北海道大地震

北海道

北海道大地震の大停電で思ったこと

更新日:

2018年9月6日朝方3時頃、北海道の胆振地方を震源地とする震度7の大地震があり、北海道の火力発電・水力発電所がすべて停止したため、北海道全域で停電となりました。

長いこと北海道に住んでいますが、これほどの大規模の地震と停電ははじめてです。今回の地震により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

新聞夕刊

3:00am 地震直後の様子

物凄い横揺れで目が覚めました。揺れは数分続き、サイドテーブルの上のテレビが落ちそうになっていて焦りました。

私は札幌市内に住んでいるのですが、家の中はほとんど被害がなく、リビングルームにあった植物が棚から落ちたり、食器棚のガラス食器が一部割れた程度でした。札幌市内の一部の地域では地盤が緩いため液状化現象が発生して家が傾き、また震源地のある安平町では土砂災害などが深刻な様子でした。

停電は、地震から2時間ほどで始まったと記憶しています。地震直後は友人とSNSで安否を確認しあったりしていたのですが、wifiが途切れ、昼頃には携帯電話の電波すら繋がらなくなりました。

我が家はマンションですが、水道はポンプ式ではないため水道も使えますし、ガスも使うことができ、普段からストックしている水も食料や乾電池もあったため、停電だけが問題でした。(ただ、札幌市内でも地域によっては断水もあったようです)午前中に会社から連絡がありこの日は出社禁止、自宅待機となりました。

 

12:00 コンビニやドラッグストアの様子

昼頃、近所のローソンに行ってみると、災害用の物資を買い求める人で長い列ができていました。電源復旧に3日かかる、断水が数時間後に起きるかもしれないといった不確かな噂がネットで流れ、余計に人々の不安を煽ったようでした。

ローソンの店舗の中は真っ暗で、この世の終わりのようでした。私服を着た店員が複数名配置され、三組づつしか入店できないよう入口を塞いでいました。入店すると、パンやおにぎり等など調理済の食品、水、また電池の棚は空になっていましたが、それ以外の商品は問題なさそうでした。

ローソンはレジがネットワーク管理になっているようで、すべて手作業で会計を行っていました。店員が商品の価格を棚まで見に行き、レジまで伝えにいくという完全アナログスタイルです。災害時にはこんなに不便なのかと驚きました。

また近くのドラッグストアも停電のなか営業を続けており、入店するのに2時間待ちという状況でした。ドラッグストアでも購入点数はひとり5点までと制限がありましたが、水以外の品切れはなかったようです。こちらはオフラインでも稼働するレジシステムのようで、会計は比較的スムーズでした。

北海道大地震

列に並んでいる最中、周りから聞こえてきたのは「スマホが充電できなくて困る」という声でした。テレビもラジオも電話も使えない場合は、唯一の情報源をスマホに頼らざるを得ません。連絡先電話番号もスマホにしか入っていないという人は、なおさら不安かもしれませんね。

 

車でスマホ充電をしながら電源復旧待ち

我が家は自家用車とUSB充電可能なシガーソケットアダプターがあったため、スマホの充電ができました。車のテレビでニュースを見ながら、待機していました。

車の充電

私の地域では6日の17時半頃に電源が復旧しました。※7日14時の時点では、まだ北海道全域での半数しか電源が復旧していないということです。

今回の地震による停電で、いかに普段電気に頼った生活を送っているかということを痛感しました。

 

地震・災害時に必要なことまとめ

地震・災害時にあったほうがよいもの、とるべき行動についてまとめてみました。

発生時

  • 身の回りの安全確保
  • スマホ等の電子機器の充電の確保(停電が始まる前に可能な限り充電しておく)
  • 水・食料の確保(普段から水や非常食などはストックしておく)
  • 懐中電灯、電池、医薬品等の確保
  • 情報収集(乾電池式のラジオがあると便利)

 

停電時

  • 断水に備え、鍋やお風呂に水を張っておく
  • 通電火災の予防のため、ブレーカーを落としておく
  • 信号が停止するため、車で外出する際には周囲をよく確認しながら運転する

市役所や携帯電話会社でスマホ充電サービスがありました。札幌市内で家の被害がある人は少ないようでしたが、食料や水の不安があり避難所に行く人もいたようです。

 

電気復旧後

  • 余震に備え、引き続き警戒する
  • 可能な限りの節電(すいません、ブログ書いてます)

 

災害時に備えてあると良いもの

N
私はアウトドア用に持っていたヘッドライトがあるだけでも、かなり安心できました。またラジオは必要な情報が早く確実に入るので便利です。

今回の地震の件について、SNS等でメッセージをくださった方、ご心配いただきありがとうございました。引き続き安全と、北海道全域での早い復旧を祈っております。

※2018年9月12日現在
札幌市内のほとんどの地域では普段通りの生活に戻っており、大きな支障はありません。停電により物流の遅れが生じ、スーパーやコンビニ等で商品の供給が追いついていませんが、週明けからは徐々に解消される見込みのようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 現在はゆるくアジア・国内を中心とした旅を楽しんでいます。趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-北海道
-

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.