photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

世界一周準備

バンコクで今何が起きているのか【反政府デモについて】

更新日:

おはようございます。

バンコクの反政府デモが、ついに首都閉鎖にまで発展しているようですね。

何故こんな大規模なデモが行われているのか?

タイ政府の現首相はインラック首相(女性)。 インラック首相の兄は、過去に汚職で罪を問われ海外逃亡しているタクシン元首相です。

Takusin

出典:http://news.kyokasho.biz/archives/18847

デモの引き金になったのは、昨年11月に与党が恩赦法案を作ろうとしたことがきっかけのようです。この恩赦法案というのは、裁判で有罪となった人の罪を軽くするもので、これにより海外逃亡しているタクシン元首相を帰国させるつもりではないかと考えられました。

タクシン派というのはタイで長年政権を握っており、反タクシン派(民主党)は90年初頭から一度も選挙で勝ったことがないらしいです。

20130919 00000004 wordleaf 1

出典:http://thepage.jp/detail/20130919-00000004-wordleaf

タクシン元首相は、農村部や貧困層の保護に手厚く税金を使ったため、タクシン派は地方の農民や労働者層に人気があるようです。それに対し反タクシン派はバンコクを中心とした官僚・エリートや中間層に支持されています。

 

インラック首相は来月2月に総選挙をするとしていますが、タクシン派が圧倒的多数の投票数を稼ぐことが予想され、勝ち目がないとして反タクシン派がデモを繰り広げているというわけらしいです。

 

反タクシン派の目的は、インラック首相の即時辞任と政権譲渡。

タクシン派(赤シャツ)VS 反タクシン派(黄シャツ)の攻防はいつまで続くのでしょうか・・・。長期化するかもしれないという話もありますね。今回のタイのデモに参加している人の中には、タクシン派に日給で雇われて農村から出稼ぎで来ているひとも居るとか。何だかいろんな思惑が交差してるのですね。

 

参考記事

 

それにしても、政権交代のために大規模なデモやクーデターをやってしまうタイって、日本とは違いすぎてびっくりします。ともあれ、1日も早く、平和に観光できるバンコクに戻って欲しいものです。

※2014年の情報を元に記事を作成いたしました。

 

旅行ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。2014年10月23日〜2016年4月24日まで世界一周旅行に行っていました。これまで訪れた国は66カ国。趣味は写真、登山、ヨガ、食べ歩きなど。帰国後も仕事で海外出張や、プライベートで海外旅行にも出かけています。目指せ100カ国?!

-世界一周準備

Copyright© photowise , 2017 All Rights Reserved.