photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ロシア

イルクーツクを日本語で案内してもらう

 

プリヴィェート!

2015年7月6日 カウチサーフィンで連絡を取っていたロシア人に街を案内してもらいました。

  

 

日本語が話せるロシア人にイルクーツクを案内してもらう

 

カウチサーフィンで知り合ったコンスタンティンさんに、130districtという商業エリアに連れてきてもらいました。

 

 

↓イルクーツクのシンボルであるタイガーキャットの像(Babrという想像上の生き物らしいです)

JppttIMG 5351 1

 

バーやカフェで賑わっています

IMG 5354

 

 

旧ソビエト風のレストランRassolnik

 

ソビエト時代をテーマにしたレストランで軽くごはんを食べました。

↓固いパンの器に入ったトマトベースのスープ(このパンの器は今、家庭ではほとんど作られていないのだそう)

JppttIMG 20150706 203422 1

 

ミモザのサラダ(スモークサーモンが入っている)味が繊細で上品です

JppttIMG 20150706 204827

 

ポテトのパンケーキ(サワークリーム添え)

JppttIMG 20150706 212613

 

どの料理もとても美味しくて、驚いてしまいました。

ロシア料理実力ありすぎです。

 

↓日本語が堪能なコンスタンティンさん

JppttIMG 20150706 203524

 

プログラマーとして働きながら、国際交流センターのようなところで日本語を2年間勉強したのだそうです。敬語も丁寧語も使い分けて話しますし、言い回しがわからない時にはちゃんと聞いてくる点に関心してしまいました。ロシア語もちょっと教えてもらいました。

 

↓レトロな内装

JppttIMG 20150706 204231

 

旧ソ連時代のカメラ

JppttIMG 20150706 204222

 

【お店情報】

Rassolnik

イルクーツクでは少々お高めの値段設定らしいのですが、上の3品で800ルーブルほど(約1700円)でした。味がとても上品で洗練されていて、レストラン自体も楽しめます。

 

 

 

その後はイルクーツクの街をぶらぶらと

イルクーツクはほどよいサイズ感の街です。ここでロシア語を学び、モスクワに赴任するなどする日本の商社マンも多いのだとか・・・

JppttIMG 5355

 

↓レーニン像(イルクーツクには銅像がたくさんあります)

JppttIMG 5346 1

 

とある銅像にふたつの頭を持つ鷲のマークがついていたので、何かと尋ねると・・・

ロシア国のシンボルマークだったみたいです

JppttIMG 5365

ちなみにロシア人はふたつパスポートを持っていて、左が国内用・右が国際用なんだそうです

鉄道などのチケットを購入や各種手続き(携帯電話の契約など)に身分証明書として必要になるので、常に携帯しているんだとか

 

 

アンガラ川で釣りをする人 対岸にイルクーツクの鉄道駅が見えます

JppttIMG 5360

 

ここで、アンガラ川の伝説を聞きました。

アンガラ川はバイカル湖から流れ出ている唯一の川で、エニセイ川につながっています。伝説では、昔バイカルお父さんには一人娘のアンガラが居て、ある時アンガラがエニセイという青年と恋に落ちてしまいます。ただ、バイカルお父さんはふたりの恋愛を許さなかった。そこでアンガラが、バイカルから逃げるようにしてエニセイのもとに向かった、という話。

 

なかなかうまくできている話だなあと思いました。

 

 

夜22時頃になるとすっかり暗くなり、宿まで送ってもらってその日は解散。

ロシアに到着早々、いい人に出会えて良かったです 

JppttIMG 5379 1

 

翌日はバイカル湖へ向かいます

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています

下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです

↓1日1クリック有効です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ロシア

N