アクティビティ

はじめてのロープクライミング

更新日:

2017年11月19日 札幌・イーアス東札幌

富士山に一緒に登った友人と一緒に、はじめてのロープクライミングに挑戦してみました。

NAC札幌クライミングジムへ

イーアス東札幌の1Fにあり、高さ10mの壁をロープクライミングをすることができます。インドアのクライミング空間としては、日本最大級らしいです。ropeclibming

初回の60分間講習(ロープクライミング&ボルダリング)+シューズ・チョーク・ハーネスのレンタル料金がセットになった1st time climbingが3,100円(2名以上〜)。ロープやハーネスの使い方、クライミングの方法をレクチャーしてくれ、講習受講後は自由に遊ぶことができます。週末だったため、私たちは事前に予約して行きました。

1dayset

 

いざロープクライミングに挑戦!

男女兼用のロッカー&更衣室で、動きやすい登山用のパンツ&Tシャツに着替え、準備完了。

レンタルシューズは「小さめなものを選ぶといい」と係員に言われ、渡されたものが本当にキツくてびっくり・・・!

(激痛に耐えられず、講習後にひとサイズ上のシューズに変えてもらいました。)

まずは60分間の講習を受けます。ハーネスやカラビナの装着方法、ロープの使い方を2人1組で実践しながら覚えていきます。

そしていよいよ、ロープクライミイング!!

ロープクライミング

緊張のあまりロープを握りしめながら壁を登ろうとしたら、係員の方に「壁の石を使って登ってください」と言われてしまいました。自分のアホさ加減にうんざり^^;

登る

こんな風に、相方が下でロープを手繰り寄せ、登る人をサポートします。同じ色の石を掴みながら登っていき、一番上の石までたどり着いたらGOALです。途中、手がすべらないように腰につけたチョークの粉をつけたりして、休憩を挟みながら登っていきます。(そんな余裕ないんですけどね。)

上まで登りきったら相方に「テンション!」と伝え、ロープをピンと張った状態にしてから、クライマーは壁から手を離し、少しづつロープをゆるめてもらって下降します。

ビレイヤー

クライマーの安全を支えるビレイヤーの役割も重要です。登っている最中は、ビレイヤーはロープをしっかり下向きにして押さえなければなりません。私は講習でやったことをうっかり忘れ、ロープを上向きにして登っている人を眺めていたら、通りすがりの経験者の方に厳しく指導されてしまいました。何事もなくて良かったです^^;

到達の瞬間

初心者向けのコースを選び、この日は4回ぐらい登りました。登るコースによっては、途中足を引っ掛ける場所を見失ったりして、ハラハラドキドキ。そんな時は先に進むか諦めるかの、自分との戦いになります笑 心臓がバクバクして、足と手がちょっと震えたりして、ひさびさにアドレナリンが出た感じでした。

 

ボルダリングもやってみた

ロープクライミングに満足した後は、ハーネスやチョークを返却し、ボルダリングエリアへやってきました。

ボルダリングエリア

こちらはロープをつけずに石についたテープの色を辿ってGOALを目指す、というルールです。ピンクと黄色のテープのコースが初心者用ということで、試してみましたが・・・思った以上に、腕力と瞬発力が必要になります!ボルダリング友人のSさんはバランスよくグイグイ登っていて格好良かったです。私は一度も成功することはありませんでしたが(汗)

たっぷり3時間遊んで、この日は終了!

イーアス東札幌NACNAC札幌クライミングジムにはカフェスペースもあり、クライミングを眺めながら軽食やコーヒーを楽しむことができます。利用者は常連さんっぽい方もいれば、家族連れも多かったですよ。冬の運動不足&ストレス解消に、一度利用してみてはいかがでしょうか?

場所

クライミングジムっておもしろいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
N

N

札幌在住。これまで訪れた国は67カ国。 趣味は登山やヨガなど。コーヒーとビールが好きです。

-アクティビティ

Copyright© photowise , 2018 All Rights Reserved.