photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ナイロビのクリニックへ

ケニア

ナイロビでマラリア疑惑?!

2015年12月26日 ケニア・ナイロビ

スラムツアーから戻り、宿で熱を測ってみると、なんと39.5度。

私は熱が出てもだいたい微熱止まりで、38度になるのが珍しいぐらい。それにしてもこの状態でスラムツアーによく参加してたな、と自分の鈍感さに呆れてしまう(笑)

 

それよりも少し、懸念していることがあった。

「マラリア感染かもしれない」

 

ちょっと前に佐々木舞さんという世界一周旅行者がいて、彼女はアフリカ縦断中にマラリアに感染していた。エチオピアもマラリア感染地域だし、マラリア予防薬を飲んでいたとはいえ、6週間分しか飲んでないしね〜・・・

 

日本から携帯したパブロンを飲み、その日の午後はベットで安静にして過ごした。

夜一度熱を測ると37度ぐらいまでに下がっていて、一安心したものの・・・

 

翌朝熱を測ると、また39度近くになっていた!

一度熱が下がった後、また上がった場合は、マラリア感染の疑いがある

 

旅仲間からそんな話を聞いていた。

maya

 

マラリア感染、世界一周終了のお知らせ。

そんな言葉が頭をよぎる・・・

 

英語が話せるドクターのクリニックへ

一刻も早く病院に行くため、skypeを使って海外旅行保険会社に連絡。保険会社がテキパキと手配してくれたおかげで、電話をしてから2時間後ぐらいにはナイロビ市内の個人クリニックで診てもらえることになった。けんちゃんも付き添ってくれ、タクシーでクリニックへ向かう。

ナイロビのクリニックへ

ダウンタウンから離れた住宅街にあるクリニック

 

約束の時間よりも20分ほど遅れドクターが到着。彼は英語のほか片言の日本語を話すこともでき、理由を聞くと日本のJICA職員もこのクリニックによくお世話になることがあるそうだ。

この日は血液検査のため採血し、結果は翌日まで先送りとなった。

 

検査結果は・・・

血液検査の結果は、陰性だった。

高熱は旅の疲れが原因だったのかもしれない。

ほっとして全身の力が抜けた。良かった・・・マラリアじゃなかった〜!!!

処方してもらった薬

熱を下げる薬やら、咳止めシロップ、それと抗アレルギー薬も処方された。

抗アレルギー薬は背中に聴診器をあてた時に、ダニに噛まれている部分があったらしく、先生がバックパッカーの私を気遣って処方してくれたもの(笑)薬も含め、すべてキャッシュレス診療。

 

2日間ほど安静に過ごしたら、薬のおかげかすっかり体調は回復した。

ケニアでサファリツアーに参加しようか随分悩んだが「この時期だとタンザニアのほうが動物がたくさん居る可能性が高いよ」という誰かの言葉を信じ(?)次なる国タンザニアへ向かうことにした!!(ナイロビで年越しをしたくなかったというのが本音)

 

ナイロビ→モシへの移動情報

New Kenya Lodgeから歩いて3分ほどの場所に、Dar Expressというバス会社のオフィスがある。Dar Expressはあいにく満席だったため、隣のSaibaba Expressでチケットを購入した。

Dar Express

 

ナイロビ 5:30am→モシ(タンザニア)翌日6:00am着 1,800シリング(約2,000円)

saibabaexpress

今気づいたけど、コレほぼ24時間の移動だったんだ・・・。病み上がりだったこともあり、ほとんど記憶がないww

モヤレ→ナイロビ間のような危険なルートでもないため比較的安心して移動できたと記憶している。ナイロビから遠ざかれば遠ざかるほど、安心感が増した(笑)

saibaba expressのバス

 

次回はキリマンジャロの麓にあるモシの町へ♬

山登っちゃうよー サファリ行っちゃうよー

 

旅行ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログへ

 

キーワードで検索する

-ケニア
-, ,

N