photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ザンビア

カピリ・ムポシからリビングストンへ【移動・宿情報】

 

モロッコ以来、途中経過をすっ飛ばしてきたブログもリアルタイムに追いつきそうです。あとひと押し。

 

↓バナーをクリックしてブログランキングの順位を上げてくださいませ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

2016年1月22日

タンザン鉄道の終着駅(ザンビア側)のカピリ・ムポシからミニバスで首都ルサカへ向かう。

前日の駅泊でほとんど寝ていない私たちは、3人とも車内で爆睡。気づくとU10さんが、隣にいるドライバーに寄りかかる寸前まで眠りこんでいた。

 

 

3時間ほどでルサカ市内へ

 

ミニバスのドライバーに「他のお客さんとの行き先と違うから、タクシーでバスターミナルまで行ってくれ」と言われ、3人でタクシーでバスターミナルへ。ドライバーは親切で、わざわざ私たちのためにタクシーを捕まえ料金まで確認してくれた。ザンビア人親切。

タクシードライバーには、現地通貨クワチャを下ろすため、途中街中のATMに寄ってもらった。これでクワチャ貧乏からは晴れて脱出だ。

 

参考記事:タンザン鉄道ってどうなの?(クワチャ貧乏の詳細はこの記事の最後をご覧下さい)

 

 

ルサカのバスターミナルはカオスだった

 

バス会社が無数にあり、入口付近でバス会社の人がお客さんの奪い合いをしている。ひとりでバスに乗ろうとしていたザンビア人女性には、4人の男性が群がっていた。タクシードライバーもそれを見越してか、バス会社を聞いて来てその目の前で私たちを下ろしてくれた。

 

9時発のKhondwani社のバスに乗る

IMG 20160122 102345th

 

チケットを買った時点で9時は過ぎていたが、トイレに行きたいから発車を待ってくれと言うと「早く行ってこい!」との返事が。ザンビアは英語が公用語で、現地人とのコミュニケーションが取りやすくて助かる。

 

 

バスは9時20分頃出発

IMG 20160122 103924th

ルサカの街は都会だったが、今回は素通り

 

朝からまともな食事を取っていない私たち。13時頃、10分ほどバスがサービスエリアに止まってくれたので、フィッシュ&チップスならぬ、ソーセージ&チップスをテイクアウトしてバスに乗り込む。

IMG 20160122 134836th

ザンビアのソーセージは食べ応えがあって美味しい。20クワチャ(約210円)

 

17時頃、ようやくリビングストンのバスターミナルに到着。宿まで歩けない距離ではなかったが、雨が降っていたのでタクシーで移動することにした。3人だとタクシーをシェアできるので便利だ。

 

 

リビングストンの宿にチェックイン

 

お目当てのFawlty Towers Lodgeにはドミトリーに空きがあり、3人で1部屋を占拠できた。1泊12ドル。

IMG 20160122 180654th

 

この日から約1週間、この宿に沈没することになる。

実はこの宿、これまでの世界一周の旅でもトップ5に入るぐらいの快適さだったのだ。

詳細はまた別記事で紹介したいと思う。

 

【移動情報】

  • カピリ・ムポシ→ルサカまでのミニバス (運賃:60クワチャ=約630円)
    朝4時半頃ミニバンに飛び乗ったのに、ドライバーがお客さんを車内がフルになるまで集めたかったようで、約1時間ほど車で駅の周辺を行ったり来たりして、カピリ・ムポシを出たのは結局5時半頃だった。
  • ルサカの街の入口あたりで下車し、タクシーでバスターミナルへ(1台30クワチャ=約315円)
  • ルサカ→リビングストン行きのバス(Khondwani社利用 運賃:120クワチャ=約1,260円)
  • リビングストンのバスターミナルで下車→宿Fawlty Tower’s Hostelまではタクシー利用(1台20クワチャ=約210円)

*2016年1月時点での為替レート 1クワチャ=10.51円

 

1年前のブログとクワチャのレートがだいぶ変わっていたので驚いた。ザンビアは意外と物価が安い。

 

 世界一周ブログランキングに参加しています。 

↓クリックするとランキングに反映される仕組みです。

ポチっとクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

キーワードで検索する

-ザンビア
-,

N