旅が好きな人のための情報系写真ブログ

london street

イギリス留学

13年前にイギリス留学していた時の話でも3【引っ越しとテロの話】

2017/08/18

13年前のイギリス留学の記事、第三弾です。これまでの記事はこちらからどうぞ。

13年前にイギリス留学していた時の話でも【きっかけと挫折】

13年前にイギリス留学していた時の話でも2【いきなりの方向転換】


スポンサーリンク

ロンドンで3回も引っ越しをしました

私はロンドン留学中(10ヶ月)に3回引っ越しをしました。ロンドンではフラットシェアが一般的で、ニュースペーパーやGumtreeというインターネット掲示板などで部屋情報が掲載されており、家具付きの部屋も多く、比較的引っ越しが簡単なのです。

 

1軒目 student house(管理人付きのフラット)

通っていた学校に手配してもらった留学生向けのフラットに2週間滞在しました。家賃は週120ポンド(当時のレートが1ポンド=約200円)。短期留学の日本人も多く、渡英してまもない頃は心強かったのですが、何せ家賃が高い。到着した週から部屋探しを始め、すぐに引っ越しを決めました。

管理人のイギリス人のスティーブはめちゃくちゃいい奴だったので、student houseを離れてからも何度か遊びに行きました。

finsbury park

近所の様子(Finsbury Park)

2軒目 移民系の家主と二人暮らし

次に見つけたのは、Kilburn(キルバーン)駅近くの一軒家。ここの家賃は確か週80ポンド。ここではインド系移民のおじさんとふたり暮らしでしたが、彼はかなり変わっていました。恵まれないインドの子どもたちに募金すると言い、10月なのに家の暖房をつけてくれませんでした。イギリスの暖房システムはセントラルヒーティングというもので、ヒーターであたためられたお湯が各部屋を巡回する仕組みになっています。

洗濯機があるのに毎回コインランドリーに行かされたり、冷蔵庫の中が汚かったことなどからも不満がつのり、1ヶ月ほどで退去しました。

 

3軒目 日本人女子と三人暮らし

同じ学校の日本人留学生に声をかけてもらい、Canary Wharf地区にあるフラットに4ヶ月ほど住みました。3人でシェアし、週60ポンド(電気光熱費別)。格安なうえに自由度も高く、一番居心地が良かったです。

フラット

写真の奥にあるマンションの上階に住んでいました

私は帰国までずっとこのフラットに住んでいたかったのですが、大家から「知り合いが住むことになったから、1ヶ月後に出ていって」と退去宣告を受け、引っ越しをしなければなりませんでした。退去時は大家から備え付けの調理器具の状態が悪いため弁償しろ、などと言われモメたりもしましたが、英語がわからないフリをして何とか逃げ切りました^^;

 

4軒目 中国系フラットに住む

帰国までの約2ヶ月の期間住んだのが、whitechapel駅付近のフラット。シェアメイトは中国人学生が数名+ゲイのカップル。私の部屋は3階でしたが、インターネットはLANケーブルを窓伝いに引いて使っていたので、窓を開けた拍子にLANケーブルが下に落ち、何度かシェアメイトに拾ってもらったりしたこともありました。家賃は週80ポンド。

ここはロンドンの「イースト」と呼ばれる地区で、バングラディッシュ・パキスタン・インド系の移民が多かったです。

bricklane

古着屋やアート系ショップ、クラブなどが集まるBrick Laneまでは徒歩圏内で、週末になるとストリートマーケットが開催されるおもしろいエリアでした。

 

2005年7月7日、テロに震撼した日

4軒目のフラットに住んでいた頃。学校のコースも終了し、朝起きて部屋でのんびり過ごしていると、日本から立て続けにメールが届きました。

「無事?」「大丈夫?」

そう、この日はロンドンで同時爆破テロがあったのです。ロンドン中心部で2階建てバス(ダブルデッカー)が爆破され、地下鉄内でも自爆テロが発生。近所の地下鉄駅を見に行ってみると封鎖されており、何も知らない観光客が地下鉄に乗れず困っていました。家に戻りネットでニュースをチェックし、あらためて事の重大さに気づいたのです。

tube

 

もしあの時、学校の授業があったら・・・

誰かと約束していてセントラルに行っていたら・・・

私は爆破テロに巻き込まれていたかもしれません。そう考えるとぞっとします。

london street

幸いなことに私がロンドン留学中に巻き込まれた事件は、バスの中での財布の盗難ぐらいでした。クレジットカードや国際キャッシュカードをすべて失ってしまい、国際送金してもらったりして大変でしたけどね。

<次回に続く>

 

旅行ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ

スポンサーリンク

-イギリス留学
-

N