photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ブラジル

ブラジルでの洗礼

 

2015年1月10日 

アルゼンチンのプエルト・イグアスから長距離バスで、ブラジルのサンパウロへ移動です

Busroute iguazu saopaulo

 

バスチケットは、プエルト・イグアスのバスターミナルで購入(約77USドル)

宿までバンがピックアップしに来てくれました 

JppttIMG 3321

 

ブラジル側のフォズ・ド・イグアスのバスターミナルでバスに乗り換え

JppttIMG 3330 1

 

12時間の長旅です(夜行バスで、翌朝サンパウロ着)

JppttIMG 3331

 

JppttIMG 3336

 

途中何回か休憩スポットに立ち寄ります 昼間からビールなど飲んでみました

JppttIMG 3338

 

休憩スポットで売っていた健康サンダルが欲しくなったのですが、冷静に考えると要らないよなあという結論に至りました 

JppttIMG 3341 1

荷物になるし、ダメ、ゼッタイ。

 

とりわけ語るドラマもなく、無事早朝にサンパウロのバスターミナルに到着です

JppttIMG 3343

 

 

ブラジルの洗礼その①

 

実は、ブラジルには非常にびびっておりました。特にサンパウロは強盗など凶悪犯罪もそれなりに多いと聞いていたので、荷物に気をつけながら一刻も早く宿に辿り着きたいという気持ちでいっぱいです。

 

 

友人と荷物を交代で見張りながら、ひとりづつ駅のトイレに入り洗顔したり軽く身支度を整えていたら・・・

 

トイレに血まみれの女の子が入ってきました

しかも泣きながら・・・・

 

 

こ、これがブラジルなのか。

あまりの衝撃にその場から動けずにいると、あたりに居る人も彼女に異様なまなざしを向けているのに気づき「あぁこれは普通ではなさそうだ」と少しホッとしました

 

 

到着した日は日曜の朝で、駅構内はいかにも夜通し遊んで、今朝帰りという若者で溢れています。朝から混雑している地下鉄へ・・・

 

 

大きな荷物を抱える日本人女性ふたり。

異国でただでさえ目立つアジア人が、ここで注目されないはずがありません。

JppttIMG 3347

 

 

隣に居た陽気な若い男性が、急にポルトガル語で話しかけてきました

私たちもスペイン語でなんとか意思疎通しようと試みます。少なくとも、私たちが旅行に来た日本人だということは理解してもらえたようです。

 

 

と、いきなり彼は

「ボンジーア、ボンジア、ボンジーア!!」と手を叩きながら歌い始めるではありませんか

*これ直訳すると「おはよーう!おはよう!おはよーう!!」って意味です(笑)

 

 

お次はスペイン語バージョン

「ブエノースディアス、ディーアス!」

じ、字余りですけど・・・

 

 

おとなしかった隣に居た彼女も乗り始め、近くに座っていた乗客を巻き込んでの「おはよう」大合唱。

 

 

なんですかこれ(笑)

 

さらには、彼のスイッチが入ったのか、サンバのステップで踊り始めました

「ダンス!ダンス!」と私たちにもステップを強要してきましたが、私はとてもじゃないけど踊れませんでした というか、笑いすぎて、動けなかったのです。

 

セルフィー!セルフィー!!と言い始めたのでお互いのカメラで撮影大会となりました↓

JppttIMG 3349

 

ブラジル人ってめっちゃ明るいな・・・・

怖かったブラジルの印象が、一瞬にしてがらっと一変した出来事でした

 

 

 

ブラジルの洗礼②

 

ブログでそこそこ評判が良さそうだったDom Hostelへ

スマホの地図アプリMap.Meを片手に向かいます

JppttIMG 3350

 

朝6時ぐらいだったでしょうか。

入口で何度かインターフォンを鳴らしますが、一向に宿の人に気づいてもらえません

JppttIMG 3351

 

鉄格子に固いものをぶつけてガンガンと音を鳴らしたりもしてみましたが、それでも何の反応もなし。まじで・・・

 

待つ事30分

 

誰かに頼んで宿に電話をしてもらおうと思いつき、道行くひとたちに声をかけますが誰一人として携帯電話を貸してくれる人はいません(←通話料金高そうですしね)

 

困り果てていた時、隣に住んでいるおばあちゃんが「うちに入りなさい」と声をかけてくれました

 

↓しかも朝食まで用意してくれました 

JppttIMG 3357

 

ブラジル人って優しいなあ・・・

「シャワーを使ってもいいし、仮眠してもいいのよ」と私たちをリビングのソファへと案内してくれました。「パンは足りる?ちょっと買って来るから待ってて」なんて言っておばあちゃんが居なくなってしまったので、友達は密かにテーブルに置き手紙を・・・

 

これ喜ぶよね〜って大絶賛してたら、すぐに見つかってしまいましたが(笑)

JppttIMG 3356

 

その後は1時間もせずに、宿の人も気づいてくれ無事にチェックインすることができたのでした。まぁ、宿に早朝に到着することをあらかじめ伝えておけば、こんなことは起こらなかったかもしれませんね。

 

 

【宿情報】

Dom Hostel 

 

地下鉄Parada Ingresa駅から徒歩5分ほど。スーパーも近くに何軒かあり便利です。長距離バスのチエテ駅からも近いですし、立地は抜群。私たちが行った時にはドミトリーで1泊29レアル(約1140円・朝食付き)でした。

 

ドミトリーも風通しがよく、明るく綺麗な部屋です

JppttIMG 3365

 

この時期ブラジルでは雨が降らない日が続いていたようで、宿で頻繁に断水がありました。シャワー中に断水してしまい、ポリバケツに溜めた水を使用してなんとか凌いだこともありました

JppttIMG 3366

 

次回はサンパウロのみどころを紹介します。お楽しみに

 

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています

下のバナーをクリックして応援してくれると嬉しいです

↓1日1クリック有効です

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

お読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ブラジル

N