ザンビア

カピリ・ムポシからリビングストンへ【移動・宿情報】

更新日:

2016年1月22日

タンザン鉄道の終着駅(ザンビア側)のカピリ・ムポシからミニバスで、首都ルサカへ向かいます。前日の駅泊でほとんど寝ていない私たちは、3人とも車内で爆睡していました。(U10さんは、隣にいるドライバーに寄りかかる寸前でした)

 

3時間ほどでルサカ市内へ

ミニバスのドライバーに「他のお客さんとの行き先と違うから、タクシーでバスターミナルまで行ってくれ」と言われ、3人でタクシーでバスターミナルへ。ドライバーは親切で、わざわざ私たちのためにタクシーを捕まえ料金まで確認してくれました。ザンビア人、親切です。

タクシードライバーには、現地通貨クワチャを下ろすため、途中街中のATMに寄ってもらいました。これでクワチャ貧乏からは脱出です。

参考記事

タンザン鉄道ってどうなの?

※クワチャ貧乏については上記の記事をご覧下さい。

ルサカのバスターミナルはカオスだった

ルサカのバスターミナルで見た光景はなかなか凄かったです。バス会社が無数にあり、なんと入口付近でバス会社がお客さんの奪い合いをしていました(笑)。ひとりでバスに乗ろうとしていたザンビア人女性には、4人の男性が群がっている様子。私たちのタクシードライバーも気を遣ったのか、バス会社のバスを確認し、バス会社の目の前で私たちを下ろしてくれました。

Khondwani社へ(9時発のチケットを購入)
IMG 20160122 102345th

チケットを買った時点で9時は過ぎていましたが、トイレに行きたいから発車を待ってくれと言うと「早く行ってこい!」との返事が!ザンビアは英語が公用語で、現地人とのコミュニケーションが取りやすく助かりました。

 

バスは9時20分頃出発

IMG 20160122 103924th

ルサカの街は都会です。今回は素通り

私たちは朝からまともな食事を取っていませんでしたが、13時頃に10分ほどバスがサービスエリアに止まってくれたため、フィッシュ&チップスならぬ、ソーセージ&チップスをテイクアウトしバスに乗り込みました。

IMG 20160122 134836th

ザンビアのソーセージは食べ応えがあって美味しい。20クワチャ(約210円)

17時頃、ようやくリビングストンのバスターミナルに到着です。宿まで歩けない距離ではありませんでしたが、雨が降っていたのでタクシーで移動することにしました。

 

リビングストンの宿情報 Fawlty Towers Lodge

運良くドミトリーには空きがあり、3人で1部屋を占拠することができました。1泊12ドルです。

IMG 20160122 180654th

この宿はこれまでの世界一周の旅でもトップ5に入るぐらいの快適さで、約1週間、この宿に沈没することになります。詳細はまた別記事で紹介しますね。

場所

 

カプリ・ムポシからリビングストンへの移動情報

  • カピリ・ムポシ→ルサカまでのミニバス (運賃:60クワチャ=約630円)
    朝4時半頃ミニバンに乗車しましたが、ドライバーがお客さんを車内がフルになるまで集めたかったようで、約1時間ほど車で駅の周辺を行ったり来たりして、カピリ・ムポシを出たのは結局5時半頃でした。
  • ルサカの街の入口あたりで下車し、タクシーでバスターミナルへ(1台30クワチャ=約315円)
  • ルサカ→リビングストン行きのバス(Khondwani社利用 運賃:120クワチャ=約1,260円)
  • リビングストンのバスターミナルで下車→宿Fawlty Tower’s Hostelまではタクシー利用(1台20クワチャ=約210円)

*2016年1月時点での為替レート 1クワチャ=10.51円

1年前のブログとクワチャのレートがだいぶ変わっていたので驚きました。ザンビアは意外と物価が安い印象です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ザンビア
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.