーの最後に、ガイドのジョゼフは私たちをスラム内の彼のオフィスに案内した。

彼は何人かで、キベラスラムの孤児やお金がなくて学校に通えない子どもたちを支援する団体Kings of Kiberaを運営している。このスラムツアーの参加費用の一部もその活動に充てられるのだという。

King of KiberaのFacebookページ

この時受け入れをしている子どもは10人に満たないぐらいの数で(失念してしまったが)、予算はこんな感じで組まれているのだと教えてくれた。

kings of kibera

学校の様子

オフィスの横の建物がキベラの学校。子どもたちが寝泊まりしているドミトリーも併設されている。

kings of kibera

ジョゼフと

 

ツアー参加者リストに記入を求められたので名簿を見てみると、ツアー参加者は日本人がほとんどで、その他欧米人がちらほらいるぐらいだった。日付もまちまちで、参加希望者がいればツアーが催行されるというシステムらしい。

 

オフィスに寄った後、ジョゼフはさらに実家に案内してくれた。そこは窓がない閉鎖的な空間だったが、ジョゼフの母親がお茶でもてなしてくれた。世界の裏側で、質素に暮らしながら地元の子どもたちのために精力的に活動している若者がいる。なかば観光気分で訪れたスラムツアーだったが、私はジョゼフの情熱と思いやりを存分に感じとっていた。

 

私も何かしてあげたいと思い・・・・

持っていた古いリュックを寄贈することにした。

世界一周出発時から使い続けていたMiletのリュック。チャックが全壊し、数ヶ月前に新しいリュックを新調したのだが、思い入れが強く修理して使い続けていたものだ。

 

「学校に通う子どもに使ってもらえれば。」

 

ジョゼフはすごく喜んでくれた。彼とは今でもFacebookで繋がっている。

東アフリカに来たら、ぜひナイロビに立ち寄ってキベラスラムを見学して欲しい。子どもたちの笑顔、そしてそこで生活する人々。そこにあるのは、現実だけだ。

キベラの子どもたち

素敵な笑顔

キベラのゴミの山

 

帰りがけに、ジョゼフが素敵なものを見せてくれた。なんと日本人がキベラスラムに建てたトイレ&シャワー施設!!

キベラの仮設シャワー&トイレ

日本人が建てたシャワー&トイレ

日本の誇りだね

 

キベラスラム内を通る鉄道

キベラスラム内を通る鉄道。線路はウガンダまで続いてるらしい

 

 

約2時間のツアーが終了。

スラム内には食堂もあって「何か食べていく?」とジョゼフが誘ってきたが、体調がすぐれなかったため断った。実はナイロビに到着した日あたりから体がだるく、この時は立っているのもちょっと辛いぐらいだったのだ。ジョゼフとはキベラのバス停でお礼を言って別れた。

 

次回、まさかのナイロビで病院に行くの巻。

 

 

*以上、2015年12月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ケニアシリング=約1.1円で計算)

 

旅行ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログへ

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-ケニア
-,

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.