fil del sendro

ペルー

Paracas National Reserve(パラカス国立保護区)へ行ってきました

更新日:

2015年3月6日 ペルー・パラカス

パラカスの日帰りツアー情報

パラカス国立保護区へのツアーは、宿泊していたParacas Backpackers Houseにて手配しました。ツアーは2種類あります。

Paracas National Reserve(パラカス国立保護区)
所要時間:4時間

Ballestas Islands(バジェスタス島)
所要時間:2時間(ボートツアー)

料金は各40ソルでした(約1,540円)。1日に両方参加することも可能みたいですが、私たちはそれほど急いでなかったので1日づつ参加しました。

ネコ

宿のツアーデスクにて

Ballestas Islandsへのツアーの記事はこちら↓

Paracas National Reserve(パラカス国立保護区)へ

パラカス国立保護区へは、宿のあるパラカスの中心部からは車で約15分。ミニバスから降り、資料館まで歩いていきます。fin del sendro

Limite Reserva Nacional De Paracas

最初に資料館に到着し、パラカスの歴史や生態系についてのパネルを見学します。

history

パラカス国立保護区ができたのは1975年。この保護地区では、インカ文明よりも古い遺跡を見ることができるそうです。

資料館

ペルーペリカンのパネル

パラカス国立保護区にあるLa Catedralと呼ばれる奇岩は、2007年の地震により形状を少し変えてしまったようです。

la catedralのパネル

資料館の見学は30分程度で終わり、バスでパラカス半島を周遊します。

Mirador Yumaque

資料館のパネルで紹介されていたLa Catedralです。
La cathedral

Playa Roja

パラカス国立保護区

パラカス国立保護区2

口数が少ない彼

ツアーへはクスコで知り合ったイタリア人と参加しました。

 

シーフードでランチタイム

ツアーの最後に訪れたのはLagunillasというエリアです。レストランが2軒あり、ツアーでは約1時間の自由時間がありました。

Lagunillas

ビーチで遊ぶもよし、ランチで豪勢にシーフードを食べるのもよし。

ビーチ

沖の小島にぎっしりとペンギンとペルーペリカンがいてギョッとしました↓

Lagunillas沖

ペンギン&ペリカン

イタリア人がめずらしく「ここでシーフードが食べたい」と言ったので、観光地のレストランでランチをいただきました。

 Restaurant de Mariscos El Che

Restaurant de Mariscos El Che
シーフードパエリア

シーフードパエリア。予想を遥かに超える美味しさでした。シーフードの味が体に染み渡る!!

ほたてのグリル

メインはほたてのグリル。ライムを絞り、焼きたてのほたてにむしゃぶりつきます。うまい!お値段のほうはふたりでシェアし、ひとり37.5ソルでした(約1,500円)。ランチはツアー料金にはもちろん含まれませんが、もしここを訪れる機会があれば是非どうぞ。

ペルーの港

*以上、2015年3月時点での情報をもとに記事を作成しました。(1ソル=約38.5円で計算)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-ペルー

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.