photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

イズミルの空港

トルコ イラン

イズミルからテヘランへ【トルコ→イラン移動情報】

更新日:

2015年11月24日 トルコ・イズミル

夕方のフライトでイランに向かう。

カウチサーフィンのホストは朝8時には仕事に出かけたが、「好きな時間に出ていいよ」と言ってくれたので昼過ぎに家を出た。部屋はオートロック式で、鍵がなくても家を離れることができる。ホストは最後の最後まで気遣いができる素晴らしい人だった。

izbanのチケット

イズミル滞在中は、列車やバスに乗る時はチャージ式の交通カードをホストから借りていたが、イズミルを離れると返却ができないため、駅で2回分の回数券を購入した。(5.5リラ=約190円)

 

イズミルは中心部からIZBAN(鉄道)に乗れば、乗り換えなしで空港までアクセスすることができる。

イズミルの空港

イズミルの空港

イズミルの空港の様子

 

ラウンジinイズミル

チェックインカウンターで荷物を預けた後、プライオリティパスで空港のラウンジに入りビールを飲む。訪れた国を去る間際に飲むビールは格別だ。

 

▼無料でプライオリティパスを作るならこちらのカード

 

17:40 イズミル発→18:45 イスタンブール着

オスロからイスタンブールにやってきた時と同じPegasus Airlinesに搭乗した。航空券はイズミル→イスタンブール→テヘランの通しチケットで98USドル。

 

22:25 イスタンブール発→03:05 テヘラン着(エマーム・ホメイニー国際空港)

イスタンブールのSabiha Gökçen国際空港では、ラウンジでブログを書いたりして過ごした。

テヘランへのフライト待ち。 #tehran #sabihagökçen #pegasusairlines

A post shared by photowise (@photowise) on

 

 

テヘランの空港でアライバルビザを取得

飛行機から降りる瞬間、女性たちが今までかぶっていなかったヒジャブ(スカーフ)を一斉に身につけ始めたので驚いた。私も空港内をヒジャブなしで歩いていたら、通りがかりの女性に「ヒジャブつけ忘れてるわよ」と注意を受けた。

そう、ここはガチでイスラムの国。女性は頭をスカーフで覆い、お尻のラインが隠れるぐらいのトップスやカーディガンを着用する義務があるのだ。トルコが、とても自由な国のように思えた。

 

そして、アライバルビザのカウンターへ。

噂には聞いていたものの、空港でのアライバルビザの取得には結構時間がかかった。窓口の対応はひとりのみ。窓口にパスポートを預けた後も、自分より後に預けた人の名前が先に呼ばれたりと、あまり効率的に働いていないように感じた。気づくと窓口の周りには、すでに40人ぐらいの人が待機していた。

 

イランのアライバルビザ 55USドル(30日間有効)*2015年11月時点

 

アライバルビザで取れる滞在期間は以前の2週間から1ヶ月間に変わっていた。ブログで以前イランの空港でアライバルビザを取得した人の記事を読み、イランでの旅行期間を2週間以内と考え、イランの出国チケットをすでに購入してしまっていたのだ。(別記事にも書くが、イランは見所が多くて2週間では足りないぐらい)

 

そしてビザ取得後、向かいのカウンターでイラン独自の保険に強制的に加入させられた。(19USドル)海外旅行保険に加入しているので加入の必要がないと保険証券を見せゴネてみたが、係員がまったく取り合ってくれなかった。

 

 

驚きのイランの通貨事情

預け荷物を受けとった後、空港内の両替所で30USドルだけ両替をした。

後でわかったことなのだが、空港内の両替レートはそこそこ良く、テヘラン市内でも両替レートが良いとされる銀行街の両替屋とほぼ同等だった。1ドル=36,000レアル(*2015年11月時点の情報)

テヘラン空港での両替

イランの通貨は桁数が多く、両替をするとものすごい札束を手にすることになる。30ドルを両替すると1,080,000リアルだ。さらにイランでは「リアル」と「トマン」という2種類の通貨の単位があり、一般的にトマンのほうが広く使われている(1トマン=10リアル)。例えば、マンゴージュースを買うと40,000リアルだが、お店の人は「4,000トマン」といってくるわけだ。最初は戸惑うが、次第に慣れてくる。

 

なお、イランはアメリカの経済制裁により外国人はATMで現地通貨を引き出すことができない。(2015年11月時点)そのためUSドルやユーロ、カナダドル、トルコリラなどの外貨を、旅行中は現金で持ち歩き、必要になればその都度両替をしなければならないのだ・・・。

 

 

イランでもカウチサーフィン

アライバルビザの発給を待っている間に、台湾人のレナと仲良くなった。

私はイランはカウチサーフィンで回る予定で、すでに連絡を取っていたイラン人が、空港までタクシーで迎えに来てくれることになっていた。レナも奇遇なことにカウチサーフィンでテヘラン市内のホストの家に向かうらしい。タクシーをシェアしたいと申し出た彼女を、断る理由はなかった。

空港に迎えにきてくれたイラン人のHakanと無事合流し、早朝4時過ぎにレナと3人でテヘラン市内へ向かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

おすすめ記事一覧

キリマンジャロ頂上 1

2016年新年一発目の挑戦として、4泊5日でキリマンジャロに登ってきました。 キリマンジャロは、アフリカで一番高い山。ル ...

2

2016年8月25日 東京・新宿 人生初の富士山に登ってきました! このページの目次1 7:30am 新宿センタービル南 ...

3

2016年3月26日 ネパール・ポカラ ネパールでやりたかったこと、それはヒマラヤトレッキング。   スポンサ ...

4

このページの目次1 スペイン巡礼中ってどんな感じ?2 巡礼中の1日の動き3 9月のポルトガルの道はぶどうの収穫シーズン! ...

5

2017年1月1日 明けましておめでとうございます。本年度もphotowiseをどうぞよろしくお願いいたします。 201 ...

-トルコ, イラン
-,

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.