photowise

旅が好きな人のための情報系写真ブログ

ナミビア

スワコップムントで初スカイダイビング

2016年2月12日 ナミビア・スワコップムント

 

3日間のナミブ砂漠のツアーからひとり離脱し、スワコップムントに戻って来た。

世界一周でどうしてもやりたかったあることを遂行するため。

 

それはスカイダイビング。

 

バンジージャンプかスカイダイビングをやるのが昔からの夢だった。バンジーはエクアドルのバニョスや、ビクトリアフォールズの国境の橋でもやろうと思えばできたのだが、どうしても実行に移せなかったのだった。

 

スカイダイビングをしようと思った理由としては
  • タンデム(ガイドと一緒に飛ぶ)なので、自分で飛ぶタイミングを決めなくて良い
  • ジェットコースターに乗った時などの「みぞおちのあたりがふわっとする感覚」があまり無いと聞いたため

 

要はデメリットを重点にして考え、消去法で決めたに近い。

*利用した会社や費用などの詳細は記事の最後に記します。

 

 

スカイダイビング当日

10時に宿に迎えのワゴンがやって来た。

自分で申し込んだくせに、緊張と不安で押しつぶされそうだ。

 

 

途中ツアーオフィスに寄り、他の参加者をピックアップ。

私も含めて8人。私以外、全員アフリカを大型トラックで周遊するオーバーランドツアーの参加者だ。驚いたことに、皆スカイダイビング未経験者だと言う。それは心強い!

 

車内で隣に座ったのはオーストラリア人のトニー。

ひとりで参加していた私を気にかけてか、よく話しかけてきてくれた。

IMG 8292th

 

安全事項についての誓約書&申し込み書の記入のためオフィスに寄り、支払いを済ませる。少し悩んだが、写真とビデオのセットで申し込んだ。

IMG 20160212 102416th

 

 

スカイダイビングの一部始終をお見せしよう

スカイダイビングの事務所に着くと、セスナの前でメインインストラクターから乗り方についての簡単なレクチャーを受ける。英語で説明を受けるのだが、緊張していてすんなり頭に入って来ない(笑)

IMG 8264th

 

注意点としては・・・

  • ジャンプする時はサソリのように足を後方に曲げ、両手は胸の前に置いておくこと
  • タンデムするガイドが、空中で肩を叩いたタイミングで両手を広げていい

おおまかに言うとそんなところだ。

 

 

まずは第一陣の2組が出発。

IMG 8270th

 

20分ぐらい後に、余裕の表情で上空から降りて来た。皆度胸あるな〜。

IMG 8301th

 

IMG 8284th

 

そして次に呼ばれたのはなんと私!事務所でスカイダイブ用のスーツに着替える。

IMG 8276th

 

もう一組ぐらい同乗するかと思っていたが、セスナに乗り込んだのはカメラマンとガイドの私だけだった。緊張がMAXに(笑)

 

セスナで上空3,000mまで上る。

G0013197th

 

あたり一面にあるのは、乾いた砂漠と青空だけ。

 

これまで何回飛行機に乗ったことだろう。飛行機で離陸した後に、上空から下界を見下ろすあの感覚。あれと全く同じだった。

 

ただ、ひとつ違うのは自分が今から下に飛び降りるということ。

・・・駄目だ、考えないようにしよう。

 

なんならこんな小型セスナに乗るのも生まれて初めてなのだ。なかなかない機会だから、景色を楽しんでおこうと思う反面、そんな余裕は無いに等しい。

 

セスナは海岸沿いへと向かい、旋回し何もない砂漠地帯へと戻ってきた。

カメラマンが、おもむろに装備を整え始める。

 

え?もうやるの?

 

ガイドがセスナの中で、私を体の前に持っていき、ハーネスを手際よく後ろの自分のハーネスにくくりつけていく。紐が食いこむほどキツめ。

G0013119th

 

上空で、専用の透明なサングラスを渡され、身に付ける。(水滴が発生しないようダイブするギリギリに渡されるのだ。)友達が以前ここでスカイダイビングをした時、途中でサングラスが外れて大変だったらしい。装着した後も、フィットしているか何度も確認した。

 

カメラマンがセスナの乗り口のシャッターをいよいよ開けた。次の瞬間、セスナのボディを伝うように外に出て、私の視界から消えていった。次にガイドが私を抱えたまま、セスナのヘリに体を移す。

G0013140th

 

怖い

そう思う暇すらなかった。

 

ガイドとカメラマンが合図を交わし、次の瞬間、私の体はセスナから投げ出された。

G0013141th

 

ぐるりと体ごと一回転。その瞬間、セスナと青空が目に映った。

G0013143th

 

「あぁ、私これ好きなやつだ 」

一瞬でそう確信した。

 

ジェットコースターで下に一気に下がる時のようなゾクゾク感は1秒ほどしかなく、その後は空中では驚くほど体を水平に保つことができた。あとはもうひたすら快感しかない!!

G0013166th

 

目の前にはgoproを着けたカメラマン。手をヒラヒラさせてとか、いろいろ指示を出してくるが、私は今まで胸の前でクロスしていた手を広げるので精一杯。

G0013158th

 

G0013176th

 

カメラマンが視界から消えると同時に、ガイドのパラシュートが開いた。

G0013194th

 

下に向かう重力から解き放たれ、一気に上空へ体がふわっと舞い上がった。

G0013196th

 

地上を見下ろしながら、フワフワと舞う私たち。

これほどまでに地球に居るのを体感したことはなかったと思う。

 

世界一周に出なければ、スカイダイビングをしようとも思わなかったかもしれない。

旅に出て本当に良かった。

G0023226th

 

そこからはガイドが巧みにパラシュートの方向をコントロールしながら、一気に地上にかけ降りて行った。下では仲間たちが温かい笑顔で迎えてくれ、数分間に及ぶスカイダイビングが無事終わった。

G0023235th

 

G0023251th

 

本当に素晴らしい体験だった。
私の世界一周でやりたい事リストのひとつの夢が、また叶ったのだ。

 

アフリカに入ってからは、治安の不安もあり、なるべく複数で行動するよう心がけてきた。そしておかしな話だが、私はいつしか一人で旅することが怖くなってしまった。

 

一人旅になった瞬間に強盗に襲われるんじゃないか、とかアフリカ縦断中は常に被害妄想にとらわれていた。もともと一人旅で出た世界一周なのに、ひとりで行動することすらできない。ジレンマだった。

 

ウィントフックの宿でも、スカイダイビングに興味がないか旅仲間に声をかけてみたが、誰ひとりとして興味を示す人は居なかった。だから、砂漠ツアーから離脱してスワコップムントに残ったのは、自分でもかなり勇気が要ることだった。

 

スカイダイビングのおかげか、やりたい事は自分の意思でとことんやろうと思えるようになった。自分にまた自信が持てたのかもしれない。アフリカを出たらまた完全に一人旅に戻る。また別の世界と出会いが待っていることだろう。

 

次回は、ウィントフックに戻り、宿で素敵な出会いがあった話。

 

 

【スワコップムントのスカイダイビング情報】

利用した会社:Ground Rush Adventures

タンデムのスカイダイブ 2,200ナミビアドル(約16,000円/1ナミビアドル=約7.3円)

IMG 20160212 102546th

 

スワコップムントで宿泊したSkelton Beach Backpackersの人にお願いし、前日に予約の電話をしてもらった。オプションで静止画&動画を900ナミビアドル(約6,500円)でつけることができるので、私はつけた。これはオフィスで誓約・申し込みを書く時に選ぶことができる。

 

迎えのミニバンは宿に10時頃に到着し、宿に戻って来たのは午後14時頃だった(これは参加人数によって前後すると思う)。撮影後のデータは編集後リストバンド型のUSBに入れて当日の夜までに宿に届けてもらえる。私の時はデータは21時頃に届いた。

 

服装は自由(ジャンプスーツを借りるので)だが、靴のレンタルは無いためサンダルなどを履いていってしまうと裸足でスカイダイブすることになるので注意しよう。(実際同じグループにそういう人が居た。笑)

 

世界一周ブログランキングに参加しています。

↓下のバナーをクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

キーワードで検索する

-ナミビア
-

N